Top > 【はぐれメタルのけん】


【はぐれメタルのけん】

Last-modified: 2019-08-17 (土) 18:53:06

概要 Edit

【はぐれメタル】の体の金属成分を素材とした極めて強力な剣。
DQ4で初登場したが、5以降7まで【メタルキングのけん】に出番をすっかり奪われてしまった。
その後8では【メタルキング】武器が「槍」に転身したため、はぐれメタルの剣が久々に出演。
9では「はぐれメタルの剣を錬金で強化することでメタルキングの剣になる」という新しい立ち位置になっている。
外伝作品ではトルネコシリーズ、少年ヤンガスにも登場する。
 
作品によっては素材や製法の一切が非公開とされているが、【ドラゴンクエスト モンスターズ】にはその製法が記されている。要約すると

死んだはぐれメタルは非常に硬い金属の塊になり、この金属は武器や防具に利用される。
しかし1匹から採取できる加工可能な金属はほんの僅かで、一振りの剣を作るには数百匹分のはぐれメタルが必要。しかも加工するには高位の魔法使いが3日間【ドラゴラム】を吹き掛け、魔力を持ったハンマーで1ヶ月鍛え続けなくてはならない。

……というもの。 
ついでに「このように非常に手間のかかる作業を要するのではぐれメタル製武具は世界に数個しかない」という旨の記述もあるが、これがもしといった防具も同じ製造・採取方法だと更なる必要数となるだろう。
ましてはぐれメタルを一匹倒すだけでも大変なので、この時点での労力は推して知るべし。
しかも素材集めの後は加工のために地獄のような鍛錬。
こんなのを量産しろなど土台無茶な話、非売品なのも無理からぬことである。
 
錬金を利用した入手法もあるものの、一からではなく【古びたつるぎ】などのように復元する方法しか存在しなかった。
しかし、DQ11でついに一から、しかも上記の製造方法などまるで無視して一瞬で作成、量産できるようになってしまった…

DQ4 Edit

攻撃力130。前作FC版DQ3最強の【王者の剣】より10強い。
【勇者】【ライアン】【クリフト】【トルネコ】【ミネア】【ピサロ】が装備可能。
最強の攻撃力も然る事ながら、【メタル系】のモンスター3種に必中2ダメージを与える特性が備わっている。
通常はミスor1ダメージなので、4倍に相当する。
【公式ガイドブック】には「対はぐれメタル戦に効果あり」と書いてあるが、【メタルスライム】【メタルキング】にも同様な効果がある。
文句無しの最強ということも相まって、1本しか手に入らない。
 
クリアするうえでは必ずしも訪れる必要の無い【滝の流れる洞窟】の最深部にあるが、
ここには貴重な【ときのすな】もあるので、両方ともわざわざ入手しに行くだけの価値は十分にある。
【海辺の村】【かわきのいし】を、【ガーデンブルグ】で最後の鍵を入手したら忘れずに入手したい。
FC版では最強の攻撃力を誇り、その割に装備可能なキャラが多く(そのためかやや小振りにデザインされた)、【メタル狩り】にも使えるのが嬉しい。
何より比較的早期に入手できるのがこの剣の魅力で、中盤以降は【きせきのつるぎ】と共に活躍するだろう。
【バイキルト】状態ならばメタル系のモンスターに与えるダメージが4になり、はぐれメタルまでならば一撃必殺も狙っていけるが、AIの仕様上バイキルトを効果的に使うのは非常に難しい。
また、クリフトにこれを装備させる事で【ザラキ】連発を抑制する事も可能。
 
強力さと唯一品という特性が相まって、誰に装備させるのかが非常に悩ましいが、他にも強力な武器を装備可能な勇者・ライアン・トルネコ・ピサロよりも、クリフトやミネアに装備させた方がパーティ全体の戦力を強化できるだろう。
 
ミネアの場合、代替となる強力な武器がない(次点は【マグマのつえ】で攻撃力63と半分以下)。因みにこれはトルネコを語る上で恒例の「【はじゃのつるぎ】(+45)の次は奇跡の剣(+100)まで使える武器がない」をも上回る大ブランクである。
クリフトは奇跡の剣(攻撃力100)、ライアン・トルネコは奇跡の剣に加え更に【みなごろしのけん】(攻撃力120)と他に代替として強力な武器が装備できるので、彼女のレギュラー起用に拘るなら武器はこれを彼女に回さないと攻撃力が激減してしまい戦力的にかなり落ちてしまう。特に【バギクロス】を習得する前は、呪文や呪文効果のあるアイテムを含めても、この剣に代わるダメージソースが全くないので尚更手放せないだろう。
 
