【やいばのぼうぎょ】

Last-modified: 2019-06-07 (金) 13:32:53

概要

防御を行いつつ、攻撃してきた相手にダメージの一部を返す攻防一体の技。
DQM初出の恐ろしく地味な特技だが、後にDQ9にて本編進出を果たす。

DQ9

パラディンの【はくあい】スキル4ポイントで習得できる。
DQMの時とは違い失敗はしないが、反射できるダメージは受けたダメージの1/4になった。
結局期待値は同じである。MPは消費しない。
 
この特技は、クエストNo.107【パラディン勝負!!】でプレイヤーを苦しめたものとして知られている。
詳細は同項目を参照。

DQ10

パラディンが【はくあい】スキル2ポイントで習得する特技。消費MPは2。
使用してから一定時間経つか手動でキャンセルするまで身構え、全ての被ダメージを1/4軽減し、受けたのが近接攻撃であればその被ダメージの1/4を反射する。
DQ10では通常の「ぼうぎょ」が盾の特技として扱われている(=二刀流や両手武器を持っていると使えない)一方、こちらは武器や職に関係なく使える。
その上、「ぼうぎょ」と同じ軽減率でこちらの方が防御判定の発生が早いため、他作品とは重要度が段違いで、咄嗟の被害軽減には専らこちらが使われる。
【デンタザウルス】系のモンスターも使用する。
詳しくはこちらを参照。

DQM1、2

通常の防御の効果に加え、そのターンに物理攻撃を受けた時そのダメージの半分を相手にも与える。
消費MPは3。わずかな消費MPを除けば特に防御に劣っている点はない。
しかし、防御して半減したダメージのそのまた半分を相手に与えるので、与えられるダメージはかなり小さい。
相手にダメージを反射できる確率は50%しか無いので、ダメージの期待値は非常に低い。
おとなしく【だいぼうぎょ】を使おう。
PS版ではMPを消費しなくなった。
 
【ソードドラゴン】【ローズバトラー】【シーホース】などがLv14で習得する。
また、【もろばぎり】とだいぼうぎょを習得していると【思いつく】
 
DQM2では、【うけながし】と同時に使うことで【連携特技】【カウンター】が発動することがある。
こちらはなかなか強力な効果で狙う価値はある。

DQMCH

詳細は前作と変わらず。
【キラーマシン】【とげぼうず】【ダークナイト】などがLv14で習得する。
やはり積極的に使われる特技ではないだろう。

関連項目

【うけながし】
【うけながしのかまえ】
【天地のかまえ】
【水流のかまえ】
【背水のかまえ】(DQ11)
【つっこみ】
【斬撃よそく】
【ファントムレイザー】