Top > 【超魔爆炎覇】


【超魔爆炎覇】

Last-modified: 2018-05-23 (水) 00:59:49

ダイの大冒険 Edit

【ドラゴンクエスト ダイの大冒険】に登場する【ハドラー】【超魔生物】へと生まれ変わった後に新たに身に付けた必殺技。
炎の暗黒闘気である「魔炎気」を噴出させて右腕に仕込まれた伝説の武器【覇者の剣】へ伝わらせ、その状態で敵へ突進、直撃すれば強大な衝撃と共に凄まじい爆風が巻き起こる……のだが実は作中では完全に決まったことが一度も無いため本来の威力ははっきりしていない。
 
理論的には剣に何らかの攻撃呪文を纏わせて繰り出す【竜の騎士】の「魔法剣」と同じような技であり、原理は火炎大地斬に近しいが威力は段違いで、竜の騎士の秘剣・【ギガブレイク】に匹敵する威力を持つ上、纏わせる魔炎気の総量に応じて威力も飛躍的にアップする。
しかし繰り出すには自らの生命力を限界以上に振り絞って魔炎気を発生させなければならず、この技を繰り出す事は自らの生命力(寿命)を削るに等しい行為なのである。
その旨は【フレイザード】【ミストバーン】にその身を振り絞られて魔炎気と化し、【デッド・アーマー】に乗り移った末に 元の体がボロボロに朽ち果てた様子を見ても分かる。
自らの保身を捨て、打倒アバンの使徒に燃えるハドラーの並々ならぬ覚悟に裏打ちされた、命懸けの秘剣と言えよう…!
 
超魔生物化初めてとなる【ダイ】との初戦時には一発目は【ポップ】の救援によって外してしまうが、直後の二戦目ではダイが咄嗟に放ったギガブレイクと相打ちとなった。
但し、その時放たれたギガブレイクは【ライデイン】で代用した不完全版だったので、実質相打ちとはならず【ダイの剣】にひび割れを入れてみせた。
バーンパレスの門で【バラン】と戦った時や、大魔王バーンに反旗を翻した時にも繰り出そうとしたが、力が及ばなかったり【ザボエラ】の横槍が入ったりしたため不発に終わっている。
 
その後ハドラーが自らの誇りを示すべくアバンの使徒の下へ立ちはだかった時、ダイとの一騎打ちで勝負を決めるために使用。この時ダイも新たな必殺技を身に着けていたのだが、生半可な技ならそのまま返り討ちにしてくれようと意気込み繰り出すも、ダイの新必殺技【アバンストラッシュX】の前に覇者の剣ごと打ち破られる。
 
しかし破られてもなお余力を残したまま敗北するに忍びず、ハドラーは残る全ての生命力をかけて【生命の剣】を展開、同時にこの技を再び発動。
そこに自らの執念と先の戦いで散っていったハドラー親衛騎団達の想いを乗せて、最後の勝負に出た。
かつてない程の凄まじい魔炎気が吹き荒れその様子に観戦する者誰もが圧倒されたが、対するダイの強い想いをかけて放たれた師【アバン】と父バランの技を融合させた最強の必殺技【ギガストラッシュ】を受けて、結局完膚なきまでに打ち破られた。