ただ、基本的にはクリフトの方が圧倒的に素早いので逃げられる前に先手を取りやすいことからメタル狩りの効率も高いばかりか、打たれ強さや回復呪文の使い勝手も良い。加えてクリフトには、バギクロスどころかダメージ系攻撃呪文が全くなく、ダメージソースはアイテム使用を除けば正真正銘武器攻撃だけであるため、武器の強さが戦闘力に物凄く響く。最終的にはミネア以上にこの剣に代わる攻撃手段が存在しないと言って良く、10でも15でも高いダメージを与えるためにこの武器を装備させる価値がある。
そのため、全体的に考えるとクリフトに持たせるのが妥当な線と言える。力で若干劣るものの大した差ではないので、これを装備することで回復と打撃をバランス良くこなせるようになる。
レベルを上げすぎると、戦闘中の回復が勇者のみで間に合うようになり、メタル狩りをする必要もなくなってくる。その場合、クリフトを控えに回し、これをトルネコかライアンに回すことで、打撃効率は格段に上昇する。
 
一方で装備者の中で最も力が強いライアンに、入手直後から素直に使わせるのも一考の価値あり。
前作DQ3の【戦士】は実質【雷神の剣】(攻撃力95)か【魔神の斧】(攻撃力90)が最強装備だったが、これを装備すれば勇者に力でも武器攻撃力でも勝り、最高に重くて強い一撃を与えてくれる。
力で大きく劣るクリフトやミネアとは違う「さすがは最強剣」という段違いな威力を発揮してくれるだろう。またライアンは、道具使用以外は完全に打撃一択になるため、トルネコと違って他事もしないので、その攻撃力をフルに活かすことにもなる。その場合は呪文効果のあるアイテムをライアンに持たせないほうがいいだろう。
特にボス戦ではこれが最良選択の1つとなる。ボス戦ではクリフトやミネアは回復、蘇生や【フバーハ】対応で大忙しになりがちで打撃攻撃する機会が激減するため、攻撃力を高めておく必要性があまりないからだ。
注意点は、他のキャラに比べてまれに見る鈍足なので、攻撃力が発揮できるのもターンの中で遅くなるということ。特にザコ戦では、その攻撃力が発揮される前に敵に動かれてしまい、余計なダメージを受けがち。また、メタル狩りの効率もクリフトに比べて落ちる。必要な場面を選んで適宜装備するのがよいだろう。
それらを懸念するのであれば、クリフトには普段は他の武器(一番好都合なのはやはり二人とも装備できて且つ強力な奇跡の剣)を装備させておいて、メタル系が出現する地域や、後攻になるのがマズい場所(高火力紙耐久、鉄砲玉タイプの敵が出現する地域など)でのみ、ライアンと武器を交換することで、その不利は吸収できる。
 
トルネコについては、この剣の使用者として特筆に値する点がある。
それはメタル狩りにおいて商人軍団を呼ぶ事で2×3=6ポイントのダメージを1ターンの間に叩き出せる点。
つまりトルネコ単独の攻撃で1ターン以内にメタルキングを倒しうるダメージとなるし、はぐれメタルならば1匹を最初の2発で倒し、もう1匹のはぐれメタルに2ダメージを与えられる可能性も出てくる。
しかし、当たり外れが大きい。商人軍団を呼ぶ確率は1/52であり、他の特殊行動ではメタル系への特効性が無駄になるので、実質的な期待値は案外高くない。
力溜めは1ターンを消費するうえ、残りの10種は攻撃すらしてくれない。転倒会心も特効性は無駄になるが、それ以前に一撃で倒せるので特効云々以前に発動してもらいたい行動である。
しかも、メタル系をなだめて帰らせたり、【ミラーシールド】の反射ダメージを狙っている時にとっさに口を塞ぐなどの余計な事をする可能性もある。トルネコをメタル狩りに参加させるのはギャンブルである。
DS・スマホ版では『なだめる』・『口塞ぎ』が削除されたが、同時に『商人軍団呼び』も削除されてしまったので、メタル狩り目的でトルネコに装備させる意味はほとんど無くなったと言える。
むしろ作戦や命令を無視するうえに、特殊行動自体が弱体化しているため、メタル系に仕掛けた技がことごとく無駄行動になるリスクが大幅に大きくなった。これらの機種では、別のメンバーにこの剣を使わせたほうがいい。
もうひとつ気になるのが、トルネコの素早さ。【ほしふるうでわ】を装備しても、よほど高レベルにならないとはぐれメタルやメタルキングに安定して先攻を取るのは難しい。
但し余談だが、メタル狩りの際の盗み発動は別の次元で極めて有用である。
特にメタルキング相手に発動した場合、倒すことなどどうでもよくなるくらい嬉しいことだろう。

