【ねこまどう】

Last-modified: 2020-12-26 (土) 00:09:03

概要

DQ7、DQ9に登場した、杖を持った猫のモンスター。
【けもの系】で、上位種に【ジャガーメイジ】【ベンガルクーン】【ダークペルシャ】が、強モンスターに【ねこまどう・強】がいる。
また、【アストルティア防衛軍】では【マギロッド】と言う色違いも登場する。
【メラ】を使ってくるほか顔を洗って何もしないことがある。
通常ドロップは【まほうの小ビン】、レアドロップは【イエローアイ】
 
あまりにレベルが低すぎるのか【猫島】にはエンカウントモンスターとして登場しないが、【モミャー】【ミュベス】がNPCとして猫島にいる(【ザ・キャッツ】の一員でもある)。
 
【キャット・リベリオ】戦で召喚されることもあるが、こっちが強いと逃げ出すことも多い。
本当にただいるだけなので、一緒にやってきたプリズニャンだけ倒して放置されることがしばしば。
 
魔法使い職業クエスト【魔法使いに会いたい】では、【リュナン】というねこまどうのNPCが登場するので、存在感は抜群である。

Ver.1.0

【コルット地方】【レーナム緑野】に生息。

Ver.2.0

【まもの使い】実装によって仲間にできるように。詳細は【ねこまどう(仲間モンスター)】を参照。

Ver.3.0

【転生モンスター】【ミケまどう】が追加された。

すごろく

モンスターマス(中)に出現する。
メラを放ってくる。が、メラの威力は50ダメージ程とかなり痛い。

バトエン

けもの系 HP110 すばやさ4 ●属性 攻撃力ダウン無効

こうげき右枠なし
にくきゅうパンチ★に10のダメージ+魅了
メラミ★に30のダメージ
メラガイアー★に60のダメージ
復活の杖味方1体をHP30で復活
こうげき全員に20のダメージ
顔を洗っている無駄行動

アクションをパッと見てわかるように、対★向けのバトエン。
チェンジアタック枠のにくきゅうパンチは、明らかにダメージよりも魅了付与を重視した技である。
バトエンにおける「魅了」は、アクションリストを「自分にダメージ」「魅了が解けた」の2種に変えてしまう。
アクションを無駄撃ちさせ、自滅も狙えるという点でおいしい。
味方蘇生の「復活の杖」は自陣に死者が出ていないと無意味だという点も含めると、中盤以降に場をかき回す戦い方を期待したい。
 
弱点はすばやさが低いこと。先手を取って状態異常をかけてくるような相手や、マホカンタで呪文攻撃に対策してくる【サイレス】などが怖い。
復活の杖で蘇生させた味方はHPが低い状態なので、先手を取って攻撃できないとキツイというのも考慮して、素早い仲間と組み合わせていこう。
あと、あくま系は種族特性で魅了無効を持っている。【ボストロール】を魅了で抑え込んだつもりになってかいしんのいちげきを喰らうようなミスには気を付けたい。