Top > Vtuber甲子園


Vtuber甲子園

Last-modified: 2019-09-17 (火) 22:59:36

2019年8月17日の13時から配信予定のVtuber甲子園、およびそれに関する各ライバーの「栄冠ナイン」配信の情報をまとめます。
司による告知ツイート

配信場所

  • 育成モード
    • 各ライバーのチャンネル
  • 本戦
    • REALITY FESTIVAL3
    • 決勝以外は司のチャンネルでも配信された(声と試合の映像のみ)。

参加メンバー

概要 Edit

  • 「実況パワフルプロ野球2018」の「栄冠ナインモード」をゲーム内時間の3年間プレイし、他メンバーをもとにしたチームを作成。その後対戦させる。
  • 以前司と唯華が「パワクズ」と称して対戦し、大いに盛り上がった企画の発展版。司は今回実況解説に回ってしまうが、にじさんじからスポーツ好きの舞元が参加し、さらにホロライブ代表のスバル、upd8代表のメイカが参加しさらなる盛り上がりが期待される。
  • 以前の「パワクズ」では単なるゲームの対戦ではなくメンバーの名前を関した選手たちが繰り広げる青春ドラマが大いに注目された。今回も育成段階の時点で様々なドラマが生まれている。必見。

にじさんじ農業 Edit

監督…舞元啓介舞元啓介 野球知識で運をカバーできる優秀な監督。彼曰く守備と打撃は12球団中最強らしい。なおV甲子園に参加したのは4球団 投手に関しては事故っていると語ったが…

