☆5/ミカエラ・ザッカルド

Last-modified: 2019-07-27 (土) 06:44:33

ミカエラ・ザッカルド Edit

ミカエラ2.png

job4.pngファランクス ★5            ◆社員勧誘実績

HP物攻魔攻物防魔防
260218568
STRINTVITPIEAGILUKDEX
1885258711
作戦強敵をつぶせ! / 素早い攻撃をとめろ!
自己紹介訳あって、流浪の旅を続けています。
私がここで足を止めたのは、それが運命だから…でしょうか。
目録三相天位「黄金騎士」。三相女神ラケシスの意志を具現化するために選ばれた、天位級の力を持つ騎士である。
幼い頃は感受性が強く、苛立ちを暴力として、手当たり次第にぶつける手のつけられない不良であった。
先代黄金騎士に師事するようになってからは、先代の"騎士としての力と自身を律する精神"に魅せられ、徐々に黄金の精神に憧れを抱くようになる。先代の死の間際、「ラケシスの輝槍」は次なる黄金騎士にミカエラを指名する。ミカエラは黄金騎士の名と共に、先代の精神そのものを受け継ぐことを決意した。
引継あなたの意志、確かに受け取りました。
昇進私にはもったいない役目...一命を賭して、果たしてみせましょう。
※ネタバレ防止のため反転させてあります。
Illust天草帳
CV内田彩

ボイス一覧(+をクリックでオープン)

秘書時
入室社長。
帰社お帰り。お疲れ様。
放置社長。貴方は私が護ります。もう、失いたくないの。大切な人を…
社長室クリック1う、うん…分かってる。気持ちでは分かってる。で、でも…その…ちょっと、怖いの。――っ!わ、笑うな!笑うなよ、もう…
社長室クリック2ひぁっ!て、てめぇ!ざけんじゃ――っ!…あ。え、えーと。い、今のは…忘れて?
社長室クリック3
(要ボイスストーン)
ば、ばか!あ、あの頃は私だって…その…怖かったの。しょうがないでしょ!?でも、今は…今は――って、何言わせようとしてんのよ!まったく、もう…
※ネタバレ防止のため反転させてあります。
装備製作時
(+3製作成功)
これは…!紛れもなく、本物の輝き…!
クエスト時
クエスト出撃
(リーダー時)
さあ、始めようか。
攻撃やっ!
クリティカルざけんじゃねぇ!
回避その程度で。
瀕死当てて、来るか…
戦闘不能例え、この身が朽ち果てようと…私は…!
戦闘勝利欲望の行き着く先は闇。道を誤ってはいけません。
その他
入社時
(履歴書雇用)
私の名はミカエラ。ミカエラ・ザッカルド。この一命を賭して、皆を御護り致します。
自己紹介
(ドロップ/目録)
(※上記別欄『自己紹介』と内容は同じ)
レベルアップ師よ。また一歩、貴方に近付けました。
クラスアップラケシス…分かっています。この力は私の為にあるのではない。
編成/施設配置任せて。
解雇(戦闘不能と同様?)
用途不明(目録)
  • 2016年7月29日アップデートで実装。
  • 【専用武器】:ラケシスの輝槍
    (2016/8/19アップデート:キャラクターストーリー・Episode 1「ナイト・オブ・ゴールド」初回クリア報酬)
    • +3専用スキル「天技スティティ」は、高倍率の単体必中攻撃(光属性)+一定確率で味方全体に防御UPバフを付与する。攻撃と支援の連続行動。
    • 攻撃時の順序は、単体攻撃→味方への防御アップ。防御UPバフの付与は、パーティメンバー1人ずつ成否判定がある。
    • 攻撃は命中に寄らず必中。一部ボスなど必中属性持ち狙いの敵の行動を誘導できるので有能な盾役になれる。
  • 【専用防具】:ラケシスの輝鎧
    (2019/07/26アップデート:キャラクターストーリー・Episode 2「乾坤の二人」初回クリア報酬)
  • キャラ備考
    • 三相天位「黄金騎士」。三相女神ラケシスの意志を具現化するために選ばれた、天位級の力を持つ騎士。
      • 「天位」「ラケ(キ)シス」「ナイト・オブ・ゴールド」で某長期連載コミックを連想する人も多いのでは…
      • 先代はパトリツィア・バウドで、ノイバウテンとの全面対決の際に受けた傷が元で死亡。
        黄金騎士は私闘が禁じられているため、ミカエラに継承したのちの事である。
    • 幼い頃は感受性が強く、苛立ちを暴力として、手当たり次第にぶつける手のつけられない不良であった。
      • ようするに元ヤン。そのためか、感情が高ぶる場面では素の性格が表面化してしまう。
    • 黄金騎士は他の三相天位と違って行動の制約が緩いため、各地を回って傭兵稼業的な事をしており、
      それが縁で知り合ったルーナの話をきっかけに履歴書を送ってきた。
      (任務の暇を持て余していたという理由も大きかった)
    • ノイバウテンのサラ=ムーンとは古くからの知り合いで、似たような境遇からのシンパシーを感じており、
      彼女がノイバウテンのリーダーである事に苛立ちが募っている。
      • これは、ノイバウテン自体は黄金騎士の理念に反する存在だが、創立者のキース自身については認めており、
        先代共々互いの領分については不干渉としてきた。しかし、キースが死んで組織が変質した事を知りつつも、
        そのキースの理念を受け継いだサラ=ムーンが組織を率いている事情によるもの。