【シャドーの指輪】

Last-modified: 2021-03-16 (火) 02:23:06

概要

【不思議のダンジョン】シリーズに登場する「指輪アイテム」の一種。
装備している間は常時【めぐすり草】を飲んだ時の状態になるという素晴らしい効果を持っている指輪。
 
なおトルネコ2のみ、表記は「シャドウの指輪」になっている。
モンスターの【シャドー】は一貫してシャドーのままなのだが。
 
【風来のシレン】シリーズには「よくみえの腕輪」と「よくみえ状態」という名目で輸出された。
このネーミングは後作となる少年ヤンガスの【よくみえのお守り】に継承されている。

トルネコ1

【もっと不思議のダンジョン】でのみ拾える。
トルネコ1の【目薬草】には残念ながら【ワナ】が見える効果は付与されていない。
つまり、このシャドーの指輪の効果も、シャドーや【レムオルの杖】透明状態となった【見えない敵】【パルプンテの巻物】が目視できる様になるだけ。
シャドーが出ない階層ではあまり実用性は無い。むしろ、今作では指輪の識別を難しくする為に存在している。
 
ただ、シャドーは広い部屋だと見つけるのが面倒なので、アイテム欄に余裕があるなら持っておいてもいい。
28F以降はシャドーが出なくなるが、帰り道ではまた遭遇する事になる。
他にも、階段を降りる前にこの指輪を装備する事で、フロアにパルプンテの巻物が落ちているかどうか確認できる。
パルプンテの巻物で武器【ちからの指輪】を鍛えたい時に持っていると便利なので、1つは持ち帰って【倉庫】に保管しておくと良いかもしれない。

トルネコ2

【不思議のダンジョン】、もっと不思議のダンジョン、【試練の館】で入手できる。
めぐすり草の仕様変更に伴い、シャドウの指輪にもワナが見える効果が追加された。もちろん透明な敵も見える。
あらゆるワナを視認して避けて歩けるようになるため、前作と比べて価値が大きく上がった。
【魔法屋】にて魔法使いに転職したトルネコは、【透視の指輪】をレミーラの呪文か【レミーラの巻物】【スペルブック】で代用できるので、この指輪と【回復の指輪】の2つの指輪を主軸にする機会が多々ある。
 
【わなぬけの指輪】が「ワナにかからないが、ワナが見えない」のに対し、
こちらは「ワナが見えるが、ワナにはかかる」という、似て非なる効果である。
ワナを利用したい場合にワナ抜けの指輪は無力なので、場合によってはシャドウの方が便利。
ワナ抜けの指輪と違って入手確率もそこそこ高いので、お世話になることも多いだろう。
 
もっと不思議のダンジョンから強力なアイテムが軒並み削除されたGBA版でも、床落ちで拾う事ができる。
透視の指輪が拾えなくなった仕様変化もあり、通常拾える指輪では頭一つ抜けた性能を持つ強力なアイテムである。

トルネコ3

前作で便利すぎた反動か、異常なまでにレアアイテム化した。
持ち込みありダンジョンでは【不思議の宝物庫】深層における【発掘】以外では出土しない。
【まぼろしの洞くつ】70階の【宝物部屋】にもある。もし入手できればまぼろしの洞くつの攻略が大幅に楽になるが、まずここに辿り着ける腕っぷしの強いプレイヤーは少ない。
いわゆる『幻レア』と呼ばれる指輪の一つ。それでも、同じく幻レアの【ワナぬけの指輪】【石像よけの指輪】よりは入手しやすいが。
 
同じくワナ対策として用いられるワナ抜けの指輪との優劣は簡単にはつけがたい。
ワナ抜けの指輪は、これ一つだけでほぼ完全に罠を無効化できる点や、宝物部屋に存在するものや【ワナ増殖の石像】および【パペットマン】の影響によって発生した回避不可能なワナにも対応できる点を考慮するとよい。
対してシャドーの指輪は【パルプンテの巻物】の発見に使える点(シャドーの指輪は一作目からパルプンテ発見に使えるが、今作では出現確率が高いポイントがあるので重宝される)や、ワナを活用しやすくなる点、そして、見えているワナは石系統のアイテムで簡単に破壊できる点、ワナチェックである程度は代用できてしまう点などを考慮するとよいだろう。また、ワナが見えるという安心感は他のどの指輪よりも精神的に優しい。
 
ちなみに、【透視の指輪】は「フロアの敵の位置が分かるが、透明状態の敵やワナは見えない」のに対し、こちらは「透明状態の敵とワナが見えるが、フロア全体は視認できない」といった似て非なる効果をもつ。
裏を返せば、これら二つを合成してしまえば敵とワナを全て視認できるという極めて強力な指輪が出来上がる。