武器/ビッグスラッガー

Last-modified: 2019-11-21 (木) 22:20:40

MH2から登場のゲリョス素材から作られるガンランス。…ガンランス?

概要 Edit

  • 上質なゲリョスの素材とレアメタルを組み合わせて作られたガンランス、ハードヒッターの強化形。
  • まるでロケットエンジンの噴射口のような独特な形状が目を引く。
    外見上は棍棒といった感があり刃らしきものが全く見えないが、
    他のガンランス同様、砲身を囲む鋭利に加工された先端を相手に突き刺して攻撃する。
    「突き貫く」というより「削る」感覚に近く、直接的な殺傷力はやや低い。
    しかし攻撃の際、ゲリョスの皮膚に浸透している強力な毒液が染み出し、
    それが獲物の傷口から侵入して毒を与える構造となっている。
    また、爆炎袋を素材として投入することにより、砲撃機構の強化にも成功している。
    素材の耐火性の低さは技術で補ったようだ。
  • 一度はこの形態で完成を見たものの、その後に発見されたより上質な素材と新技術により、
    更なる強化が可能となった。
  • 他のガンランスと比べてもあからさまに砲身が大きく、先端には刃と思しきものも見られない。
    そのせいでどう見ても黒いチクワにしか見えないガンランスには見えない。
    むしろ新カテゴリーの武器と言われた方が違和感が無いかもしれない。
    異彩を放つ外見の武器が多いゲリョス武器の中でも一際変わった外見の武器である。
    • ある意味、確かにその見た目は銘の通り、ビッグスラッガー(主砲)と言えるかもしれない。

性能 Edit

MH2~MHP2G、MHF Edit

  • MH2では唯一の毒属性ガンランスの最終形。
    その後のシリーズでも攻撃力は低いが属性値は高いという特性を持つ。
    MHP2からは前身であるハードヒッターよりさらに前の形態としてアベレージヒッターとグランドスラム、
    MHP2GではG級素材の導入により更なる強化形態、トリプルクラウンが登場。
    MHFではトリプルクラウンではなく、グレートスラッガー、キングスラッガー、
    そしてさらにグランドクライシスへと強化することができる。
    なお、MHP2Gではこのビッグスラッガーにオオナズチの素材を投入することで
    ベナムデコロン系統へと派生強化することができる。
  • 砲撃機構はMH2とMHFでは拡散型、MHP2やMHP2Gでは通常型になっている。
    グランドクライシスに至ってはLv5の領域に到達している。
    現在のMHFではLv5の砲撃機構を持つガンランスはかなりの数が存在しているが、
    SP武器や剛種武器のような特殊な武器や課金武器などを除いた一般的な武器だけを見ると、
    Lv5拡散型のガンランスはこれしかない。
  • 毒属性武器として見るとその高い属性値は魅力だが、基本攻撃力は低く、斬れ味もあまり良くない。
    突きよりも、毒、砲撃、そして竜撃砲をメインとした立ち回りで戦うのが得意。
    熱に弱い上に武器へ大きな負担を強いることが多いゲリョス素材の武器だが、
    そこは少し頑張っていただこう。
    せめてこまめなメンテナンスは忘れないように。
  • アベレージヒッターやグランドスラムは亜種の素材から作られる武器であり、
    カラーリングも亜種のものである。
    一方、ハードヒッター以降のこの武器は原種の素材をベースとしており、カラーリングもそれに準ずる。
    結果、強化によって亜種武器から原種武器へと変貌するという稀有な特徴を持っている。
  • MHFではこの武器のバリエーションとして、SP武器のメテオスラッガーSP、
    特異個体ベースのHC武器リトストライカー、
    G級武器として原種にアーテムウェーネ、亜種にガンピアモルターレが存在する。
    アーテムウェーネ以外は元武器とカラーリングが異なっているが、
    いずれも毒属性を有するという点は共通している。

