ずっといつまでも

Last-modified: 2020-10-27 (火) 17:49:00

「どんなに離れていても、友達は友達だって。」
ずっといつまでも

日本版タイトルずっといつまでも
英米版タイトルForever and Ever
脚本アンドリュー・ブレナー
放送日・2018年9月4日(英国/オーストラリア)
・2018年10月20日(カナダ)
・2018年11月10日(ニュージーランド)
・2018年11月20日(ドイツ)
・2018年12月3日(ロシア)
・2018年12月7日(米国)
・2019年3月31日(日本)
この話の主役ゴードンニア
話数第514話
第2話(シーズン内)
シーズン第22シーズン
登場キャラクターAトーマスエドワードヘンリーゴードンジェームスパーシーエミリーニアパクストンフィリップアニークララベル
登場キャラクターB*1ヒューゴ
登場キャラクターCウィンストンクランキーカーリー
ゴードンの悪夢のみ登場:ロージースティーブンマリオンディーゼルソルティーシドニースキフ
登場キャラクターDレベッカ *2(間接的な言及のみ)クワクコービー*3(間接的な言及のみ)
登場人物Aトップハム・ハット卿駅アナウンス
ゴードンの悪夢のみ登場:スティーブン・ハットブリジット・ハット子供達
登場人物Bティッドマス機関庫の作業員
登場人物Cトーマスの機関士パーシーの機関士シリルティッドマス機関庫の転車台の作業員ナップフォード操車場の作業員ブレンダム港の作業員トップハム・ハット卿のお母さんの友人口笛を提案した男性灰色のベストを着た女性緑色の服の女性
ゴードンの悪夢のみ登場:ソドー島の市長バブルスさんノランビー伯爵スティーブンの機関士スティーブンの機関助手ほっそり牧師ジョー船長
登場人物D無し
登場スポットティッドマス機関庫
ナップフォード駅
ナップフォード操車場
ブレンダム港
ソドー運送会社
悪夢の世界
ウェルズワーズ駅(言及のみ)
ウェルズワーズ機関庫(言及のみ)
トーマスの支線(言及のみ)
ヴィカーズタウン駅(言及と振り返りセグメントのみ)
ヴィカーズタウン機関庫(言及のみ)
ゴードンの丘(導入のみ)
ナップフォード操車場(振り返り映像のみ)
あらすじエドワードウェルズワーズ機関庫移ってから、エドワードが使っていた場所を使っているニアのことも併せて怒っていたゴードンは、その上ヘンリーヴィカーズタウン機関庫に移動することをトップハム・ハット卿が許したと知って更に不機嫌になる。
トップハム・ハット卿が色々な事を変えていると考えたゴードンは、自分も変わろうと急行客車も牽かずに色々なことをして、等々トップハム・ハット卿から説教を受け、臍を曲げてティッドマス機関庫に戻ってしまう。
・そんなゴードンニアは変化は悪い事ではない、遠くにいても友達は友達のままだと教える。
メモ第21シーズンエドワードのやすむばしょ』の続編。
・この話より、ヘンリーヴィカーズタウン機関庫に移行する*4*5
・この事で、あの時トップハム・ハット卿に続いて、エコーを上げるゴードン
ゴードンエドワードに終始優しく接するのは3度目になる。
ゴードン第18シーズンサムソンがおとどけ』以来アニークララベルと繋がる*6
アニー長編第10作以来久々に先頭を走る。
エドワードジェームスヘンリーパーシービルベントーマススペンサートビーモリーウィフスクラフウィンストンスティーブンシドニーポーターグリンフィリップニア罵倒するゴードン
ゴードンパクストン第17シーズンゴードンのこわれたボイラー』以来、久々に会話する。
ゴードンが悪夢を見るのは長編第2作以来*7
