【小さな英雄ザンクローネの物語】

Last-modified: 2020-03-24 (火) 02:49:59

概要

童話作家【パンパニーニ】の作品。【メルサンディ村】の村民の間でも高い人気を得ている。
 
村に伝わっているものは本棚で読むほか、第3話は紙芝居で観ることもできる。
そのうち第3話は主人公が見てきたメルサンディ村のストーリーそのものであり、【ラスカ】【ミシュア】、そして主人公自身も登場している。
パンパニーニはこの続きを執筆中に亡くなったため、未完の作品となっている。

Ver.2.3

完結編が【アイリ】の手によって描かれ、その内容を【英雄と魔女のフィナーレ】で体験できる。
偽りの世界の住人となったパンパニーニの助言もありながらも完成。
その内容は原作者のパンパニーニが想定していたものとは違ったが、彼の想像を越えたと評していた。

地味

Ver.2.3から本の装丁が豪華になったことが地味コーナーで発表された。
あまりの地味っぷり故、恒例の間違い探しでは正解者がなかなか出ないほどだった。