【いかりのとびら】

Last-modified: 2021-05-24 (月) 19:55:46

DQM

異世界のひとつ。【格闘場】Dクラスを制覇すると、【ちからのとびら】とともに開放される。
王様に頼まれ、魔物の大量発生の原因を調べる為に入ることになる。
ここをクリアしないとCクラス以上を戦うことが出来ないので、必ずクリアしなければならない。

全11階層で出現モンスターは、【おおみみず】【おおなめくじ】【ポイズンリザード】【キャットフライ】【メーダ】【アニマルゾンビ】【ドラゴスライム】
ここからマップの中に【迷いの森】が入るようになるが、出口は変わらないので一度覚えてしまえば簡単なマップになる。
 
ボスは【バトルレックス】
そう、DQ6の例のイベントの再現である(ただし口調は全く違う)。
タマゴを割ると【ヘルバイパー】・・・・・・ではなく【ドラゴンキッズ】が出現する。
1体倒せばいいのだが、3人パーティーで334も経験値が貰えるので、7体全て倒しておこう。【うけながし】には注意。
バトルレックスを倒さずにキメラのつばさで戻り、再度やって来るとタマゴが復活している。
あまり効率はよくないが、経験値を稼ぐこともできる。
ちなみに仲間にすることも可能だが、仲間にしたところでバトルレックスが怒らないという展開にはならない。
 
ドラゴンキッズを1体以上倒してからバトルレックスに話し掛けると「我が怒りに触れる前に立ち去れ」と言われる。
我が子を殺されて(倒されて?)おきながらの寛大な言葉だったのだが、そこへKYな【テリー?】が颯爽登場し、探し物がなかった腹いせに残りのタマゴを全て割ってしまう。
しかも去り際にテリーに対し、「剣もロクに扱えない腰抜けかっ!」と蔑みの言葉をかけてくる。
それなのにバトルレックスには仲間扱いされ、断じて許さぬと激怒される。何たるハタ迷惑。
「いかり」のとびらの由来はこれであろう。
 
勝利すると仲間になる。デフォ名はもちろんドランゴ。
必ず仲間になる主の性別はランダムだが、ドランゴは固定で♀である。
ちなみに勝利後には「あの けんし・・・ おまえに よく にていた・・・。」と発しており、彼女はテリー?の正体にある程度気付いている模様。「仲間」と間違えられたのはそれゆえだろうか。
 
かえんのいきによる全体攻撃にも注意。ただ状態異常には弱い。
PS版ではこのあたりからボス戦の曲が【君は勝てるか?】になる。

またここへは、「魔物の大量発生」を調べる名目で訪れたはずだが、道中エンカウント率が跳ね上がっているということはなく、「バトルレックスが生んだ卵のせいで魔物が増えた」と言っても、雑魚敵としてドラゴンキッズが出現することもない。ボスを倒して戻ると騒ぎは収まるが、結局この事件は何だったのだろうか・・・?恐らくテリーと関わりが深いバトルレックスをストーリー上必ず戦わせたいために用意したイベントなのだろうが、もう少し分かりやすくしてもよかったと思うが…
 

テリワン3D

引き続き攻略必須の扉として登場。
探索理由が「おぞましい魔物の鳴き声がひっきりなしに聞こえてくる原因」の調査に変わっている。こちらはまだ説明が付く内容になっている。
メインの扉のみで進行している場合、ここの扉で初めてGサイズのモンスター(この扉では【メドーサボール】)が登場する。
ゴーゴンヘッドを意識してかラリホー、ルカナン、マヌーサと搦め手ばっかり使う上に1~3回行動、HPは1500越え……と、普通にプレイしている場合この時点だとまず勝ち目がないので見かけてもそっとしておこう。ケンカを売るならさみだれぎり辺りでダメージを稼ぐか、そこそこ効きやすいマヒを狙うと良いだろう。
 
ボスは相変わらずバトルレックスで、戦闘になる流れなどは概ねGB版と同じ。
パターンも2回行動をしてくる点以外は火炎の息に魔神斬りとGB版と変わらない攻撃方法である。ただし倒しても仲間にならず、「あの剣士…おまえによく似ていた……」と言い残していなくなる。もちろん何度行ってももぬけの殻なので再戦もできない。
なお【かがみのとびら】【デュラン】【ほむらの扉】のルギウス、【とこやみの扉】に封印されているメイザーとストーリーの節目に戦う連中はいずれも仲間にはならないという共通点が(とこやみの扉は展開的にもそれが必然だが)。
 
ちなみにタマゴから生まれているのがドラゴンキッズではなく【アルゴリザード】に変わっているが、自動イベントなのでこのアルゴリザードと戦うことはない。ちなみにアルゴリザードはしんじつの扉に野生のものがいる。