MH4 Edit

  • 久しぶりにナンバリングタイトルへ姿を見せた。
    本作ではカラーリングが逆転し、アベレージヒッターとグランドスラムが原種武器、
    ハードヒッターとビッグスラッガーが亜種武器となっている。
    MH4では亜種が上位クエスト以降にしか登場しないために変更されたものと思われる。
  • 最終強化のビッグスラッガーの性能はというと…
    • 控えめな攻撃力368
    • 驚異の毒属性値550
    • 放射型レベル3
    • 斬れ味は素の状態でそこそこの、匠で緑延長+若干の
    • スロット2
    となっている。
    べらぼうに高い毒属性値が売りで、特にクシャルダオラの龍風圧対策として
    担がれることが多い。また、毒のダメージが大きいグラビモスに対しても有効。
  • 難点はやはり斬れ味の悪さ。
    匠でも最大で青までしか出ないため、上記のモンスターと相対する際は特に攻撃箇所に気を付ける必要がある。
    また、MH4ではどういうわけか放射型の砲撃の範囲が通常型と同程度に狭くなっているため、
    砲撃を主体とした戦い方が苦手な点にも注意したいところ。
  • 本作には毒属性ガンスとして、クイーンバーストが続投している。
    こちらは毒属性値とスロットこそ負けているものの、それ以外の性能ではビッグスラッガーを上回っている。
    特に、素でも青、匠で白の出る斬れ味の差は大きく、安定感で言えばやはりクイーンバーストが勝る。
    ただ、クシャルダオラ相手に関しては毒状態を長く維持する事が重要なので
    一概に優劣をつける事はできない。

MH4G Edit

  • G級実装に伴い、最終強化のトリプルクラウンが復活している。
    その性能は、ストレートにビッグスラッガーを強化した風であり
    特に毒属性値に関しては660にまで上昇している。
    また、スロットも追加され3スロットになり、スキルを組みやすくなった。
  • 悩みどころの斬れ味に関しては、素で長い青、匠で長い白の追加という形になり、紫の獲得はならなかった。
    とはいえ、白まで斬れ味があればそれなりに戦うことはできるので、前作よりは幾分改善されている。
    残念ながら砲撃はレベル4で打ち止めとなっているが、放射型の砲撃の範囲が見直された事も地味にうれしい。
  • クイーンバーストの最終強化がクエストの問題により現状では不可能なため
    毒ガンスは独壇場…とはいかなかった。ベナムデパルファンの復活である。
    属性値、スロット数以外ではベナムデパルファンが勝っているのだ。
    ここは「長く毒状態を維持できる」という個性を生かし、使い分けたい。
  • そしてとうとうクイーンバーストの最終強化系、「煌竜銃槍ティアマト」が作成可能に。
    このガンランスはさらに肩身が狭くなってしまった。

MHX・MHXX Edit

  • 上位での最終強化はビッグスラッガー。
    亜種が登場しないため原種素材に戻されている。
    その性能は、
    • 最終強化毒銃槍で最低の攻撃力180
    • こちらは最高の数値を誇る毒属性50
    • 通常3
    • 素で長い緑ゲージ、匠での追加分は全て青ゲージ
    • スロット2つ
    …とまあ概ねいつも通り属性値・スロット重視の性能。
    いくら属性値が高いとはいえこの物理性能では厳しいものがあるか。
  • 続くMHXXではG級強化が可能。
    究極強化でトリプルクラウンとなる。
    性能を見ると、
    • やはり低い攻撃力280
    • 4Gと同等の毒属性66
    • 通常4
    • 素で極長の緑ゲージ、匠+2で青30・白20
    • スロット3
    と、順当に強化されているが、攻撃力と斬れ味の悪さは相変わらず。
    スキルを加味しない場合、全究極強化ガンランスで最も物理期待値が低くなる。
  • 4Gと比べると砲撃タイプが変化し、斬れ味が悪化した。ただし武器倍率は30も上昇している。
    極長緑ゲージと相性の良いスキル「鈍器」と合わせて最低限の殴り性能は確保された…か?
    もちろん匠で出る白ゲージを活かしてもよいだろう。

余談 Edit

  • ハンター大全Gの武器紹介によると、
    アベレージヒッターなどは砲口部分に無数の小さな棘が付けられており、
    これを相手に押し付けるように突き刺してダメージを与えるらしい。
    しかし、構えたこの武器を双眼鏡などで拡大して見ても、そんな棘のようなものは見受けられない。
    砲口縁の色が異なっている部分は軟質素材でその中に棘が埋まっており、これを獲物に圧しつける事で埋没していた棘が突出、引き抜かれると棘は再び埋もれるとともに軟質素材に染み込んだ毒が塗布される……といった構造なのかもしれない。
  • MHP2Gに登場するこの武器系列の名は野球用語からとられているものが多い。
    • アベレージヒッター:安打製造機
    • グランドスラム:満塁ホームラン
    • トリプルクラウン:三冠王
      • ハードヒッターとビッグスラッガーに関しては、前者は主にテニスやゴルフで使われ、
        野球ではパワーヒッター(長距離砲)と言う事が多い。
        後者は単にスラッガー(強打者)と言われる事が多く、ビッグを付けて使われる事は殆どない。

関連項目 Edit

モンスター/ゲリョス
モンスター/ゲリョス亜種
武器/ゲリョス武器