Top > 武器 > ブレイクランアウト


武器/ブレイクランアウト

Last-modified: 2019-06-20 (木) 02:35:37

MHP3で登場した、赤甲獣ラングロトラの素材から誕生するガンランス。
赤甲獣の前脚を再現したかの様な大振りの銃槍であり、
刺す事よりも殴る事に向いた作りだという。





概要 Edit

  • 解説文の通り、切断および刺突という役割を度外視したかのようなデザインが特徴。
    公式イラストだとダイオウイカに見えなくもないといえばその異様さが分かろうか。
  • 強化ツリーはブレイクショットブレイクエースブレイクランアウト
    特徴的な銘だが、これらは全てビリヤード用語から取られている。
    • ブレイクショットとは、ビリヤードにおいて、
      球が組まれた状態から撃つ初撃のショットのこと。
    • ブレイクエースとは、ある球を落とせば勝ち(9ボールなど)というルールにおいて
      ブレイクショットの1撃でボールを落として勝負を決めること。
    • ブレイク(アンド)ランアウトとは、ブレイクショットからミスをせず、
      目的の球を落とすまですべて自分のターンをキープすること。
      これが出来たら、あなたは完全なプロである。
  • なお、ラングロトラのローリングアタックにはカウンター判定が存在し、
    転がってくるラングロトラにカウンターを決めることで、逆方向に吹き飛ばすことができる。
    球(ラングロトラ)を棒(ランス)で突いて転がす様は、正しくリアルビリヤードである。
    ビリヤード関係の銘はここからきているのだろう。

性能 Edit

MHP3 Edit

  • カッコいい銘に反して攻撃力160、そして会心率-10%と大人しめの攻撃性能。
    一方、麻痺属性22、砲撃も放射型LV3、斬れ味レベル+1で斬れ味と、
    単純な攻撃面に目をつぶれば悪くない性能であり、麻痺武器の貧弱な攻撃力を砲撃でカバーできる。
    麻痺中に竜撃砲をぶっ放せば爽快である。
    麻痺武器として砲撃メインでサポートに回る分にはそれなりの活躍を見せてくれるだろう。
  • 作成は同僚の熊型牙獣種であるウルクススのガンランス、ウルクスキーから派生。
    ラングロトラの素材に加え、それぞれのランク相当の鉱石を要求される。
    作製難易度は低く、上位攻略にはよいが、やはりソロのガチ装備としてはやや不満が残る。
    その攻略用としても、派生元の最終強化ウルクスレイ(攻撃力190、氷属性40拡散型LV3)の壁が厚い。

MH3G Edit

  • 今作ではG級武器として登場。
    それに伴い、ブレイクショット、ブレイクエースの作成ランク帯も上位へと引き上げられ、
    派生元は62式突撃銃槍に変更された。
  • マイナス会心が無くなったが、攻撃力483、麻痺属性240とやや物足りない数値。
    さらにG級武器としての砲撃Lv3がそれに拍車をかけてしまっている
    (なお、前作で強かったウルクスレイも、G級武器で拡散型LV3と似たとばっちりを受けている)。
    斬れ味レベル+1を発動させれば長い白ゲージが現れるが、
    猛風銃槍【裏残月】覚醒をつければ最強の麻痺ガンスとなってしまう。
    ただ、今作の麻痺の需要という点から、残念ながらどちらも趣味武器の範疇に止まってしまうであろう。
    • しかし、現在はオンラインに対応したHDverが発売されているので、
      今後需要が増加し、その価値が見直されていく可能性もある。
      MH3GHDをプレイするガンサーは作っておいても損はないかもしれない。

MHX Edit

  • 2作品の休息を経て、ラングロトラ共々MHXにも登場。
    強化がレベル制になった事で、LV5でブレイクショットからブレイクランアウトへと銘を変える。
    派生元はゲリョスガンスのハードヒッターになった。スポーツ用語繋がりからだろうか。
  • 最終形・ブレイクランアウトの性能は…
    • 攻撃力180
    • 麻痺属性22
    • 会心率-10%
    • 青ゲージ20、匠+2で白10
    • 放射型LV3
    • スロットなし
    以上である。
  • 基本的な性能はP3の時とほぼ同じだが、攻撃力は少し上がった。
    MHXに登場する麻痺ガンランスの中で唯一の放射型なので、麻痺時の竜撃砲の威力はピカイチ。
    乗り状態と合わせてペースを握り続ければ、
    正にモンスターを手玉に取る《ブレイクランアウト》状態となるだろう。
  • しかし若干強化されたとはいえども攻撃力は下から数えた方が早い程度のもので、
    マイナス会心と斬れ味の関係で“伸びしろ”に問題があるのは相変わらず。
    麻痺の蓄積値も物理火力の割にはお世辞にも高い部類とは言えないので、
    扱い方を間違えると麻痺もできず砲撃もできずのグダグダプレイになってしまう可能性もある。
    控えめに言って麻痺武器としては使い辛く、新人のゲネポスガンスにニーズを奪われがち。

MHXX Edit

  • 前作で最終強化のブレイクランアウトの名を使ったため、強化先として新たな銘が登場。
    赤甲キャノンショット
    ガンランスとビリヤード*1を両方うまく取り入れた、非常に秀逸な銘であると言えよう。
  • 相変わらず並の火力にマイナス会心という基本傾向は変わらないが、なんと斬れ味レベル+2で紫ゲージが出る。
    しかしながら攻撃力・麻痺値ともに平均的な数値止まりであるため、
    通常型が並ぶ麻痺ガンスにおいて唯一の放射型LV4の砲撃をうまく活かしていきたいところ。

余談 Edit

  • 独特の銘と砲撃音ゆえに一定数のファンがいた本武器だが、4シリーズへの続投は叶わなかった。
    残るラングロ武器である、ハンマースラッシュアックスは続投しているのだが…。

関連項目 Edit

モンスター/ラングロトラ
武器/ラングロ武器






*1 キャノンショットは手球を的球に当てることで手球の進む角度を変え、別な球に当ててポケットするテクニック。