Top > 【マヒャドぎり】


【マヒャドぎり】

Last-modified: 2019-09-16 (月) 21:52:16

概要 Edit

DQ6にて初登場した特技。
刃先から冷気のオーラを発生させて、モンスター1体に斬りかかる。
 
魔法剣系特技の一種であり、他には【かえんぎり】【いなずまぎり】【しんくうぎり】が存在する。
 
明らかに浮いている名前のせいか、長らく【ひょうけつぎり】などの類似の特技に取って代わられていたが、DQMSLでは共演に成功。
 
DQ11ではそっくりな名前の【マヒャドブレード】が登場した。

DQ6 Edit

【魔法戦士】★5、「ブリザーダー」で習得できる特技として登場。
何故かこの魔法剣だけネーミングの傾向が他とは違っている。語呂が良いからだろうか。
ちなみに【マヒャド】その物は【賢者】で覚えるので、下級職のみなら覚えていない。
 
魔法剣系特技は、敵の攻撃呪文耐性によって威力が変化し、
ヒャド属性に耐性を持たないモンスターには、与えるダメージが約1.3倍になる。
弱耐性を持っているモンスターには、与えるダメージが約1.125倍になり、
強耐性を持っているモンスターには、与えるダメージが約0.75倍に下がる。
そして完全耐性を持っているモンスターには、与えるダメージが約0.3倍にまで下がってしまう。
 
武器に備わっている特殊効果も発生し、【ちからため】【バイキルト】などとも併用できるので、
使いこなせれば強いのだが、使いこなすのが難しいため忘れられがちな特技。
むしろ、AIに任せたほうが有効活用してくれる場合も多い。
 
使ってくる敵は【マッスルアニマル】のみと、魔法剣の中では最も使用者が少なくなっている。
 
この様に、「高位呪文の名を冠してる」、「習得レベルが高め」、「使用者が少ない」からして
何となく他の魔法剣よりも高等な剣技であるようなイメージが沸くかもしれないが、
実際の基本性能はほかの魔法剣と変わらない。

DQ7 Edit

基本的な性能はDQ6の時から変わっていないが、表記が「マヒャド斬り」になった。
 
職業によってのみ習得が可能で、【魔法戦士】★5か、【エビルエスターク】★5で習得できる。
DQ6と比べて職業の数が格段に増えたにも関わらず、相変わらず魔法戦士があまり優遇されていないことと、
エビルエスタークには転職するのが大変なことも相まって、ますます使われない特技となってしまった。
 
敵として使ってくるのは、過去のダーマ神殿で闘う【ネリス】のみ。
相変わらず敵側の使用者も少ないが、DQ6に比べるとボス用ということで若干恵まれているか。

3DS版 Edit

【勇者】★2でも習得可能になった。ただし転職システムの仕様変更により、他職にも引き継ぐにはエビルエスタークで習得する必要がある。

DQ8 Edit

【かえんぎり】以外の魔法剣は、これ以降敵専用特技となっている。
【エビルドライブ】【キラーマシン】【ボーンファイター】が使用する。
味方側で使うなら【ロビン】【のっひー】【キラーマ】が使うものに期待するしか無い。
キラーマシンが使用するのは、DQ5で仲間になった【ロビン】【吹雪の剣】を使った際に猛威をふるったことへのオマージュか、単に雪山地方で遭遇することが多いからであろう。

DQ9 Edit

引き続き敵専用特技。
ザコモンスターでは【キラーマシン】【ふゆしょうぐん】が、ボスでは【ギュメイ将軍】が使用する。

DQ10 Edit

相変わらず敵専用特技。
ただし仲間になった【キラーマシン】が、マヒャド斬りの強化版「真マヒャド斬り」を覚える。
剣に氷を宿す→大きく振り回す→斬りつけというやや長いモーションとなっている。剣に氷を宿すモーションはDQMJ3で【メタルハンター】【しびれくらげ】を襲っている際のモーションに流用されている(完全な流用ではなく細部が微妙に変更されている)。

DQ11 Edit

やはり敵専用特技。今作ではダメージ倍率が通常攻撃の1.5倍に強化されている。
【タイプG】などが使ってくる。
PS4版ではDQ10と同じモーションとなっており、演出がやや長い。
一方3DS版では氷を宿しつつ身体を2回転させながら斬りつけるため、演出が短い。

DQM1・DQM2 Edit

本編シリーズと同様に、影響を受ける属性はヒャド系。
打撃系特技で、消費MPは3。
イエティやホークブリザードなどが習得する他、ちからため+ヒャダルコで【思いつく】ことができる。
 
本編では主人公達は次第に使用できなくなっていったが、
その一方でモンスターの特技としての地位は確立できたのか、以降のシリーズでも活躍する。
しかし、ジョーカーシリーズ以降では、マヒャドと付いていると都合が悪いのかこの名前では出ず、
【ひょうけつぎり】【ブリザーラッシュ】と名を変えている。

DQMSL Edit

概要通り【ひょうけつぎり】【ブリザーラッシュ】と共演。
威力はブリザーラッシュに若干劣るものの、【マインド】効果が付与されている。
主な習得者は【キラーマジンガ】【ヴァルハラー】【ギュメイ将軍】等。

少年ヤンガス Edit

【フレイム】【ファイヤーケロッグ】などの炎のモンスターに対して通常の2倍のダメージを与える。
有効な相手以外でも1.2倍ダメージを与えられる。
また、【秘密の通路】を囲っている火柱を消すこともできる。
盾の氷の印・金印で軽減、【こおりむこう】で無効化できる。
 
【トロルボンバー】【オルテカ】が最初から習得している他、【ガニラス】がレベルアップで習得する。

DQH Edit

技名こそ出ないがキラーマシンが使ってくることがある。

スマブラSP Edit

【勇者(スマッシュブラザーズ)】の下必殺で出る技の一つ。
【かえんぎり】とほぼ同じモーションで切りつける。かえんぎりと比べるとリーチと威力は劣るがヒットした相手は氷漬けになり一定時間無防備になる。
動きが止まっている間に【まじんぎり】などを狙いたい。
範囲、発生ともにかえんぎりと同じく優秀なので、乱闘では複数のファイターを纏めて凍らせるといった芸当も可能。