【ゴシックコートセット】

Last-modified: 2020-01-22 (水) 10:15:37

概要 Edit

Lv60以上の僧侶、魔法戦士、旅芸人、踊り子、占い師、天地雷鳴士、デスマスターが装備可能。
また、当時イベント装備以外で唯一男女で別々の名前で扱われる装備セットでもあった。
 
この装備が初登場したVer.1.3当時は、その高い回復魔力の高さ故に僧侶にとって最終目標の装備であった。
 
ただ、女性用のゴシックビスチェの方は、Ver.1で唯一のゴスロリ服であり、そして実装当初は【ゴシックフリル】?のスカートの丈が短すぎて衝撃を呼んだ話題の問題セットである。
他のスカート型の装備と比べてみると分かるがミニどころか「超ミニ」と言っても差し支えないレベルで短い。
【妖精の姿見】で比べると一回り短いのが分かるだろう。
このおかげで歩いてるだけで中身が見え、走るものなら仮にもスカートなのにお尻すら丸見え状態という、隠す気がまるでない装備に仕上がっている。
そしてそれと関連して特徴的なのが下に穿いている下着で、ドラクエ10ではスカート状の装備の下はスパッツが基本なのに対して、この装備は太ももがはっきりと見えるパンツ状の下着となっている。それは、男が装備しても変わる事はない。
流石に短すぎると感じるのか、下だけ他のスカートっぽい装備にしている人も多く見られる。
 
なんだかんだで女性用は見た目が見た目なため、この装備一式をドレスアップとして採用しているプレイヤーは少なくない。
特に貴重な(ミニ)スカート状の装備である【ゴシックフリル】?は大人気。
 
聖職者たるものがこんな露出高い服で大丈夫か?という声が多いかもしれないが、ちゃんと元ネタもあるのでご安心あれ。
 
どう見ても服なので裁縫で作られる、と思いきやなぜか作れる職人は防具鍛冶である。
このおかげで実装時早速この服を作ろうと思った裁縫職人はがっくりと肩を落とす羽目になった。

Ver.2.1 Edit

【退魔の装束セット】の登場で、ゴシックの時代は終わりを迎えた。…と思いきや、ゴシックは新たに【旅芸人】が装備可能となったので、きじゅつしからゴシックに乗り換える旅芸人が続出。
ゴシックは、Ver.2.3で【古代王族のベストセット】が登場するまで新しい居場所を得る事となった。

Ver.2.3後期 Edit

ゴシックフリルのスカート内のおなかの部分が肌色から黒塗りに変わる修正が入った。
さすがに詳らかに説明するのは憚られたのか、アップデート情報には「一部のスカート系装備の揺れ具合を微調整しました。」とのみ書かれている。

Ver.3.5中期 Edit

Lv60台の装備の必要素材が大幅に緩和、特に【汗と涙の結晶】を必要としなくなったのは大きく、比較的安価で【ドレスアップ】用のゴシックセットを入手できるようになった。

Ver.4.2 Edit

ゴシックセットの男女による装備制限が撤廃された。
つまり、ゴシックコートを女性が装備できるようになり、ゴシックフリルを男性が装備できるようになった。
男性用女性用の部位を混ぜる(頭がハットで体がコートなど)とセットボーナスは反映されないので注意。

Ver.5.0 Edit

さらに必要素材に大幅な緩和が入った。
と同時にゴシックアーム以外は白宝箱の対象から外れてしまった。

セット内容 Edit

【ゴシックミトラ】?/【ゴシックハット】?
【ゴシックコート上】?/【ゴシックビスチェ】?
【ゴシックコート下】?/【ゴシックフリル】?
【ゴシックグローブ】?/【ゴシックアーム】?
【ゴシックブーツ】?/【ゴシックニーソ】?

装備可能職 Edit

【僧侶】【魔法戦士】【旅芸人】【踊り子】【占い師】【天地雷鳴士】【デスマスター】

基礎能力 Edit

       HPMP攻撃力守備力攻撃魔力回復魔力素早さ器用さおしゃれさ重さその他効果
基礎効果   0001040653129639
セットボーナス060001000400

関連 Edit