Me 262 HG II

Last-modified: 2020-07-05 (日) 12:55:45

Tier9 ドイツ 重戦闘機 Messerschmitt Me 262 HG II


▲初期状態


▲最終状態

 

スクリーンショットはエンブレム・ノーズアートなし

 

性能一覧(v2.0.4.8)

スペック解説

項目初期状態最終状態フル爆装時*1
火力
Gun Armament
4782
爆装
Bombs and Rockets
017
抗堪性
Survivability
1617
耐久値
Hit Points
500550
速度
Airspeed
808682
最適高度最高速度(km/h)
Top Speed at Best Altitude
900980930
最大降下速度(km/h)
Maximum Dive Speed
1,1001,150
機動性
Maneuverability
32
一周旋回時間(s)
Average Time to Turn 360 deg
15.4
横転率(°/s)
Rate of Roll
7080
最適速度(km/h)
Optimum Airspeed
713759
失速速度(km/h)
Stall Speed
250
高度性能
Altitude Performance
86
最適高度(m)
Optimum Altitude
2,600
上昇率(m/s)
Rate of Climb
132.1136.0133.7
フラップあり
ブースト時間(s)20
本体価格(Cr)3,540,000
 

装備

武装

固定武装

機首機銃ダメージ/秒発射速度
(rpm)
有効射程
(m)
4x 30 mm MK-108 (1944) (C)200240616
4x 20 mm MG-213C (C)700800
4x 30 mm MG-213/30 (C)350330700
 

追加武装1

なし
No Weapon
ロケット弾攻撃力加害半径
(m)
リロード時間
(s)
最適距離
(m)
24x R4M15025601,390
 

追加武装2

なし
No Weapon
爆弾攻撃力加害半径
(m)
リロード時間
(s)
2x SD 2505,00075180
 

その他の項目

機体

名称耐久値
Me 262 HG I500
Me 262 HG II550
 

エンジン

名称推力
(kgf)
推進方式ブースト時間
(s)
2x Jumo 004 B910ジェット20
2x Jumo 004 C1,015
2x Jumo 004 E1,200
 

搭乗員

1Pilot
 

派生軍用機

派生元Me 262
派生先Me 262 HG III
 

解説

ドイツのTier9重戦闘機。

 

速度が速く、火力が高いが機動性はあまり良くないという特徴の機体。
より後退翼になった美しい身体がチャームポイント。
機関砲は扱いやすさでは20 mm MG-213C (C)は初速が速くよくヒットし、火力の高い30 mm MG-213/30 (C)は初速が遅いものの火力が高いので相手を蒸発させる。
中間砲はMe P.1092で開発でき、最終砲はFw 252Me P.1102 Bを開発することで使用できるようになる。
ちなみに、中間砲はBV P.210の20 mm MG-213/20 (C)と全く同じ性能だが、別開発が必要。なんで?
前身のMe 262に付いていたロケットエンジンが装備できないが、エンジンが強力なため十分なパワーである。

  • v2.0
    Me 262を使っているうちに、一撃離脱が身体に染み付いている諸兄には今更言うまでもないが、敵前での旋回は厳禁である。
    ただし、Me 262で散々泣かされてきた、射程に捉えた途端に回避行動を取る敵Botに対して、20mm砲ならば良弾速・良射程・良連射力を活かして命中打を与えやすくなっている。
    全然弾が当たらない!というフラストレーションを発散したいならば、早々に20mm砲に乗り換えて堪能すると良いだろう。
    最終砲のMG-213/30は30mm砲としては最高性能を誇るため、20mm砲一択というほど悪くは無い。
    集弾性と弾速は20mm砲の最高峰であるMG-213Cとは比べるべくも無いが、大口径砲に属するとは思えない高発射レートと連射持続性能も相まってなかなかの命中性能となっている。
     
    Me 262でまともに狙えていたのが爆撃機と重戦闘機(パンケーキを除く)ぐらいだったために高高度から降りると死ぬ身体がかなり改善されたため、一撃離脱さえ出来るならば苦手な相手は少なくなっている。
    旋回するのは敵から1000m以上離れたところで行い、敵を落としきれなくても追おうとせずにブーストで離脱することを意識すると、かなり生存できるはずだ。
  • v1.9
    機動性が良くないのでよほどのことがない限りドッグファイトはお勧めしない。F2Hなどが天敵。
     
    コメントにもあるように、ドイツ地上攻撃機ルートを制覇しておくと開発が楽になる。
    だが地上攻撃機ルートは作業ゲーになりがちで飽きる。
     
    v1.9.10でロケット弾R4Mの加害半径が20mから25mへ引き上げられ、精度も向上しているようだ。
     

史実

写真はMe262A

 

 メッサーシュミット Me262 (Messerschmitt Me 262)は、第二次世界大戦末期にドイツ空軍が使用したジェット戦闘機、爆撃機である。
愛称は「シュヴァルベ(Schwalbe、ドイツ語でツバメの意 )」。
世界初の実戦配備および実戦を行ったジェット機である。

 

本機はそのうち計画のみで終わったバリエーションで、以下の改造がなされる予定だった
HG1:レーシングキャノピーと呼ばれる小型の流線型キャノピーにし、水平尾翼に後退角を付けるとともに、水平尾翼を大きくした高速計画1段階
HG2:HG1と同程度の改造と平行して主翼を25%弦長35度の後退角付きに変更した高速計画2段階

 

出典:メッサーシュミット Me262 wikipedia

 

コメント


*1 24x R4M + 2x SD 250