Top > 【やみのしょくだい】


【やみのしょくだい】

Last-modified: 2018-12-23 (日) 00:03:01

概要 Edit

DQ7のリメイクにて、トクベツなモンスターとして登場した【エンタシスマン】の上位種。トクベツなモンスターからの登場はこいつが初。後輩は【とうぞくこぞう】
白い炎をかかげ、赤く発光しているまっ黒な飾台。今作では放置されていた燭台が【魔瘴】によって魔物化したという設定。
原作と同じくメラゾーマや死のおどりを使用するが、仲間は呼ばない。
通常ドロップは【つけもの石】、レアドロップは【ナイトメアリーフ】
 
【メラゾーマ】→攻撃→【メダパニダンス】→攻撃→【死のおどり】→攻撃、というローテーション行動。ライブラリでは死の踊りがクローズアップされているが、そこまで時間をかけずとも倒せるため、実際に見ることはあまりないだろう。
狭い通路を通せんぼするかのように配置されているが、ここまできたプレイヤーならメラゾーマなんぞ恐るるに足らない。
これまでランダムでしか入手できなかった「ハッスルダンスの戦域」の宝珠を落とすことがあるため、旅芸人を使う人は狙う価値がある。
 
ちなみに、Ver.4.4現在で仲間になった【エンタシスマン】【おめかしカラー券】でこいつのカラーにする事がなぜかできない。

Ver.3.5後期 Edit

【大神殿・地下】に出現する。

余談 Edit

下位種の【ツイストーチ】はVer.2.1.0fで怒り時に【ドルマドン】を連発するという挙動を行なっていた。
同Verでは様々なモンスターが怒り時に当時未実装のものを含めた上位種の行動を取ると言う不具合を起こしており、このツイストーチの挙動もいずれ実装されるであろう上位種の行動であると当時は考えられていた。
しかしいざ上位種として、いかにもドルマドンを使ってきそうな本種が登場しても、全くそのような行動はとらなくなっていた。恐らく何らかの理由で使用呪文がドルマドンではなくメラゾーマに差し替えられてしまったのであろう。