Top > 【はりせんもぐら】


【はりせんもぐら】

Last-modified: 2018-10-22 (月) 19:59:42

概要 Edit

DQ7など登場するトゲトゲの生えた茶色くて丸っこいモンスター。
漢字で書くと張り扇土竜…ではなく、針千土竜である。

色違いの上位種に【サンダーラット】【プラズママウス】がいる。
それらの名前からしてハリネズミを意識したのかもしれないが、まさにこの名前にぴったりな動物ハリモグラを意識したのかもしれない。
ちなみにハリネズミは名前こそネズミであるが分類上はモグラに近い生き物である。そして名前の似ているハリモグラはカモノハシに近い生物なのでモグラですらない。

DQ7 Edit

【炎の山】や過去の【オルフィー】周辺などに登場するモンスター。
ただ直接攻撃をしてくるだけな相手だが、経験値・お金ともに【ねこまどう】と同じ。
持ってるお金が少ない敵の多い【エンゴウ】編では、かなりありがたい敵だと言える。
ただし、エンゴウの時点では【インプ】に次ぐステータスの持ち主なので、直接攻撃しかしない敵だからと油断はしないように。
被害を抑えたいなら高確率で有効な【ラリホー】で眠らせてしまおう。
また、土竜だけあって光が苦手なのか、動物型の敵としては珍しく【ニフラム】への耐性が一切無い。
落とすアイテムは【やくそう】

3DS版 Edit

モンスターパークに送ったはりせんもぐらに【すれちがい石版】を探しに行かせるとき、以下の名前が当てられる。

一匹目二匹目三匹目
名前モールンはりこモグモグ

漫画版 Edit

炎の山に登場。集団で出現しアルスたちの前に立ちふさがる。
多すぎて相手にしてられないと【スカラ】で守備を固めて強行突破された。
この漫画では珍しくデフォルメされたかわいらしい姿に描かれている。

イルルカ Edit

魔獣系のFランクで、【砂漠の世界】に生息している。集団で水溜りを囲む様はとても愛らしい。また同じもぐらの【いたずらもぐら】も生息している。
ステータスは戦士タイプで、HPと攻撃力はそこそこ。実は合計能力値は【おにこんぼう】より高い。あなどれないトゲトゲだ。
【スタンダードボディ】【会心でやすい】【やいばのボディ】の特性を持つ。
また、+25で【ヒートアップ】、+50で【メラ系のコツ】、新生配合で【負けずぎらい】の特性を得るほか、
メガ、ギガ化で【AI1~3回行動】を、ギガ化で【アンチみかわしアップ】の特性を得る。
序盤で仲間にできるが、やいばのボディのせいで戦闘テンポを悪化させやすいのが難点。
体技使用時には閃光を放ったりと、7の上位種たちの要素も持ち合わせる。
所持スキルは【けもの道】
 
練習をサボったマスターはコイツの上に正座させられるらしい。無事で済むのか、それは。

トルネコ3 Edit

HP4、攻撃力7、防御力4、経験値15(レベル1のステータス)。
【海底山地 ふもと】で初登場の他、【まぼろしの洞くつ】【異世界の迷宮】など一部のクリア後のダンジョンにも出現する。
【炎系】であり、【被ダメージ変換能力】も持っており、ほとんどのダメージを2に変換してしまう。この防御能力の都合上、防御力の数値は実質無意味。
その代わりHPも4と低く、二発で倒せる。
異世界の迷宮では4Fの時点で経験値が15(他が4とか6とか7とか)もあり、アイテムもよく落とすので狩りの対象に。
ただ、どんなに強い武器を以ってしても二発かかるので注意。
【やいばの盾】があれば反射ダメージですぐ倒せる。
浮遊しておらず、地雷で消えず、被ダメージ変換能力があり、攻撃以外の行動はせず、【回復定数】も低い。
よって、フルドープ後は最強ランクのモンスターと言われる。
【サンダーラット】【プラズママウス】とは違い、【モシャスナイト】を恐れる必要が全くないのも利点。

ただし、上位二種のような強力な特技を持たないため、早々に【マージマタンゴ】に毒を吹き掛けられたり、【おおめだま】の睨みを受けてしまったりと、他モンスターの特技を牽制できず、案外すぐに弱体化してしまうのが悩みどころか。

なお、仲間にするには、【ゴールドクロウ】装備でLv79、【クロウアンドレア】装備でLv41以上が必要である。
仲間になった時の成長タイプは【守備・特殊】で、デフォルトネームは「ハリー」。

少年ヤンガス Edit

【まぼろし雪の迷宮】で初登場。系統は獣系。
【あやしいひかり】で毒状態にしたりHPの自然回復を妨げたりするが、どちらも大したことはない。
HPも低いので簡単に倒せるはず。
 
成長限界はレベル15。
レベル8で【いなずまぎり】、16で【くちをふさぐ】を覚える。
配合パターンは【おおきづち】×物質系。
ドラゴン系を相手に配合すると【キラーパンサー】【じごくのハサミ】【ガニラス】血統で【ディープバイター】が作れる。