Top > ブキ > パブロ


パブロ

Last-modified: 2017-02-04 (土) 15:15:37

基本性能 Edit

パブロ射程10
DPS240.0d/s*1
キルタイム0.266~0.383s/kill*2
飛沫ダメージ(14~) * (2~3)発
横振りダメージ28~35
拡散値1.5°
転がしダメージ20
インク消費振り2.0%転がし0.135/F
塗り移動速度1.92*3
平時速度補正補正無

ZRボタンを素早く連打することでインクを振り撒くことに特化したフデの初期武器。
塗り進みの塗りは細いが、その移動速度はイカセンプク中の速度に匹敵する。
他のブキの追随を許さない、塗り性能と機動力が最大の特筆点。

マイナーチェンジ版の【パブロ・ヒュー】、
ブキチセレクション版の【パーマネント・パブロ】が存在する。

 

セット情報 Edit

パブロサブウェポンスプリンクラー
スペシャルウェポントルネード
スペシャル減少量小(40%)
射程10
塗り進み速度100
軽さ100
開放条件ランク8
備考2015/06/06アップデートで追加
 

ゲーム内紹介 Edit

軽くて強い筆をベースにすることで高い機動力をもたせた新開発のブキ。えがく線は細いが、塗って走る速度は快速!接近戦では高速でふりまくれる。

 

ブキチ解説 Edit

メインウェポンの パブロは、
塗って進む速さが イカダッシュと同じ、
フデと呼ばれる ローラーの仲間でし!

塗りも攻撃力も 期待できないでしが、
サブのスプリンクラーと スペシャルの
トルネードで、相手をかくらんするでし!

塗りながら走るだけでも楽しいでしから、
今までのバトルと ちがった戦い方をしたい
使い手に かわいがって欲しいでし!

 

運用 Edit

すべてのブキの中で最上位に位置する塗り性能と機動力を誇るブキ
前線を塗って塗って塗りまくれる。

 

【メイン性能】
【振り撒き】
ZRを連打することでフデを振り、穂先から飛ぶインクを利用するアクション。

  • 塗り
    塗り進みで描く線は非常に細いので、他のローラーとは異なり塗る際のメイン動作になる。
    イカダッシュ→ジャンプしながら2~4振り→イカセンプクして再び移動→……を繰り返そう。
    ジャンプからの振り初めは視点を正面~少し上方に向け、高さを生かしてより遠くへインクを飛ばそう。
    そこから着地に合わせて視点を下げることで足元付近を塗ることで、次のセンプクまでがスムーズになる。
    その最高級の塗り能力を最大限にイカすためにも一連の動作に慣れておこう。
     
  • 攻撃
    戦闘も基本的にはこちらでこなすことになる。
    基本は4確だが、近距離で複数のインクが敵にヒットした場合3確。
    キルタイムも縮まるので、出来る限り早く連打すること。
    また、振りは必ず左から開始するので相手を中心より若干左側にとらえることで初段を当てやすくなる。
    射程が短く、正面からはわかばシューターにすら苦戦する。
    センプクからの奇襲など、しっかり近付いたうえで相手の側面や後ろから攻撃を当てていきたい。
     

【塗り進み】
ZRボタンを押しっぱなしにすることで塗りながらダッシュするアクション。

  • 塗り
    敵色のインクの上であってもイカダッシュ並みの速度で移動できるのはパブロの大きな強み。
    敵から逃げる時に活躍するほか、チャージャーや長射程ブラスター相手なら、塗り進み蛇行で近づく芸当も。
    また塗り進みの跡は味方も通ることが出来るので、スタートダッシュ時味方を速やかに前線に連れていける。
    潰されやすいとはいえ、ガチホコの移動ルートにも活用できる。
    うまくいけば一気にカウントリードできるほか、相手の注意もかなり引けるだろう。
     
  • 攻撃
    塗り進み中に穂先が相手にヒットした場合、ローラーと同じくひき攻撃となる。
    ひいた際のダメージは20。加えてノックバックが発生し硬直が発生する。
    そのため塗り進みを攻撃手段にするのはほぼ不可能。
    万が一塗り進み中に敵に触れてしまった場合、そのまま全力で逃げるか振りで追撃するかの判断を誤らないようにしよう。
    ちなみにスプリンクラージャンプビーコンは振り攻撃の場合壊しにくいが、塗り進みだと一撃*4で破壊が可能。
    スプリンクラーはデスの危険性があるのであまりしない方が良いが、ジャンプビーコンはほぼノーリスクで破壊できる。
    ノックバックも発生しない為、味方の為にも手っ取り早く処理しよう。
    スプラッシュシールドに対しても一応可能だが、破壊に約1秒掛かるため、まず実行中に敵のメインウェポンでやられる。
 