ゴードンの悪夢のみ登場のマリオンディーゼルの急行客車を、ソルティーシドニースティーブンの無蓋客車を、それぞれ初めて牽引する*8
ゴードン、騒ぎを起こすのは3回
ゴードンティッドマス機関庫に後ろ向きで入庫するのも3回
あの時トーマスパーシーゴードンに続いて後ろ向きでティッドマス機関庫に入庫するニア*9
・正式初登場前のレベッカは終盤のゴードンニアに間接的に言及されている。
第1シーズンおおきなきかんしゃとてんしゃだい』以来、急行客車の後ろに付くゴードン
あの時ジェームスに続いて、トップハム・ハット卿に反抗的な態度をとるゴードン*10
吉岡さくらさんと根本圭子さんは其々3役ずつ担当している。
・この話でエドワードは、第21シーズンだいかんぱがやってきた』以来、パクストン同シーズントップハム・ハットきょうのおかあさん』以来に続いて終始走っていない。
・この話のアニー第21シーズントーマス、バスになる?』、クララベルは『フィリップは68ばん』、ウィンストン長編第14作に続いて終始笑わなかった*11
・この話は次々回の『おくれてないけどこんらん』に続く。
スキフ第24シーズンThomas and the Inventor's Workshop』まで、スティーブン同シーズンWorld of Tomorrow』まで*12ジョー船長は現時点でこの回以降、出番なし。
台詞トーマスソドー島に、新しい仲間がやって来た。アフリカから来た女の子の機関車、ニアだよ!誰だって生活が変化するのは怖い。でも、新しい事ってワクワクするよね!さあ、大冒険に出発進行!」
ナレーター「『ずっといつまでも』というお話。」
ニア「おっはよう!機関庫の皆!」(短編初台詞)
トーマス「おはよう、ニア!」
パーシー「やあニア!」
ニア「晴れてていいお天気ね。」
ゴードン「俺様は曇りの方が好きだがな。」
ニアゴードンは如何しちゃったの?」
トーマスエドワード機関庫出たのをまだ怒ってるんだ。」*13
ニア「其処を使ってる私の事もね…。」
パーシー「聞いてみたヘンリー?」
フィリップ「ねえ、何て言われた?」
ヘンリー「OKだったよ。『いい考えだ』って言われた。」
ゴードン「御前達ペチャクチャ煩いぞ!こんなとこでサボってないで、さっさと俺様の客車を運んで来い!」
パーシー/フィリップ「イヒヒヒヒ…。」
駅アナウンス「間も無く5番線に…」
ニア「又々おはようゴードン!」
ゴードン「あっ!御前に客車を運べなんて頼んでいないぞ!」
トップハム・ハット卿ゴードン、失礼じゃないか!ニアソドー鉄道にとって大切な存在だ。謝りなさい。今すぐにだ。」
ゴードン「悪かったよニア…。でも如何してエドワード機関庫に戻らないんですか?エドワードは、絶対ティッドマス機関庫で休むべきです。」
トップハム・ハット卿「はあ…やれやれゴードン。一体、何度説明したら解るんだね。ウェルスワースの機関庫の方が都合がいいんだ。エドワードの支線始発駅だからね。」
ヘンリートップハム・ハット卿は、此れからは僕もヴィカーズタウンで休んでもいいって。」
ゴードン「何だって!?*14一体、何時決まったんです!?誰も教えてくれなかった!ヘンリーまで追い出すなんて酷いですよ!だったらいっそ何もかも変えてしまえばいい!全部をね!」
トップハム・ハット卿「おっ…あぁ~!」
ゴードン「俺も此れからは客車を牽くんじゃなくて後ろから押しましょうか!?」
トップハム・ハット卿ゴードン!」
アニークララベル「うわっ!」
ゴードン「行くぞ!アニークララベル!」
トーマスゴードン!」
ゴードン「今日は俺がトーマスの支線を一緒に走ってやろう!トップハム・ハット卿は何もかも変えようとしてるからな!」
クララベル「やめてよゴードン!」
