Top > 【グラブゾンジャック】


【グラブゾンジャック】

Last-modified: 2018-04-09 (月) 07:57:30

概要 Edit

DQMJ以降のモンスターズシリーズに登場するモンスター。
【グラブゾン】の強化版で、ゴリラのような姿の【神獣】
名前の由来はトランプの絵柄のクラブと11を表すJ(ジャック)だろう。
 
彼も文字数制限でデフォルトネームが残念なことになる神獣の例に漏れず
グラブゾンジャッというおじいさんの自己紹介のようなことになってしまう。
ネタにされる事が少ない分、グエーよりはマシだが…。

DQMJ Edit

レベルアップがかなり遅いので、育て上げるには根気も経験値も必要。
キングスペーディオ達ほどではないもののステータスはかなり高い。
耐性は大地系を吸収し、ザキ系を無効化するが、火炎系に弱い。
とはいえ、火炎系を使う敵はいないので、弱点に関してはあまり気にしなくてもいいだろう。
エンディング後、神獣×ランクA以上の物質系で誕生する。
所持スキルは【ジャック】

DQMJ2 Edit

神獣×ランクS以上の物質系で誕生する。
野生で出る【Sキラーマシン】を使うと手っ取り早い。
高い攻撃力と【テンションアップ】【れんぞく】(3回)などの特徴からスカウト向きの神獣へと変貌を遂げている。
各地での神獣との戦闘では2回目に登場。
この時は2回行動で、【イオグランデ】【ばくれん斬り】等イオ属性を持つ技の他、ルカナンで守備力を下げてくる事もある。
さほど強い特技は無いので、前の【ディアノーグエース】を倒せるくらいなら問題無いだろう。
神獣ではJOKERに次ぐ高攻撃力とれんぞく(3回)を生かしてすてゼロパに起用されることが多い。

DQMJ2P Edit

攻撃力、守備力に磨きがかかり、2枠、3枠に強い【ギガキラー】【会心出やすい】が付き、更に強靭に。
ピピッ島攻略以後になった神獣との戦闘ではHPが7500以上に増え、
攻撃力が938、守備力が1002ともの凄くタフになっている。
物理攻撃主体でいく場合、ルカニ系で守備力を下げないとまともにダメージを与えられなくなるので注意。
また、配合は【タイムマスター】を使うといいだろう。

テリワン3D Edit

特性は【スタンダードボディ】【れんぞく】【ひん死で会心】、+25で【ギガキラー】、+50で【会心出やすい】
やはり攻撃力と守備力が高め。究極配合すると共に1000を超える。
見た目に反して素早さも意外と高い。
入手方法は前回と変わらず。【究極配合】でSSにした適当な物質系を使えば簡単に作れる。
【あくまの書】系が一番手っ取り早いだろう。
【勝ち抜きバトル】を100勝以上勝ち進んでいる場合は【魔戦車ダビド】を使うのもいい。

イルルカ Edit

引き続き登場。大きな変更点はなし。
入手には裏シナリオ中に攻略する試練のカギで簡単に手に入る【ダークマター】を使うのが手っ取り早い。
勿論Wi-Fi環境があるなら、自宅Wi-Fiで配信されている魔戦車ダビドのカギの報酬である【魔戦車ダビド】を使うのもいい。
 
【新生配合】【負けずぎらい】【メガボディ】化で【AI1~3回行動】【ギガボディ】化で【受け流し】を習得。

DQMJ3P Edit

他の神獣たちと共に参戦。本作では【ノチョーラ】族のひとり、【ジャック】の正体として登場。
ジャックは少々影が薄かったが、こちらはシナリオ中での台詞が割と多い。
【キングスペーディオ】(=【ノチョリン】)が復活してからはクイン、エースと共に融合して【JOKER】になる。
 
グラブゾン×【魔王ミルドラース】の配合で作れる。
特性は【ノーマルボディ】【ひん死で会心】【ギガキラー】
+25で【れんぞく×3】、+50で【会心出やすい】、+100で【負けずぎらい】
メガボディ化で【AI1~3回行動】、ギガボディ化で【休み攻撃】、超ギガボディ化で【光のはどう】を習得。
合体特性は【超ひかりのはどう】で、合体特技は【神の裁き】
スキルは【グラブゾンジャック(スキル)】