Top > キャラクター > 【ブラスカ】


キャラクター/【ブラスカ】

Last-modified: 2018-11-01 (木) 00:12:33

FF10 Edit

ユウナの父親。ベベル出身。ユウナが7歳の頃に死亡した。享年37。


ベベルで僧官を務めていた頃は、アルベド族の女性と結婚したため、“落ちこぼれの僧官”と言われた。
シドの妹でもある妻の死がきっかけで召喚士となり、アーロンジェクトとともに旅に出た。
自身とジェクトの犠牲による死の螺旋の終結を夢見て、究極召喚によって『シン』を倒したが、
永遠のナギ節とならなかったばかりか、残された者に過酷な運命を強いる羽目となった。
死後は大召喚士と謳われ、僧官時代とはうって変わって英雄と称えられた。


声の担当は鈴木琢磨


残された者たちは彼と同じ様に過酷な運命を歩むことになったが、
彼が信頼し絆を作ったジェクトが『シン』となったことで後に『シン』を完全に倒す機会に恵まれ、
また、彼の夢をユウナが受け継いだからこそ、
ユウナたちは死の螺旋に従うのではなく永遠のナギ節を作るという希望を得た。
決して無駄死にではなく、彼の力あったからこそのFFXだろう。

  • ぞくッときたョ…

未成年の少女と駆け落ちした意外とやる男。
ちなみにユウナが産まれた時の彼の年齢は28歳。妻とは少なくとも9歳は年が離れていることになる。
何とも微妙な年齢差である。

  • 大人しそうな外見で意外と行動的、という性質は娘にもしっかり受け継がれた。

ブラスカ一行の旅スフィアの没イベントに、「笑いながら敵対する者の腕を捻りあげるブラスカ」のシーンがあったらしい。
あんなに穏やかそうに見えるのに実は怖い人…?

  • 普段は温厚でも怒ると手が付けられないタイプの人だったのだろうか。
    その点は娘に受け継がれていないようで安心?
  • 敵対心を持っているアルベド族と渡り合ったんだから腕っ節もそれなりにないとね。それに、ユウナも誘拐された時に見張りの男をボコボコにしてる。
  • 原案での名前は「バスカ」。決してアナグラムではない。

FFRK Edit

仲間キャラクターの一人としてまさかの参戦。ジョブは「召喚士」。
召喚魔法を使えるだけでなく、黒魔法と白魔法も扱える万能魔法使いタイプ。
穏やかそうな彼が敵対する者を強力な黒魔法や召喚魔法で友人や娘と共に一網打尽にする姿を拝める。


初期必殺技は「雷獣召喚?」。
ブラスカの杖【X】を装備することで超必殺技「W召喚・炎翼?
大召喚士のローブ【X】?を装備することで超必殺技「召喚士の夢?
ベベルの僧杖【X】を装備することで超必殺技「彷徨の炎?
大召喚士の長杖【X】?を装備することでバースト超必殺技「T・召喚 龍炎雷?
賢者の杖【X】を装備することで超絶必殺技「W・大召喚 炎雷?
を使用できる。
また、ブラスカの帽子【X】?にレジェンドマテリア「大召喚士の静かなる怒り」がついている。

PFF Edit

2016/06/17のFF10HDエクサバトリア景品。ランキング600位以内で手に入った。

私は悲しみを消しに行くのだ。

武器は。専用でないが「ブラスカの杖」がある。
白魔法と召喚が得意。

HPと知性が高く、力も魔道士にしては高め。他は低い。
プレミアムスキルで自分のみ召喚魔法チャージ全回復ができるので、召喚と白魔の併用運用ができる。
召喚のみにして撃ちまくるのも楽しいだろう。