【立ち回り】
塗りにしても戦闘にしても注意したいのはインクを飛ばす距離が短いこと。
活躍するためには前線に顔を出さなければならないが、正面からの戦闘力は低い。
このジレンマをうまく立ち回りで両立していくことが重要となる。
前線では特にいろんなものが飛び交うので、引き際をしっかり見極めていつでも引けるようにしておきたい。
ボムやシューターからは塗り進みで逃げ、高台の相手からはイカダッシュも混ぜて攻撃を交わしたい。
なお塗り進みのインク消費量は意外に多く、自インク上の塗り進みもインクを消費してしまうので注意。
常に塗り進みで逃げられるように、インクの残量は半分付近を目安に保っていきたい。

 

戦闘は主に移動しながらのジャンプ振り撒きをしたい。
相手の脇をすり抜けつつジャンプ撃ちをすると、被弾しにくく相手を倒しやすい。
塗り進みは非常に速いが、塗り進みだと的が大きく狙われやすくなってしまう。
なので基本的には他の短射程ブキの例にもれず、前線一歩手前でセンプクし、自インクに近づいてきた相手にイカダッシュで一気に接近して倒すのがセオリー。
塗り進みは強引に近づく必要があるときや、敵から逃げるときに使おう。
具体的には、味方が押されていて裏取りで打開したいとき、位置のわからない敵に撃たれて態勢を整えたい時。とくに先制攻撃され足元が塗られても、高速で逃げられるのはパブロの強み。
なので、後退しての仕切り直しは常に意識しよう。
ほかに高所からの奇襲や、壁を登ると見せかけての攻撃。
塗ってイカで回り込んで攻撃をしたり、スプリンクラーをオトリにするなど。

 

その速さでマップサイドから相手の裏に周れるいわゆる裏取りも出来る。
裏取りと言えば聞こえは良いが前線を維持できていなければ意味がない点に注意。
まず先に前線を維持することを心掛けよう。
また裏取りは相手に遭遇する危険があるので、インク残量には特に注意を払いたい。
ほかマップ上で相手インクが広がっているときはそこに相手が居るので、マップ確認は怠らないようにしたい。

 

スプリンクラー Edit

パブロの相棒。全ブキ中最高のパブロの塗り能力をさらに押し上げる。
偏りの強いメインウェポンの戦闘能力を補う相性の良い組み合わせ。
使えば使うほどその便利さに気づかされるはずだ。

 

インク消費量は80%と多く、使う場面、設置場所を選ぶ必要はあるが強力なサブウェポン
敵のいない場所を積極的に塗り陣地を広げる「塗り」
前線に投げて敵の注意を引いたり足場確保を狙う「攻め」
通路出口の壁など壊しにくく敵の侵入を遅らせる「守り」の使い分けができる。、
シューターににらまれると何もできないほどに極端に射程の短いパブロを補助してくれる。
いずれの用途にしてもできるだけ「壊されにくく、広い範囲を塗れる場所」に設置していきたい。
有用な設置場所に関してはスプリンクラーのページを参照してほしい。

 

トルネード Edit

塗りのメイン、塗りのサブ、そして極めつけも塗りのトルネードとなる。
パブロの射程の短さを補えるイカしたスペシャルウェポン
場所を問わず広範囲にインクを塗れる上に、相手も倒せる優れもの。
塗り能力が非常に高いこともあり、かなりの頻度で乱射できる。どんどん撃ちこもう。
基本は高台や前線の真ん中など、自分が位置取りをしたいところに狙って撃つといい。
トルネードの大きな竜巻は目くらましとしても使えるので、敵と自分の間に撃ちこみ本命の接近戦で倒すといった使い方も「高速接近・広範囲攻撃」が得意なこのブキでは有効。
高台を取っている長射程の敵がいた場合、直撃を狙うのではなくギリギリ当たる背後を狙うと、焦った相手が前に飛び降りてくれることがある。着地を見逃さず狩ろう。
そのほかスペシャルウェポンは共通でインク回復もできる。塗り進みで全力で逃げたあとに使うのもいい。
ただし隙があるので自陣側に逃げてから使うのが無難。
さらにスプリンクラーを投げたあとスプリンクラー周囲などにトルネードを撃つ荒技もある。
前線の広い範囲で相手インクが撒かれているときに覚えておくといい。
ただし前線付近にいることになるので、味方が周りにいるときに使いたい。

オススメギアパワー Edit

人の好みは千差万別、ギアパワーも人の数だけ組み合わせがある。
以下はほんの一例、ぜひ自分なりのギアパワーを見つけてほしい。

 
  • インク効率アップ(サブ)
    軽減率の低さから軽視されがちなギアパワーだが、スプリンクラー使用後にメインウェポンを使う場合メイン効率よりもこちらの方が多く振れるようになる。
    対人戦においてもスプリンクラーを絡めた立ち回りが多くなりやすいパブロとの相性は良いと言える。
     
  • 安全シューズ
    相手インクの上を塗り進みたいとき、引っ掛かりが気になる人に。無いと特に方向転換するときにかなり減速してしまう。
    アップデートで効果は下方修正されたので、ないよりはマシ程度。他に優先すべきギアパワーがある場合積む必要は薄いかもしれない。
     
