Gordon Takes a Shortcut

Last-modified: 2021-11-23 (火) 23:34:37

英語版タイトルGordon Takes a Shortcut
脚本ウェイン・ジャックマン
放送日2008年9月19日(英国)
2008年11月22日(米国)
2008年11月18日(オーストラリア)
話数305
この話の主役ゴードン
シーズン第12シーズン
登場キャラクターAゴードンダックオリバーベンスタンリートード
登場キャラクターBロッキー
登場キャラクターCハリーバート
登場人物Aトップハム・ハット卿
登場人物B鉄道局の役人達ダックの整備員作業員
登場人物C清掃員/洗車場の作業員トップハム・ハット卿の付き人
登場スポットグレート・ウォータートン
グレート・ウォータートン駅
ナップフォード駅
ブレンダム港
修理操車場
製材所
キャバルヌー駅
あらすじトップハム・ハット卿は、ゴードンスタンリーに、グレート・ウォータートンに行くよう言った。先に着いた方が特別な乗客を、後についた方が作業員を乗せるのだ。
特別な乗客を乗せたいゴードンは、近道を探すが、誰の助けも借りなかった為、全くグレート・ウォータートンに辿り着けない。
メモゴードンダックとは第3シーズンたんすいしゃがほしい』、オリバーとは『ちょっとちがうよオリバー』、ベンとは『やったねビルとベントードとは第5シーズンうしろむきのトード』以来久々に、スタンリーとは初めて会話する*1*2
ベン第9シーズンゆうかんなトーマス』以来の単独出演。
ダック第17シーズンヘンリーとヒロ』まで、ハリーバート第14シーズンビクターはおおいそがし』まで出番なし。
オリバートードは、第7シーズンの『オリバーとゆきだるま』以来、久しぶりに登場するが、オリバーは、長編第9作トード第18シーズンの『トビーとしんごう』まで、出番が無い。尚、2は『トードのぼうけん』まで、喋らない。
ベンは日本版では第17シーズンソルティーはうみがすき』まで、英国版では『パーシーのおまもり』まで出番が無く、日本版では『クレーンきかんしゃハーヴィー』まで喋らない。
・この話のゴードンの機関室をよく見ると機関士機関助手が乗っていない*3
トードの顔が大きくなってるシーンがある。
あの時ゴードンから冷たい言葉を浴びせられたにも関わらず、ゴードンを助けようとするトード*4
ピアース・ブロスナンさんがこの話のナレーションをしている映像素材が確認されている。
英国版CVナレーター/他:マイケル・アンジェリス
米国版CVナレーター/他:マイケル・ブランドン
シリーズ前回(英語)Don't Go Back
シリーズ次回(英語)The Man in the Hills

*1 ダックとは第22シーズンダックのがっこう』まで オリバーベンスタンリートードとは暫くの間 会話はお預けとなる
*2 あのとは正反対にベンゴードンに優しく接していた
*3 第9シーズンから第12シーズン迄は模型の都合上 トーマス達の機関室に誰も乗っていない事が多くなる
*4 しかし 手伝いは要らないと断られる