【まじゅうのキバ】

Last-modified: 2020-04-26 (日) 09:28:40

概要

系武器の一種。
時々攻撃した相手を【麻痺】させることがある。
DQでは麻痺=ほぼ即死とも言えるので、なかなか使えるように思える。
特殊な武器系統ゆえに装備可能者は両作とも多くはない。
市販されているのにもかかわらず影が薄いのは致し方の無いところだろう。
 
ただし、一撃ごとに特殊効果が付加される【さみだれけん】【ばくれつけん】との相性は抜群。
麻痺耐性が完全でない雑魚と戦う際に着けて手数で攻めると相手を軒並み足止めできる。

DQ5(スマホ版)

攻撃力+45。【装備グループ】A・B・D・Iのモンスターが装備可能。
ポータルアプリのアイテム交換所にて、アイテムコードの入力で入手。現在は入手不可。
 
青年時代開始直後に入手するため攻撃力は控え目だが、これでも【おどるほうせき】などのグループにとっては待望の新たなる最強武器であり、それまで最強だったはがねのキバと比べて攻撃力10アップとなる。
……そう考えるともうちょっと強くてもいいんじゃなかろうか。

DQ6

攻撃力+73、価格は17,000G。
【欲望の町】で販売。【スケアリードッグ】【マッスルアニマル】のドロップでも入手可。
装備グループA・Bのモンスターのみが装備可能。
欲望の町到着時点でスライム系には【カルベロビュート】【たいようのおうぎ】など攻撃力で勝る武器がある。
【ファーラット】らにとっては命中率を大幅に下げる【まじんのかなづち】を除けば市販最強の武器だが、この時点で攻撃力70台はかなり貧弱。
この装備グループは全体的にちからも高くないため、優先的に武器にお金をかける必要はない。
どうしても打撃火力を求めるなら【キラーピアス】を利用する方がいいだろう。
マヒ目当てでこれを買うのも微妙。マヒが有効な固定敵はザコ同然な上勝つ必要のない【ろうごくへい】だけなのだ。

DQ7

攻撃力+73、価格は17,000G。
【コスタール】【グレイトファーム】で販売。【ゲリュオン】【ケルベロス】のドロップでも入手可。
本作では【ガボ】のみ装備可能。
 
ガボ用の単体武器としては【プロビナ】で登場した【こおりのやいば】から久々の上位武器である。
……が、実質的な火力では追加ダメージの発生する氷の刃の方が上だったりするため、買う価値は微妙。
ついでに言えばコスタール編での最後のボス【猛毒】が効いてしまう上にそれ抜きでも弱いため、わざわざ武器を新調する必要性は薄い。
その前座の【ガマデウス】はヒャド系強耐性だが、この一戦のためだけに買うというのも……。 
むしろこれをスルーして次の【天上の神殿】【ドラゴンクロウ】を買う方がいいだろう。
 
本作から麻痺の効果が永続的ではなくなった事もマイナス。
ただ、ピンポイントな使い方ではあるが、【ダークパレス】に出現する【ギガントドラゴン】は麻痺に弱く、これを装備して【ばくれつけん】を撃つことによる足止めがかなり有効。
 
武器としての性能は微妙だが、リートルードのカッコよさランキングにおいては【毛皮のマント】【毛皮のフード】と共に装備することでコーディネートボーナスが30追加される。
ガボには実用的なコーディネートボーナスが存在する装備がこれしかないのだが、いずれの装備もかっこよさが高くないので、
カッコよさランキングで優勝を狙うなら終盤で手に入るかっこよさの高い装備を装備した方がいい。
 
なお、DQ7では同じ魔獣シリーズの【まじゅうのツメ】と共演を果たしているが、攻撃力はこちらの方が下である。
普通、爪よりも牙(=歯)のほうが硬いというが、残念ながらその硬さは攻撃力には反映されていないようである。
やはり硬いだけじゃダメなのかもしれない。
というか【公式ガイドブック】を見る限り、魔獣の爪の方はどう見ても金属製なので、威力の差はそのせいだろう。

リメイク版

トクベツなモンスターの【スケアリードッグ】【リベリオン】のドロップでも入手できるようになり、かなり早い段階での入手も可能になった。
だが、同じくトクベツなモンスターの【チャンプ】【オリハルコンのキバ】をドロップするので、わざわざ性能の低いこちらを入手しようとするメリットは無い。
シナリオ序盤でカッコよさランキングの優勝を狙うのであれば、コーディネートボーナスがかろうじて使えるかといったところである。