【輝石のベルト】

Last-modified: 2020-11-29 (日) 00:09:57

概要

腰アクセの1つ。Ver.2.2後期で追加された。

とりどりの宝石が
さまざまな効果を
生み出すベルト
部位基礎効果
おしゃれさ+3
売値輝石効果
-※輝石効果一覧参照
レア度
-

詳細

【王家の迷宮】で手に入る「うつしよの箱」を使うとたまに手に入るベルト。
 
入手した段階で輝石のベルト+2といった数字がついており、何かしらの効果が最初からついている。
入手できるのは+2~+5であり、銅と銀と金から出るベルトは+2か+3、竜箱と天箱は必ず+3、極箱は+4か+5になっている。
アクセサリー合成及び効果の消去は行えず、このアクセに限り「合成効果」のところが「輝石効果」になっている。
 
輝石効果としてつく効果は完全にランダム。
付く数値は出てきた箱に依存しており、より上位の箱であるほど大きい数値が付きやすい。
HP+10や攻撃力+10などの各効果の最大値は竜箱か天箱から得られるベルトにしか付かない。
また、一つのベルト中で同種の効果が重複する事はあるが、その合計値が最大値を越えることはないことが、ファミ通のインタビューにて齋藤Dが明言している。
例外として通常orレアドロップ率は1.1倍の最大値しかないが、同じ効果が二つ付く場合もある。
 
火力を重視するならより効果の高い【戦神のベルト】が登場したものの、こちらは汎用性に優れること、HPや耐性も伸ばせること、入手厳選が容易なことからまだまだ需要は高い。
 
Ver.5.3で各効果の最大値が引き上げられたが、新たな最大値が付くのは【心層の迷宮】で取得できる【うつしよの極箱】から得られるベルトか【めざめの秘石】で付いた効果のみ。
しかしこの調整により極箱から得られるベルトは火力面でも戦神のベルトとほぼ謙遜ない性能を発揮できる。系統特効に関してはこちらの方が上となる。
総合性能ではこちらが上になったといえるが、戦神のベルトは取得に制限が無いのに対して輝石のベルトは【勇気の輝石】の制限によってどう頑張っても一週間に取れる量には限界があるため、そういった意味では差別化ができている。

効果一覧

確認されている効果の一覧は以下の通り。
属性ダメージアップの効果は特技呪文に分かれているので見間違えないよう注意。【属性武器】【フォース】による属性付与も考慮される。
【タロット】は特技の一種という扱いなので、属性特技強化の効果が適用される。
一方、通常攻撃は特技でも呪文でもないため属性を付与しても本ベルトで強化することはできない(戦神のベルトを始めとした攻撃のカテゴリを問わない属性強化効果なら適用される)。
 
戦神の属性強化は特定の武器装備時のみ作用するがこちらは武器種を問わず作用する為、フォースをもらった上で武器を持ち換えながら戦いたいという場合にはこちらの方が便利。
一方でフォース付きの通常攻撃を使う場合や、同じ属性の呪文と特技を両方使う場合は戦神の方が有利となる。
後者についてはライトフォース時の魔法戦士のほか、レアケースではあるがストームフォース時の鎌スーパースター、ファイアフォース時の踊り子等も該当する。
 

  • ステータス上昇系
    こうげき力+6~14
    しゅび力+8~24
    さいだいHP+6~12
    さいだいMP+6~12
    おしゃれさ+8~20
    すばやさ+8~20
    きようさ+8~24
    こうげき魔力+8~26
    かいふく魔力+8~26
  • 威力上昇系
    ○(属性)の呪文の攻撃ダメージ+4~12%
    ○(属性)の特技の攻撃ダメージ+4~12%
    ○○系にダメージ+4~10%
  • 開戦時に○%の確率で補助効果系(ここでの表記は「開戦時に」を省略している)
    12~20%でピオラ
    12~20%でマホキテ
    12~20%でマホトラのころも
    12~20%でキラキラポーン
    12~20%でバイシオン
    12~20%でリホイミ
    12~20%でメイクアップ
    6~10%でためる
    夜6~10%でためる
    6~10%で会心率上昇
    6~10%で盾ガード率上昇
    6~12%で天使の守り
    6~12%で聖女の守り
    1~3%で必殺チャージ
  • 攻撃時に○%の確率で弱体系(ここでの表記は「攻撃時に」を省略している)
    2~5%でどく
    2~5%で眠り
    2~5%でマヒ
    2~5%で混乱
    2~5%で幻惑
    2~5%で魅了
    2~5%で封印
    2~5%でヘナトス
    2~5%でルカニ
    2~5%で猛毒
    2~5%で魔導の書
    2~5%でぶきみなひかり
    30~40%でリホ系解除
    15~20%でマホ系解除
    12~20%でテンション下げ
    ※通常攻撃と武器スキルによる攻撃時のみ
  • 状態変化耐性系(いずれも2~14%の範囲)
    眠りガード
    マヒガード
    混乱ガード
    封印ガード
    幻惑ガード
    呪いガード
    即死ガード
    毒ガード
    MP吸収ガード
    おびえガード
    転びガード
    しばりガード
    踊らされガード
    魅了ガード
    ふっとびガード
    各弱体系耐性
  • 戦闘勝利時及びドロップ率系
    戦闘勝利時HP10~20回復
    戦闘勝利時MP1~3回復
    通常ドロップ率1.1倍
    レアドロップ率1.1倍
    ※ドロップ率系は一つのベルトに同じ効果が2つまで付く
  • 未分類
    かいしん率+0.5~2%
    呪文発動速度+0.5~3%
    MP消費しない1~3%
    移動速度+1~3%
    呪文ぼうそう率+0.5~3%
    6~10%の確率で10%ダメージ反射

Ver.2.4~

【めざめの秘石】により、+4まで強化する事が可能になった。
システムについては当該項目を参照。

Ver.3.1~

【封印の砂】にて輝石効果を30種類まで封印する事で少しは望みの効果を持つベルトを入手しやすくなった。
システムについては当該項目を参照。

Ver.3.2後期

封印の砂による封印数が35種類に増加。

Ver.4.4

封印の砂による封印数が40種類に増加。

Ver.5.3

【うつしよの極箱】からのみ入手可能な+4や+5のベルトが登場。
各効果の最高値が引き上げられ、最高値は極箱から出るベルトかめざめの秘石で強化された場合のみ付く可能性がある(ただし、最大値が変わっていないものもある)。
種族系ダメージアップ効果が呪文と一部の特技にも有効になった。