Top > 【合成の壺】


【合成の壺】

Last-modified: 2019-07-05 (金) 02:08:57

概要 Edit

トルネコ2以降の不思議のダンジョンシリーズに登場する壺。
【合成】を行うことが出来る壺で、初出は【風来のシレン】
2つの武具を合成する【合成屋】と異なり、壺の容量分だけまとめて合成することができる。
【えんとうの指輪】【遠投のお守り】を装備した状態でこれをぶん投げて途方に暮れるのはシリーズの通過儀礼となっており、この失態はトルネコ2の【冒険の記録】、3では【冒険の履歴】に記載される。
後の【錬金釜】の原点とも言えるが向こうとは違い回数制限こそあれどロトの剣やロトの盾などにあらゆる印をつけて名前やデザインそのままに更に強化できるという便利さがある。残念ながら本編には登場しないが…。

トルネコ2 Edit

【トロ遺跡】クリア後から可能。修正値の付いた剣盾をメイン装備に移したい場合は合成屋、特殊能力の継承やより強力な装備をベースに現在の装備を合成する場合などは合成の壺などと使い分けたい。
また、杖の合成はこの壺でしかできない。
初出のシレンでは「武器→盾→武器→武器」といったように間に他のカテゴリーのアイテムを入れた場合、最後の2つしか合成できなかったが、今作からは最初に入れた武器をベースに後の2つがちゃんと合成されるようになっている。
途中で変なものを入れた場合でも合成できるから便利かと思いきや、合成の壺に【つるはし】やベース装備以外のものを最初に間違って入れてしまい、【すいだしの巻物】が無い場合にわざと他カテゴリーのアイテムを間に挟むという手法もあるため、どちらが使い勝手がいいかは各自の判断次第。
合成のベースとなったアイテムは合成後自動的に識別されるので、杖の識別に活用するという手もあるが、こちらはシレンの仕様のまま。
 
【不思議のダンジョン】23階(PS版のみ)、【もっと不思議のダンジョン】23階の【宝物部屋】にはこれが2個置いてある。
眠っている【ばくだんいわ】7匹と【地雷】7個に守られており、爆発させないように取らなければならない。
ワナ対策をしたうえで1匹ずつ部屋の外へおびき出して倒していくか、【場所替えの杖】を駆使しよう。

トルネコ3 Edit

買値3000G、売値1500G。
クリア後ダンジョンでのみ入手可能。
今作では指輪の合成が可能になった。
合成屋の費用が20000Gとかなり高額になったが、【異種合成】ができる【バブリン】系も登場したので、持ち込み可のダンジョンでは影が薄い。
しかしバブリン系が出現しない【異世界の迷宮】ではかなりお世話になる。
特にトルネコで挑む際には最重要アイテムの一つに数えられるので、容量を余さず利用したい。
また【ひとくいばこ】はこの壺には入らず姿を現すので、これで合成の壺自体を識別したり、重要アイテムの人食いチェックに使える。
確実に食えるパンだけを詰め込めるので、食料保存庫として運用されることもある。
【ゴッドスパークの杖】作成には、合成の壺か【ポムポムボム】を使うしかない。

少年ヤンガス Edit

クリア後のみの登場。販売価格は6000G。
バブリン系削除の影響か異種合成が可能になっている。
ただし容量は常に2しかないので複数の武器・盾を一度に合成ということはできなくなってしまった。
未識別時には【メッキの壷】【強化の壷】と勘違いしやすいが、識別済みで「サビずの印」が入っていない武器か盾を入れれば1発で判別できる。