  • 攻撃力アップ
    確3の範囲が広がり、接近戦の安定度と生存率が大幅に上がる。
    ガチマッチでは敵を倒し自分は生き残ることが必要になるので優先的に付けたいギア
    ある程度距離が離れてしまうと、射程圏内であっても敵を倒すのに4振り以上必要になることもあり、
    そうした状況で確定数を減らせることがあるかもしれない。
     
    さらに、大量に積めば(減衰なしの威力は24以上でカンスト)当て方次第で2振りで倒せるようになり、驚異的なキルタイムを発揮できる。
    ローラーで相打ちになる前に倒せる機会が多くなるだろう。
    とはいえ3振り必要な場合の方が多く、積んでも運が悪いと4振り必要なので過信はしないように。筆の先端部分を当てるようにすると気持ち狙いやすい。
     
  • イカダッシュ速度アップマーキングガード
    攻撃力アップ同様、主に対人戦を意識する場合に。
    イカダッシュ速度アップは素早く相手に近づけるようになり、得意の接近戦に持ち込みやすくなる。また僅かながら塗り能力の向上も見込める。
    マーキングガードスーパーセンサーの脅威を軽減し、
    位置がばれるとスプリンクラーでお茶を濁すぐらいしかできなくなるほど射程の短いメインウェポンの弱点を補える。
    イカニンジャはこのブキにとって重要なイカダッシュ速度が著しく落ちることからあまりオススメできない。
 

情報/その他 Edit

ちょっとした小技や小ネタを募集中。

 
  • ダークパブロマンがギア考察の動画をあげました。一応攻撃力や他ギアについても行っているので参考ついでにどうぞ。ぜひたくさんのパブラーの強化につなげたい(管理人にURL記載は聞きました)URL: http://www.nicovideo.jp/watch/sm28611960
     
  • ポイズンボールをぶつけられると機動力が封じられる上に射程が短いため、まな板の上の鯉になりがち。慌てずにスーパージャンプでスタート地点に戻るのが安全だろう。
     
    振りながらの移動にも、塗り進みにもヒト移動速度アップの効果は一切適用されない。
     

攻撃力アップのダメージ上限について Edit

ダメージ計算が複雑に感じるが、要するに「このブキのダメージは28.0だから33.3になる攻撃24が上限」ということ。

 

 

以下が攻撃力アップギアパワーを変えて減衰しない距離からダメージを測定した結果

ギアパワーギアパワー0123456
なし028.031.535.038.542.045.549.0
メイン11030.534.338.141.945.849.6
メイン22032.636.740.744.848.953.0
メイン2サブ12333.137.341.445.649.753.9
メイン2サブ22633.237.441.645.749.954.158.2
メイン3サブ13333.237.441.645.749.954.158.2
メイン3サブ33933.237.441.645.749.954.158.2

メイン2サブ2以降、4ヒット時(表現が微妙かもしれないが)のダメージが49.9になるように
ダメージ上限が定められているのが分かってもらえると思う。

つまり上限倍率は49.9/42.0=約1.188倍。
ギアパワー数で言うとこれを超えるのは24(サブ8)の時である。
長距離から狙うことや相手が防御を積むことを考慮しない限りこれ以上は無駄になるということになる。

((メイン2サブ2以降、最低ダメージが33.2で表示されているが以後同様に何回も筆を振った場合、
66.6、99.9、132.2…とあたかも33.3の倍数として表示されていく。表示上のバグの可能性?))

なお、ホクサイには同様のダメージ上限は存在しない。


以下はコメントから。

 
  • 基本的に塗りと味方の道作りをする。敵を倒す時は奇襲か味方との協力で。機動力あるので味方と連携しやすくそれが出来ればキルも稼げる。裏取りは敵が固まってる時かスパセン発動時のみやれば成功しやすい。
  • パブロを構えている状態で斜め方向から壁に押し付けて塗り進みをすると、地面を塗り進むのとほぼ同じ速度で移動できる。これを応用して、塗れないところも機動力を損なわず移動することができる。ただ、この技が活用できる地点は現状、アロワナモールのリスポン地点から見て右方向の金網、デカライン高架下の横道部分。
    • 地味にBバスの金網でも使える。

余談

  • ほかのローラーとは一線を画すその見た目はまさに筆と言った感じ。
    絵を描く人にとっては特に愛着が湧くだろう。
  • パブロを連打する際に必要なプレイヤーの基礎体力を「パブロ筋」といったり言わなかったりする
     

コメント Edit


旧コメント欄

最終更新日時:2017-02-04 (土) 15:15:37






*1 飛沫のヒット数でダメージ増加
*2 3ヒットから4ヒットで倒せる
*3 射撃なしのヒト移動速度を0.96とする
*4 正確には塗り進み中、1Fごとに20ダメージの判定が発生するため。