総合的に考えると、メタル狩りでも通常の戦いでもトルネコにこの剣を持たせるのは攻撃力を無駄にしやすい。浪漫を求めたい人以外は、素直に素早いクリフトあたりに装備させる方が良いだろう。
ただしFC版では魔法職は【AI】との相性があまり良くないことから、勇者以外打撃オンリーのパーティで組むと言うのも案外有効である。その場合、勇者やライアンに比べて力で劣るトルネコがこれを使ってカバーするということで一考の余地がある。
 
リメイク版ではこれより攻撃力の高い【グリンガムのムチ】【まかいのつるぎ】、2回攻撃が可能な【はやぶさのけん】、全体攻撃が可能な【はかいのてっきゅう】などが追加されているため、最終的にはクリフトの装備に落ち着く事が多いかもしれない。
【どくばり】やドラゴラムがポンコツになったPS版でもこの剣の効果は生きているので、相対的な価値も非常に上がっている。
また、作戦【めいれいさせろ】の導入により、【ブライ】とのバイキルト連携が取りやすくなったため、メタル狩りでより有効な武器になったと言える。
ただし、PS版のみ会心の守備力無視効果よりもメタル系への特効性が優先されるバグがあり、メタル系に対しては会心発生時のダメージまで2になってしまう点については一応注意が必要。
 
なお【公式ガイドブック】では「『地上』最強の剣」と紹介されている。
PS版で追加されたまかいのつるぎに攻撃力で抜かれてしまっているが、あれは魔界製らしいので、一応矛盾はしていない。
ライアン曰く「戦士だったら一度は手にしてみたい名剣」とのことらしいが、トルネコは「冒険者なら誰もが夢見る」と評している。

DQ8 Edit

メタルキングの剣に長らく出番を奪われてしまっていたが、DQ8で再登場。デザインは新規のものになった。
攻撃力+118と、最強ではないが強力。 【剣スキル】での攻撃力上昇と合わせれば、DQ4以上の威力となる。
装備可能者は【主人公】【ククール】【短剣スキル】を上げた【ゼシカ】。ククールが装備できる剣はレイピア系のみだが、それと同じ位軽量なのだろうか。
入手は錬金のみで、【古びたつるぎ】【オリハルコン】【スライムのかんむり】で作り出せ、
このレシピは【三角谷】で手に入る。貴重品なのに5000Gで売却可。割に合わないというか勿体無いので売らないように。
 
DQ4同様にメタル系を攻撃した際、2ダメージを与える効果を持つ。
しかしいかなる攻撃力強化 (バイキルト、テンション上げ、メタル斬り、会心の一撃) を行っても一律2ダメージであり、加えて【はやぶさ斬り】にだけはこれが適用されないという、微妙な性能となっている。
更に必中でなく敵が避ける事態もあり、これでは即効性に欠ける為、メタル狩りには使いづらくなった。
メタル斬りなどの累積ダメージで倒す際に、ゼシカに持たせて補助的なダメージを見込んで使わせるといいかも知れない。
尤も、【ふしぎなタンバリン】によるブースト効果との兼ね合いも絡んでくるが、
そこは素早さの圧倒的に高いゼシカが使う事で、あと少しの所で倒せそうな時に固定2ダメージが決め手になりうる事だろう。
 
錬金素材としては、【竜神のつるぎ】と合わせると【竜神王のつるぎ】が錬金可能。
【おかしな薬】【うしのふん】で古びたつるぎに戻せるが、よほどレシピ埋めをしたい時以外はやめておこう。
素材であるスライムのかんむりやオリハルコンは貴重品であるため、この剣に使うのがコストパフォーマンスの良い選択だが、
【キングアックス】【メガトンハンマー】などの地雷錬金とされる物に錬金してしまうと、再入手にはかなり苦労するハメになる。

なお各人の審美眼にもよるだろうが、新デザインのこの剣は鞘も含めて相当にカッコいい。
デザイン元の竜神の剣と見比べてこちらの方が好みならば、錬金強化せずにこのまま使い続けるのも十分にアリだろう。
 

