Top > 【聖守護者のゆびわ】


【聖守護者のゆびわ】

Last-modified: 2019-09-16 (月) 17:31:10

概要 Edit

指アクセの一つ。

部位基礎効果
しゅび力+1 おしゃれさ+1
売値合成効果
-眠りガード+20.0%,30.0%幻惑ガード+20.0%,30.0%
伝承合成マヒガード+20.0%,30.0%呪いガード+20.0%,30.0%
なし混乱ガード+20.0%,30.0%即死ガード+20.0%,30.0%
レア度封印ガード+20.0%,30.0%どくガード+20.0%,30.0%
A

詳細 Edit

【聖守護者の闘戦記】の討伐報酬として入手できる【〇水晶の羽根】を、同じ色の物を10個あつめると交換できるアクセサリー。
基礎効果がほぼ一切なく、合成前提となるアクセサリーで、【しんぴのカード】の指輪版。
付与される効果は各状態異常への耐性であり、一つに特化すれば最大90%となるため、めざましまんげつ理性はくあい破幻破呪聖印破毒の8種状態異常リングのほぼ上位互換。
 

  • 一つの状態異常を90%にして、【輝石のベルト】【達人のオーブ】の炎の宝珠「鉄壁の○○ガード」と合わせて100%にする
  • 状態異常A60%+状態異常B30%にして、Aは防具の中級錬金成功以上と合わせて100%、Bは顔アクセor上級錬金超大成功or上級錬金成功以上+ベルト・宝珠と合わせて100%にする
  • 3種の状態異常をそれぞれ30%にして、それぞれ顔アクセor上級錬金超大成功or上級錬金成功以上+ベルト・宝珠と合わせて100%にする

という3通りの利用法が考えられるが、単独(+宝珠)で使い物になる一種90%を目指すのが基本になるだろう。
ただし、そもそも指アクセという枠は【武刃将軍のゆびわ】【魔導将軍のゆびわ】と競合する激戦区のため、どうしても指で耐性を確保しなければならないという状況でなければ中々お呼びにかからないという点は留意すべき。
合成する際は慎重に検討しよう。後述のように作成コストも高いので、手持ちの防具に合わせてこの指輪を作るより、本当に必要な時だけこの指輪を使い、防具の方を都度買い足す方がまだマシである。
 
幻惑ガードは【ダークグラス】単品で100%耐性が可能なため、若干優先度は低くなるかもしれない。
逆に、装備部位が属性・呪文・ブレスなどダメージ系の耐性と競合する呪いについては、他の状態異常より90%の意義が大きいと言える。
もっとも、現状それが一番役立つのは【冥骸魔レギルラッゾ&獣魔ローガスト】戦であり、実装当初はレギルラッゾ&ローガスト用の指輪を作るためにレギルラッゾ&ローガストに挑むという状況になってしまっていたが。
 
Ver.4.5現状、Iでもかなりの強さのレギルラッゾ&ローガストや【紅殻魔スコルパイド】【翠将鬼ジェルザーク】を何度も倒さなければならず、1日確定の羽根も1~3個、更にこれ1個では何の意味もないので2個以上入手しなければならず、そして量産した先にも合成の戦いが待っている。
その上、状態異常1種を狙う場合は90%、すなわち完全な理論値まで進めなければ下位の耐性リングを超えられないという、使い物に出来るまでが苦行の道となるアクセサリー。
しんぴのカードよりは合成効果の種類数自体は大幅に少ないが、カジノコインでの入手が主だったあちらと違いこちらはバトルコンテンツであるため、完成までの難易度の単純な比較はできないだろう。

関連 Edit

他作のマルチ耐性アクセサリー