【ホワイトパンサー】

Last-modified: 2021-04-13 (火) 00:09:27

概要

美しい白い毛並みの【キラーパンサー】
DQ10で隻眼の個体である【チョメ】がNPC的な登場をした後、星のドラゴンクエストのストーリーボスとして登場。
DQ11ではその子供の【スノーベビー】も登場した。
赤(チョメ、DQH2)、白(星ドラ)、青(DQ11、DQSB、DQR)と、たてがみと尾の色は作品によって異なる。

DQ11

世界に異変が起きた後【シケスビア雪原】に生息し、【痛恨の一撃】【ガードクラッシュ】を使用する。
ドロップアイテムは【ふさふさの毛皮】でレアが【するどい爪】
異変後なので、一緒に登場するスノーベビーは【強モンスター】化している。

強ver

【ネルセンの迷宮】に生息。戦闘では【ツメむそう】と仲間を呼ぶ。

DQH2

「ホワイトパンサー」として登場したのは実はこの作品が初登場。
【伝承の塔】の中層に通常モンスターとして生息している。
下位種が厄介だった分、こちらもかなり厄介なうえにこちらを【凍結】?させてくるのだからたまらない。
ラリホーやセクシービームなども活用して、なるべく動きを止めながら立ち回りたいところ。
落とすアイテムは【ホワイトパール】【ほしふるうでわ】
 
モンスターコインはヘンシンタイプ。
キラーパンサー同様高速で走れるため、道のりの長い伝承の塔で早速役に立ってくれる。
「氷の咆哮」で周囲の敵を一気に凍らせることができるのも便利。

DQSB

【ホワイトパンサーwithスノーベビー】として登場。

DQR

第6弾カードパック「小さな希望のシンフォニー」にて実装。占い師専用のスーパーレア。

4/2/4
絶好調 速攻 このユニットが絶好調状態ならこのターン中ダメージを受けない

無傷のまま敵1体に攻撃できるため、速攻とはいえ盤面の敵ユニットに攻撃してテンポを取るようなカード。
【リゼロッタ&ルコリア】の効果でバフしてから使うと更に使いやすくなるだろう。
 
第8弾カードパック「一攫千金!カジノパラダイス」で実装された【セラフィ】のカードを出すと、チョメのカードも指定の味方マスに出せる。

4/3/3
速攻

星ドラ

前述した通りたてがみの色は白で、目や斑点を除けばほとんど全身真っ白。
メインストーリー第10話のボスとして登場。2体で現れて片方が死ぬともう片方が仲間を呼ぶため単体攻撃ばかりだといつまでたっても戦闘が終わらない