Me 109 TL

Last-modified: 2019-03-06 (水) 02:21:28

Tier8 ドイツ マルチロール機 Messerschmitt Me 109 TL


▲非爆装状態


▲爆装状態(file下面)

 

スクリーンショットはエンブレム・ノーズアートなし

 

性能一覧(v2.0.4.8)

スペック解説

項目非爆装時フル爆装時*1
火力
Gun Armament
36
爆装
Bombs and Rockets
015
抗堪性
Survivability
12
耐久値
Hit Points
400
速度
Airspeed
6361
最適高度最高速度(km/h)
Top Speed at Best Altitude
850825
最大降下速度(km/h)
Maximum Dive Speed
950
機動性
Maneuverability
47
一周旋回時間(s)
Average Time to Turn 360 deg
13.1
横転率(°/s)
Rate of Roll
100
最適速度(km/h)
Optimum Airspeed
525
失速速度(km/h)
Stall Speed
200
高度性能
Altitude Performance
56
最適高度(m)
Optimum Altitude
1,800
上昇率(m/s)
Rate of Climb
145.4143.1
フラップあり
ブースト時間(s)15
本体価格(Gold)11,500
 

装備

武装

固定武装

機首機銃ダメージ/秒発射速度
(rpm)
有効射程
(m)
2x 30 mm MK-108 (1944) (C)200240616
 
機首機銃ダメージ/秒発射速度
(rpm)
有効射程
(m)
2x 20 mm MG-151/20 (1944) (C)110420780
 

追加武装1

爆弾攻撃力加害半径
(m)
リロード時間
(s)
1x SD 2505,0007590
なし
No Weapon
 

追加武装2

ロケット弾攻撃力加害半径
(m)
リロード時間
(s)
最適距離
(m)
2x WGr 212,00055601,160
なし
No Weapon
 

その他の項目

機体

名称耐久値
Me 109 TL400
 

エンジン

名称推力
(kgf)
推進方式ブースト時間
(s)
2x Jumo 004 B910ジェット15
 

搭乗員

1Pilot
 

派生軍用機

派生元-
派生先-
 

解説

Ver1.8.0で(再?)実装されたドイツTier8課金マルチロール機。
かつては同名でTier9戦闘機だった経歴を持つ(Me 109 TL(旧))。

  • v2.0
    重戦闘機並みの最高速度と加速力を持ち、重戦闘機に匹敵する武装を持ち、重戦闘機並みの旋回性能を持つ。
    つまり、重戦闘機と同様にヒットアンドアウェイを行えば良い。
     
    課金機では武装が弱いことが多いなか、本機はハイスペックである。
    Me P.1092Ta 183の初期砲として採用されているMG-151/20は射程と弾速に優れ、機首配置のおかげで高い命中率を誇る。
    Me 262Ta 183の最終砲でMe 262 HG IIの初期砲として採用されているMK-108は、当てづらさこそあるものの当たったときの破壊力は高く、軽戦闘機を容易に破壊することが出来る。
     
    重戦闘機や米独機を追いかけている軽戦闘機を後ろから撃破したり、自軍リスポーン地点から遠い重要拠点に単機侵攻してBotによる制圧の妨害をしたりなど、比較的守りに向いている。
     

史実

1943年1月22日。RLM会議にて提案されました。その時にはMe262のプロトタイプは三つ完了しており、そのうちの一つの機体です。仮にMe262(プロトタイプ1)がMe262(プロトタイプ2)と共に行動がとれない場合のバックアップの様存在として計画されました。
本機はBf109の機体にMe262のエンジンや主翼を取り付ける計画でした。開発にかける時間を少しでも減らすため、すでに実用化されていた機体の構成要素を使用しました。胴体はBf109H/BV 155B。主翼などはMe409。主脚などの三脚の足回りはMe309を使用することが計画されていました。武装案は二つほどあり、一つはMG 151 cannonと機首につけるMK 103 cannon。もう一つは、主翼の付け根付近にMK 108 cannonを二丁装備するものでした。
ですが、1943年3月に既存の機体を使った構成要素に大幅な変更が必要とみなされました。そのためMe262の研究に専念しすることが決定されこの計画は破棄されました。

データ

  • General characteristics
    Length: 9.2 m (30 ft 2 in)
    Wingspan: 13 m (42 ft 8 in)
    Height: 2.6 m (8 ft 6 in)
    Wing area: 19.5 m2 (210 sq ft)
    Gross weight: 4,750 kg (10,472 lb)
    Fuel capacity: 750 l (164.98 imp gal; 198.13 US gal)
    Powerplant: 2 × Junkers Jumo 109-004B-1 Axial flow turbojet, 8.83 kN (1,984 lbf) thrust each
  • Performance
    Maximum speed: 980 km/h (609 mph; 529 kn) [2]
    Wing loading: 243 kg/m2 (50 lb/sq ft) maximum
  • Armament
    • (Initial[1])
      2 × 20 mm MG 151/20 cannons in nose
      2 × 30 mm (1.18 in) MK 103 cannons in nose
    • (Later[2])
      2 × 20 mm MG 151/20 cannons in nose
      2 × 30 mm (1.18 in) MK 103 cannons in nose
      2 × 30 mm (1.18 in) MK 108 cannons in the wing roots

出典:Messerschmitt Bf 109TL wikipedia

 

コメント


*1 1x SD 250 + 2x WGr 21