Top > 【ポルトガ王】


【ポルトガ王】

Last-modified: 2017-11-23 (木) 13:50:30

DQ3 Edit

【ポルトガ】【国王】
黄金並みの価値がある【くろこしょう】を欲しがっており、城を訪れたパーティに入手を依頼する。
親友である【ホビット】【ノルド】への紹介状である【おうのてがみ】をくれるが、セーブはしてくれない。
 
黒胡椒を渡せば【船】をくれるが、その後は胡椒を食べる事に夢中になっており、やはりセーブはしてくれない。
 
彼の言葉「東方を見聞し報告せよ」は、マルコ・ポーロの著書『東方見聞録』を意識したものだと【知られざる伝説】に明記されている。

リメイク版 Edit

セーブしてくれる【大臣】が新たに登場したが、王自身のゲーム中の役割はFC版と変わらず。
また、お城の奥の部屋にいた一般女性のグラフィックのキャラが、固有の【貴婦人】グラフィックのキャラに変わっており、王様の姫か妃っぽくなっている。
ノルド曰く「人間にしては珍しく純粋な心を持っている」とのこと。
 
なお、パーティが黒胡椒を持ち帰った際のセリフがFC版の「よくぞ持ち帰った」から「やはりだめだったであろう」に変更されており、実はパーティに期待していなかったことにされた。
ノルドの弁も合わせると「純粋に期待していなかった」という、いよいよ身も蓋も無いことになってしまう。

小説版 Edit

王家の名前は「マドリド家」だが、王自身は黒胡椒で儲けた【商人】のサバロを信頼しているという設定だけで、セリフの中にしか登場せず名前も不明。
【船】はサバロから譲り受ける事になる。

DQ11(3DS版) Edit

【冒険の書の世界】【バラモスの城】に登場。
【バラモス】亡き後【ネクロゴンド】の死者を弔うために各国の王たちと共にやってきたが、異変により侵入を阻まれ城の入口で立ちすくんでいる。
クエスト【魔王復活の儀式】【決戦・バラモス城!】の発注者。