3DS版 Edit

長剣が装備可能になった後の【ゲルダ】も装備可能。
メタル系に2ダメージ固定は変わらないが、与えるダメージが2倍になる【ていおうのうでわ】は効果がある。
3DS版ではこの剣とゲルダの【キラージャグリング】の組み合わせが非常に強力。
単純にダメージ量が多いのはもちろんだが、メタル系への2ダメージ効果が全ての攻撃に発生するため、メタルキングでさえも多段ヒットすれば単体なら2ターンで仕留めることが可能。
古びたつるぎは合計三振り手に入るようになったので一振りを竜神王のつるぎ、もう一振りをロトのつるぎにしてしまってもこの剣を一振り残すことができる。ちなみにロトの剣は地域と期間限定だがすれちがい配信で配布するようになった。
ロトのつるぎが無い場合はゲルダにとっての最強装備になり得る。

DQ9 Edit

デザインは8のものとほぼ同じ。
錬金でのみ入手可能。作製方法は【メタスラの剣】【スライムゼリー】×6+オリハルコン。
性能もメタル系へのダメージ増加に攻撃力124と、相変わらず強力。
スライムの冠とオリハルコンと錬金することで、メタルキングの剣が作れる。

DQ11 Edit

特性は9のものとほぼ同じ。デザインは残念ながらメタルキングの剣をほぼ流用したものとなっている。
PS4版において装備した状態でよく見ると、鍔のメタルキング部分がはぐメタになっているのが分かる。

-+1+2+3
攻撃力9396100105

 
【ふしぎな鍛冶】で作成可能。レシピ【はぐメタ装備辞典】に記載。
必要な素材は【メタルのカケラ】x1+【スライムオイル】x1+【ドラゴンのツノ】x2+【ふしぎなひだね】x2。
はぐれメタル数百匹分が必要だという話はどこへ行ったやら…
 
素材面からいえばレシピ入手時には揃っていることが多いものばかりであり、時期的にいえばクリア前では3番目に強い片手剣なのだが、問題なのはこのレシピのある場所が【天空魔城】だということ。
ここでは【ほしくずのつるぎ】が手に入るだけでなく突入時点ですでに【勇者のつるぎ】も持っており、そしてこの2つがこれよりも攻撃力が高い。
ただしほしくずのつるぎは仕様上+補正が付かない武器なので、こちらで+2以上のものを作ればわずかながらに攻撃力を上回ることができる。
【主人公】【カミュ】を片手剣二刀流にしている、【シルビア】【グレイグ】にも片手剣を持たせたい等の理由で片手剣が不足しており、なおかつ天空魔城攻略を一旦中断して鍛冶を行うだけの余裕があるのなら作ってもいいだろう。

トルネコ1 Edit

【せいぎのそろばん】に次ぐ強さ7を誇る武器。
相方の【はぐれメタルのたて】はトルネコ1での最強盾だが、こちらにはより強い武器があるのが悔しい。
 
しかし【せいぎのそろばん】は出現率が低いため、クリアまでお世話になるのははぐれメタルの剣の場合も多い。
とはいってもこっちも出現率が低いのは変わらないので、拾えたらラッキーと思って、大事に使っていこう。
ちなみに、【不思議のダンジョン】より【もっと不思議のダンジョン】の方が出現率が高い。
 
また、最初の【ちょっと不思議のダンジョン】で20回やられると、
その次の冒険から、救済措置としてこれと【はぐれメタルのたて】のセットを王様から貸してもらえるようになる。
 
本家シリーズのような、【はぐれメタル】に2ダメージを与える特殊効果はない。
 

トルネコ2 Edit

火吹き山やトロ遺跡、不思議のダンジョン以降に登場する。
これ以降の作品ではメタルキングの剣が一緒に登場するが、あちらは入手が困難なのでこちらの方が遥かに活躍できる。
特殊な効果は特にないが、強さ12は強力。せいぎのそろばんを拾うまでは主力になるだろう。
前作同様、最初の【ちょっと不思議の草原】で死にまくっているとネネからはぐれメタルの盾と共にコレを使わせてもらえる。
トルネコ2のちょっと不思議でそんなに死ぬことはまずない上、クリアしたら売られてしまうのが悔やまれるが…。
 
GBA版では【身代わり】【かなしばり】【鉄化】の全てをセットできるため、戦士にとって最凶の武器である。

トルネコ3 Edit

【封印の洞くつ】では敵のドロップ以外の方法、【異世界の迷宮】では拾うかへんげの壺で手に入る場合がある。
やっぱり特殊効果はない。
強さは14と充分だが、印数が4なのが少々玉にキズ。持ち込み可能ダンジョンではあまり使えない。
しかし異世界の迷宮では強さは充分。せいぎのそろばんに比べると拾いやすいため、これがメインでもいいだろう。

