Top > 【マッスルアニマル】


【マッスルアニマル】

Last-modified: 2019-09-29 (日) 16:19:55

概要 Edit

DQ6などに登場する色黒な体色をした獣人のモンスター。
色違いに【かくとうパンサー】【タイガークロー】がいる。

DQ6 Edit

【お楽しみダンジョン】の前半に出現する。
通常攻撃の他に、【ちからため】【まわしげり】【マヒャドぎり】【ムーンサルト】【こおりのやいば】を使用する。
2段階ローテーションで行動し、力を溜め→その他の行動のローテーションで戦う。
鍛えているだけあって攻撃力が特に高く、雑魚の中では【デーモンキング】以上の攻撃力380を誇っている。
また回避率も1/16ともっとも高い設定になっている。
ただし、【判断力】が1以上のモンスターは1度力をためた後は2ターンのあいだ力溜めをキャンセルする仕様があるので、実際に力を溜めるのは3ターンに1度のペースである。
 
行動パターンの仕様上1ターン目に必ず力を溜め、その後も3ターンに一度は力を溜めるので、ここに隙がある。
眠りや1ターン休みは効かないが、混乱は50%の確率で有効なので、混乱させてから素早く倒すのが上策。
回避率が高くギラ、バギ、ヒャド、岩石系にも弱耐性を持っているので、攻めるならそれ以外の方法が良いだろう。
なお、行動パターンのうち氷の刃は唯一力溜めの効果が発揮されず、威力も無耐性でも30~40ダメージと時期にしては弱いのでサービス行動に近い。
 
ドロップアイテムは【まじゅうのキバ】
DS版では敵のちからための強化によって間接的に強化された。また、2ターンに1度のペースでちからためを行うようになってる。
つまり、1ターンおきにアストロンを唱えればこいつは完封できる。

DQ8 Edit

【王家の山】【リブルアーチ】地方南部の森に出現。
どちらも出現率が高めだが、終盤はリブルアーチでの出現率がやや減少する。
 
通常攻撃のほか、テンションを上げたり【しんくうは】やツメを振り回す【強化攻撃】を使って来たりする。
テンションを上げては攻撃、を繰り返すので、向こうがためた次のターンは防御することを心がければ楽。攻撃呪文はバギ系以外なら有効。
見かけによらず素早さは平均的で、攻撃力も高いというほどでもない。
 
落とすアイテムは通常枠が【パワーベルト】(1/64)、レア枠が【アサシンダガー】(1/256)。
かくとうパンサー同様爪の武器の代替がてらにアサシンダガーを持つ点は共通だが、パワーベルトは差し詰めチャンピオンベルトのイメージか。

DQ11(3DS版) Edit

冒険の書の世界の【トロデーン城】に登場。【しんくうは】【ばくれつけん】【タイガークロー】【マッスルダンス】を使う。
ドロップアイテムは【ちからのゆびわ】とレアが【はがねのツメ】

DQMBV Edit

【レジェンドクエストVIII】の第四章で敵チーム専用モンスターとして登場する。
モーションは【かくとうパンサー】の使い回し。
技は痛恨の一撃が出やすい「コークスクリュー」と、風属性の全体攻撃「音速のこぶし」。
 
お供の【アルゴリザード】【アルゴングレート】で足止めを食らってる最中に大ダメージに発展しかねないので注意。