アニー「如何言うつもりなの!?」
ゴードン「御前が急行列車を牽けばいいさ。俺様は操車場貨車を入れ替える。トップハム・ハット卿は何もかも変えようとしているんだからな。」
トップハム・ハット卿ゴードン!落ち着きなさい。いい加減にしないか!」
ゴードン「急げパクストン!今日は俺もディーゼル燃料を補給するんだからな。」
パクストン「本当に?蒸気機関車は水蒸気で走るんでしょ?」
ゴードンエドワードティッドマス機関庫出て今度はヘンリーまで居なくなっちまう。そうだ!今ならエドワードが戻って来られるかも!」
パクストン「あっ!ゴードンさん!ディーゼル燃料はいいんですか?」
ゴードン「其れでエドワード、御前はどう思う?」
エドワード「親切に有り難うゴードン。何度も…でも、僕はウェルスワースが気に入ってるんだ。」
フィリップ「ハァ…あっいた!ナップフォードで早く客車を受け取った方がいいよゴードン!トップハム・ハット卿が言ってたんだ。」
フィリップ/トップハム・ハット卿「混乱と遅れが生じている。」
パーシー「わぁ~フィリップ!どうやったらそんな声が出せるの?」
トップハム・ハット卿「君は何時も確りした立派な機関車だゴードン。だが、今日の行動を放って置く訳には行かない。急行列車を牽く気が無いなら機関庫へ戻って居なさい!」
ゴードン「分かりました。直ぐそうしますよ。なんなら此れから何時までもずっとティッドマス機関庫に居てやる。トップハム・ハット卿の好きなように何もかも変えればいいんだ。そのせいでソドー鉄道が目茶苦茶になったって俺様の知った事か。ふん!」
(悪夢)
ゴードン「はあ?わわっそんな!」
子供達「やあゴードン!」
ゴードン「何だ!?あああっ!あっ!うわっ!」
トップハム・ハット卿「やあゴードン。新しいソドー鉄道は気に入って貰えたかね?ハハハハハハ…!!」
ゴードン「あっ!どうしてこんな所に風車が!?ああぁぁぁっアッああっ…!!!!違う違う間違ってる!だぁ~!!ア~ア~ア~…!!うっわあ~!!」
ニアゴードンゴードン!貴方って何時も後ろ向きで寝てるの?」
ゴードン「あっ!ニア?」
ニア「後ろ向きで寝るのはあんまり良くないと思うわ。機関庫から出る時に周りが見えないでしょ?」
ゴードン「俺様は何処にもいかないぞ。此処に何時までもずっと居る気なんだよ。」
ニア「はあ…、何かが変わるのって辛いわよね。私も沢山の変化を経験してきたわ。新しい国に来て新しい鉄道で新しい友達を作ろうとしてる。昔からのは皆ヘンリーエドワードよりずっと遠く居るのよ。だけど覚えておいて。」
ゴードン「何だ?」
ニア「どんなに離れても、友達は友達だって。」
ニア「おっはよう!機関庫の皆!」
エミリー「おはようニア!」
トーマス「おはよう!」
パーシー「朝だおはよう!」
ジェームス「おはよう皆!」
ニア「今日は誰が急行列車を牽くの?またヘンリー?それとも他の誰かが牽くのかしら?」
ゴードン「俺が急行列車を牽く!其れが俺様の仕事だからな!」
ニア「待ってゴードン!停まって~!」
ゴードン「何だ?わわわわっ…ワッうわぁ!」
ニア転車台が正しい位置になる迄待たないと、線路から落ちてしまうわ。いいわよ。ゆっくり進んで。」
ゴードン「ありがとうニア。昨日は意地悪な態度をとって済まなかった。御前も昔からのに会えなくて寂しいんだよな。」
ニア「有り難うゴードン。貴方と友達になれたら嬉しいわ。」
ゴードン「あぁ、俺もだよ。」
ニア「其れにお互い別の新しい機関車とも仲良く慣れるといいわね。」
ゴードン「ハッ!別の新しい機関車!?別の新しい機関車って誰だ!?」
ニア「まだ分からないわ。でも、ティッドマス機関庫ヘンリーの居た場所が開いてる。だからきっと新しい仲間が来るはずでしょ?」