少年ヤンガス Edit

クリア前のダンジョンである【盗賊王の迷宮】から拾えるのが嬉しい。以降のダンジョンでも拾う事ができる。
「メタル系に1.5倍ダメージ」という念願の特殊効果も得た。
印数4、攻撃力14、上限値30は序盤だと非常に魅力。
クリア前の【インヘーラー】討伐の主力武器として【げんわくの剣】と双璧を成す事だろう。
また【盗賊王の大宮殿】などの主力武器としても充分使える。
ちなみに【ガーゴイルの店】での販売価格と売却価格はなぜかトルネコ3と同じ。というか上限値を除くと印数も攻撃力も同じである。

不思議のダンジョンMOBILEシリーズ Edit

はやぶさの剣+レアメタルで錬金できる剣。
最大攻撃力は65で、メタル系モンスターには2ダメージを与えられる。
MOBILEではそこそこ攻撃力が高い以外に特徴がなかったが、
もっとMOBILEではなぜか全職業が装備可能なので飛躍的に利用価値が増した。
とりあえずこれを鍛えておけばあらゆる職業で使いまわせる上、
非力な魔法使いなどでもそれなりのダメージを与えられるので非常にありがたい存在。

DQB2 Edit

固まったはぐれメタルを素材とした剣。
ちいさなメダルを90枚集めるとレシピを入手でき、【メタルゼリー】3個、【はがねのインゴット】2個で製作できる。
攻撃力は112で、特殊効果はない。攻撃力は【はかいのつるぎ】【はかぶさの剣】)、【ロトのつるぎ】に次ぐ3位。
 
ちいさなメダルを90枚集めるというのは言い換えれば全ての【かいたくレシピ】【ビルダーパズル】をクリアするということであり、ひとまずゲーム内で提示される目標を全て達成したご褒美ということである。素材そのものは【ムーンブルク島】の時点で入手できるものだが、かいたくレシピを全てクリアできるのは【破壊天体シドー】をクリアした後であるため、クリア後にしか作れない。同じくゲームクリア後に作れる武器であるロトのつるぎ、はかいのつるぎと異なり希少価値の高い【オリハルコン】が不要というのはメリットと言えるかも知れない。ただ、レシピの解放は比べ物にならないほど面倒くさいが。
 
確かに、【からっぽ島】の開拓に力を入れたプレイをしており、ゲームクリア後すぐにかいたくレシピをコンプリートすれば、他の剣を入手するまでの間にこの剣を作ってつなぎにする、という考えは出来なくもない。しかしながら、普通にプレイしていればこの剣のレシピを入手するよりも先にロトのつるぎやはかぶさの剣を入手していることが多いと思われる。
 
ムーンブルク島の時点で素材は揃うものの、意外と面倒臭いのがメタルゼリー3個である。セーブ&ロードを活用すれば入手しやすいものの、そういった手段に頼らないプレイヤー、そもそもからっぽ島とそざい島以外の島にあまり行かないプレイヤーにとっては結構ネックである。
 
ロトのつるぎは仲間に装備させることができないため、はかぶさの剣の存在を知らなければ仲間の装備としては最強の剣である。ただ、はかぶさの剣の作り方に気付いてしまうとはかぶさの剣に軍配が上がる。
1本作るのにオリハルコン2個か【ビルダーハート】1500が必要なはかぶさの剣の作成コストは重いが、【メタルキング】狩りで【ヤミヤミ島】を何度も訪れているプレイヤーであればオリハルコンは意外と集まってることも多いかも知れない。
 
そして仲間に装備させることは確かに出来るものの、ゲームクリア後にシドー以外の人間NPCをそれほど連れ歩くことがないということもこの剣の不遇さの理由である。19/1/31のアップデートで【ロトのまよけ】が実装され、からっぽ島では魔物の湧きそのものを完全に封じることができるようになったので、魔物対策として装備させておく必要もなくなった。わざわざ好き好んで湧きを放置するようなプレイヤーなら【はかぶさの剣】作成の手間を惜しむかと言われれば……。
 
……ということで、総じて不遇な武器である。もっとも、全てのかいたくレシピをクリアした証になることは間違いないので、見た目装備として使うのも手だろう。

星ドラ Edit

メタスラの剣を錬金するとこれになる。
メインスキルが超彗星斬りにパワーアップし、サブスロも最大進化で攻撃特技A2個、補助特技A、Bに変化する。