Top > 武器 > 【リッパーナイフ】


武器/【リッパーナイフ】

Last-modified: 2019-07-08 (月) 22:32:43

FF2 Edit

凄まじい切れ味でどんな物も切り裂く、という設定の短剣
攻撃した際にヒット数×20の追加ダメージを与える。
ただしFC版ではバグのため、追加ダメージは表示されるだけで実際は0。
元ネタは立派なナイフではなく切り裂きジャック(Jack the Ripper)だろうか。

 

とにかく物理攻撃が通りにくい2(リメイク)において、かなり使える武器ではないかと思う。
プリンも切れる優秀なナイフ。

  • HIT数×20の追加ダメージがあるおかげで、HIT数を増やすヘイストととても相性がいい。
  • この追加ダメージのおかげで、実質最強のナイフとして君臨してる。なお、数値上は攻撃力や命中率では猫の爪の方が優秀だが、攻撃力はバーサクで、HIT数(命中率)は先述のヘイストで上げられるし、種族特効もオーラで付けられるので、猫の爪の立場がない。

ちなみに、FC版攻略本のイラストでは血と錆びでボロボロのナイフとして描かれていた。
ご丁寧にも「名前は立派(リッパ)なのにボロボロのナイフ」というような
コメントも添えられており、使用意欲をごっそり削いでいった。
一方、徳間書店刊行攻略本の解説には「見た目はボロボロだが相手のアーマーに関係なくダメージを与えられる」と書いてあるが、追加ダメージについての言及はないため「相手の防御力を無視できる」といった
誤解を生みやすい表現であった。

  • 後年のNTT出版のFF1・2の攻略本では、
    「別名、切り裂きナイフとも呼ばれるナイフ。どんな敵をも切り裂くことのできる強靭な刃を持つ」
    というFC版攻略本や徳間書店攻略本のソレとは真逆の内容で真面目な説明がなされている。
    ネタレスで盛り上がったところにマジレスで水を差された気分にさせられるのは、多分気のせいだろう。

最速で手に入れるには、フィン城開放時に戦うボスゴートスから。
攻撃力自体はナイフで2番目に高く、この時期に手に入る武器としてはダントツの数値を誇る。
追加ダメージのないFC版でも、ナイフを使っているなら手に入れて損はない。

他の入手先は、竜巻パラメキア城など(雑魚としてゴートスが出現)。
竜巻では宝箱からも手に入る。
メモファイルやどこでもセーブできる機能などがあるリメイク版では、
ミシディアの塔フレアー入りの宝箱も入手先候補のひとつ。


SORでは、ゴートスとドロップテーブルが同じ敵がいないため、登場しない。
使いたければ本編から持ってくればいいのだが、ナイフ使いがいなければいらないだろう。

  • 猫の爪のモーションが素手に近い為、それを見越してヨーゼフをナイフ使いにしているプレイヤーもいる。
    それなら引き継いでも良いかもしれない。絵面は最悪だが。

GBA版まではこれを落とす敵、これが入ってる宝箱ともに期間限定のダンジョンにしかなかったのだが、PSP版では秘紋の迷宮ではその敵が現れるフロアがある他、「オアシス」のフロアで拾えることもある。

PFF Edit

高難度イベント「竜の巣に挑むもの」で一定確率で入手可能なレア5の短剣
レベル最大時のステータスは+128、HP+150、素早さ+38、幸運+20。

FFRK Edit

FF2、JOB共鳴の短剣として登場している。

  • 「リッパーナイフ【II】」
    レア3。FF2のイベントダンジョンで報酬として設定されていることがある。
    ステータスは下記。()は共鳴時。
    Lv攻撃力命中
    120(43)89
    1034(78)
    1541(100)
    2048(122)
    2556(144)
  • 「リッパーナイフ」
    レア5。ウェッジの閃技「フェアリースター?」付き。
    修得ボーナスは攻撃力+5・魔力+5。