ゴードン「ん~そんなぁ~~!!」
トーマス「フフフフフ…!あれあれ~こうじゃないんだね。『急行列車のお通りだ~!』フフフフ~…!!」

振り返りセグメント
トーマス「皆は、色々変化するのが苦手だったり、新しい事に慣れるのが難しかったりする?僕は時々そうなるよ。ヒューゴが初めてソドー島来た時、僕達の応対は冷たかった。見た事のない機関車だったから。でも、ヒューゴと仲良くなっていくと、とても優しい機関車だって気づいたんだ。ゴードンは、エドワードヘンリーティッドマス機関庫離れてしまって、代わりにニアが来たのを受け入れられなかった。でも最後には、『今までと違う場所に居ても、友情は変わらない』って気づいた。それに、ニアとお友達になる事が出来たんだ。つまり、少し時間を掛ければ、変化にも慣れる事が出来る。そしていつの間にか、前からずっとそうだったようになっている物さ!」
クララベル「行きましょうトーマス!!」
アニー「出発の時間よ!」
トーマス「それじゃあまたね!!」
英国版CVトーマス/ナレータージョン・ハスラー
エドワード/ヘンリー/ゴードン/トップハム・ハット卿キース・ウィッカム
ジェームスロブ・ラックストロー
パーシーナイジェル・ピルキントン
エミリー/アニークララベル/スティーブン・ハット/ブリジット・ハット/子供達/駅アナウンステレサ・ギャラガー
ニア/子供達イヴォンヌ・グランディ
パクストンスティーブ・キンマン
フィリップラスムス・ハーディカー
米国版CVトーマス/ナレータージョセフ・メイ
エドワードウィリアム・ホープ
ヘンリー/ゴードンケリー・シェイル
ジェームスロブ・ラックストロー
パーシークリストファー・ラグランド
エミリー/子供達ジュール・デ・ヨング
ニア/子供達イヴォンヌ・グランディ
パクストンスティーブ・キンマン
フィリップラスムス・ハーディカー
アニークララベル/スティーブン・ハット/ブリジット・ハット/駅アナウンステレサ・ギャラガー
トップハム・ハット卿キース・ウィッカム
日本版CVトーマス/ナレーター比嘉久美子
エドワード佐々木望
ヘンリー金丸淳一
ゴードン三宅健太
ジェームス江原正士
パーシー神代知衣
エミリー/駅アナウンス*15山崎依里奈
ニア青山吉能
パクストン河本邦弘
フィリップ小林大紀
アニークララベル/ブリジット・ハット*16吉岡さくら
トップハム・ハット卿田中完
スティーブン・ハット/子供達中井美琴
シリーズ前回いちばんのきかんしゃ
シリーズ次回
(英国)
おくれてないけどこんらんシリーズ次回
(日本)
トラスティー・トランキー
振り返ったエピソード第20シーズンみらいのきかんしゃ

*1 振り返り映像のみ
*2 作中では「別の新しい機関車」
*3 作中では「ニアの昔の友達」
*4 それと同時にヘンリーティッドマス機関庫に在籍する最後のエピソードとなる。
*5 一応は各シーズンに登場しているレギュラー機関車なので今後も欠かさず登場する模様。
*6 あの時とは逆に、ゴードンが後ろから押している。
*7 前回は滑り台に改造、今回は鉄道が変わってしまった事による絶叫。
*8 マリオンの後ろには石炭入れがあるのにも関わらずの急行客車を牽いていた。
*9 後に前向きに戻った。
*10 また、ゴードンが暴れたり、トップハム・ハット卿に怒りを露わにするのは、第1シーズンきかんこのもめごと』以来である。
*11 アニークララベルは、振り返りセグメントは笑っている。
*12 次シーズンでは言及のみ登場。
*13 但し、ゴードンあの時は怒っている仕草を見せていなかった。
*14 こだま。
*15 ノンクレジット。
*16 ノンクレジット。