登録名元ライバー学年ポジション特記事項
剣持剣持刀也剣持刀也3年生投手スロースターターの尻上がりでにじ農唯一の先発。*1。虚空ボール、球持投也球持ち◯、逃げ球、勝ち運持ちでシンプルに強い。にじ農では唯一、参加選手の中でも数人しかいない星300超え。優秀な大エースとしてにじ農を支えたが、地区大会三回戦目で限界を迎えてしまったのかトラウマレベルの悲劇を起こしてしまう…。*2
致命的な欠点スロースターターがある為本番は中継ぎ担当、好投を繰り広げる。フォアボールに苛つき笹木にデッドボールをお見舞いしてしまうシーンも…余談だが、この日の剣持の配信の概要欄には「特技:ハッピーエンドに辿り着く事」との記載が。にじ農の剣持は最後の夏でバッドエンドに向かってしまったが、本番では優勝した上になんと舞元の一押し球団楽天に指名され監督を笑顔にするという文字通りのハッピーエンドに。その後舞元の配信マイライフにも登場するが、そちらでは広島東洋カープに入団した。*3
伏見伏見ガク伏見ガク3年生捕手/一塁最初は剣持とのバッテリーだったが、先輩と後輩が優秀だった為1年次にコンバートし、2年でキャッチャーとして使われそうになる*4ものの結局センシティブ雨森がキャッチャーBを取得した為現在は一塁を守る。打率の安定したパワーヒッターかつ好打者でもあり、得点源の一人。因みにキャプテンになってからおはガクの代わりとでも言うかのようにグラウンドを整備しており、地味に育成に貢献している。
本番のリーグ戦で異常に打ちまくったため最終戦では4番へ。左投手には弱く抑えられてしまう伏見だが、粘り打ちを発揮し…。本番調子が良く打っている時と最後の最後のタイミングで本人がツイートをしており、視聴者から激励されていた。そして最後には占い師となった。中堅校なので三人までしかプロに行けなかったが、普通にプロ入りもあり得た程有能であった。
夕陽夕陽リリ夕陽リリ2年生三塁代打。対エースを所持している為ここぞという時に採用されるだろう。育成時も下位打線であるピッチャーの代わりに打席に立っているが成績はいまいち。しかしステは悪くない。
代打で採用された。なかなか振るわなかったものの、剣持の代打として数回出場。とある試合で遂に初安打を打ち、健闘してくれた未来人。そして三年になって遂にスタメンへ。にじ農を支えられる存在になる。
家長家長むぎ家長むぎ1年生外野手3年かけてようやくハピトリ集合!なのだがベンチにも入れない模様……彼女のステが表示された時、「床腐らせてそう」とのコメが多発した。可哀想に…。本番終了後も(視聴者から)割と不憫な扱いを受けていたが、ステータスは悪くなかった。
宇志海宇志海いちご宇志海いちご1年生投手ストロベルシナジーで採用。投手が薄い為彼女も最終戦でワンポイントで使われる可能性があったが、まさかのユードリック、でびでびがスタミナギリギリで好投。剣持に余裕があったため使われなかった。そして2年になってから一気にステを伸ばし優秀な抑えに。強くて可愛い。
りりむ魔界ノりりむ魔界ノりりむ2年生投手/外野/三塁にじ農の少ない投手候補だったが、野手能力が高くコンバートされたいい女。非常に強力な防御が出来る野手でありながら打撃能力も高い。二年ながらもそれなりにいい性能を発揮。
本番でもいい女を発揮しヒットを打った上に守りも強かった。三年になってからいきなりホームランを打ち、もはや最強の女に。そして更にコンバートされ外野もできるようになった。しかし投手に未練があったのかSFFを唐突に覚え、監督をかなり重症の*5パニックに陥れた。
葛葉葛葉葛葉3年生外野チームプレイが苦手だったが三年の大会前に覚醒した。エモい。ムード◯なのでベンチにいるだけでチームの能力が上がる。元々かなり打ててはいたが三年の打率がまさかの9割(視聴者情報)。固め打ちである為、一本打てればどんどん波に乗っていける。
本番、一試合目は抑えられメイカの陰謀もありプレミ疑惑がかかったが、二試合目からは一気に覚醒。にじ農の打線を支えたヒーロー。決勝ではホロ女の大エースミオから三安打。点には絡まなかったものの、チャンスを切り開き相手のスタミナを削った。本番終了後になろう系主人公風のツイートをして、視聴者に激励されたが本当に彼が配信を見ていたかは不明。そしてプロになり、ユニフォームを着た姿で来校。にじ農に入ってきた卯月のムード×を消した。マイライフ配信では千葉ロッテマリーンズに入団。
社築社築1年生投手バント職人。最後の足柄戦で出場した。
舞元は中継ぎで使い潰すつもりだったようだがステがゴミすぎて断念(強さの指標の一つである星の数が育成開始時に60を切る。にじ農ではユードリックに継ぐ低ステスタートである)。しかし2年になってから投げられるように。中継ぎにはなれなかったものの、初期のステを覆し十分強いピッチャーに。
センシティブ雨森雨森小夜雨森小夜2年生捕手キャッチャーBを取得しガク君から剣持の相棒の座を譲り受けた。熱い。非常に優秀な正捕手であり、下位打線のはずだが打てる。投手層が薄いにじ農の救世主。
キャッチャーとしては勿論、チャンスCと左投手Cのお陰で本番の打線もステータスにそぐわない大活躍。彼女の話題が出ると「啓介ぇ❤️」のコメがちょくちょくみられる。どうやらにじ農の小夜ちゃんも舞元と墾田永年私財法の関係らしい。剣持が虚空ボールを取得したのをいい事にセンシティブすぎるリードを発揮。虚空ボールを信用しすぎホームランを打たれて監督に悲痛な叫び声をあげさせたが、真の意味でのラストボールに虚空ボールを選択する強心臓っぷりを発揮。そして結果は…。もちろん三年でも打つし守れるキャッチャーに。
鷹宮鷹宮リオン鷹宮リオン2年生二塁代打として採用。育成時には伝令として活躍。「打つよ!」「守りな!」何の間違いか入学時の偏差値が一番高く、金と権力の疑惑をかけられた。(とはいえ他の三年も二年次に偏差値がカンストしている。怖い。)サヨナラ男を所持している。にじ農リオンの唯一の登板をみていたライバーリオンがホームラン料3億円を請求するも安打は打ったがホームランは打っていなかった。
本番では残念ながら出番なし。だが三年になってから舞元の独断でヘッドスライディングとパワーヒッターを習得することになる。泥臭いお嬢様だ…
竜胆尊竜胆尊竜胆尊3年生外野「こんばんわじゃ(盗塁)」通称ミコライオ。優秀なバッターであり、盗塁も出来る。安定した打率がある。
走力が高く、盗塁Bもある上にホーム突入持ちと、とにかく塁を走ることに定評アリ。本番では初球から打ち、打ち、打ちまくり一番として素晴らしい成績を残した。ほぼ全てのベストナインに入るなど超優秀な一番。最終戦の八回裏ではヒットを打ちに行くと思いきや…。仲間思いな一面が見られた。そしてドラフト4位でロッテにプロ入り。四月早々から一軍入りを目指し頑張っている模様。マイライフ配信では福岡ソフトバンクホークスに入団、口調の違和感で舞元を困惑させた。*6
でびでびでびでび・でびるでびでび・でびる2年生投手V甲子園の二人の化け物の黒い方。あん肝の色違いやら日焼けやらオルタやら散々言われていたのでネタ枠に見えるが、二人して致命的な弱点を持つ上に低ステスタートのユードリック・剣持コンビを支える貴重なピッチャー。難点はクイックFくらい。
キレ◯持ちなので変化球が得意。更に対ピンチCとそこそこ高いため劣勢時適性は恐らく剣持より高い。本番では見事に相手打線をスタミナギリギリまで抑え、オープナーとして注目を浴びた。最終戦でも異界の扉を開き、一度は申告敬遠を考えた舞元からの信頼の力でピンチを抑え大活躍。画面の圧が恐ろしくなること間違いなしのあんきもとのバケモノ対決は見られなかった。残念なんと三年でクイックFを克服した挙句、剣持が持っていた得能を全て習得。ステも含め完全上位互換と化した。スロスタなしのエースが見たかった人にとっては熱い展開となった。そして本番でも好投。120球以上投げられる星300を軽く超えるまさに悪魔級の投手へ。
りつきん桜凛月桜凛月1年生三塁監督の采配で守備が出来るように育成された。守備面に不安が残るりりむの代わりに出てくる可能性はあったが全体的に打線中心の試合なので出てこなかった。2年では彼女ができ舞元を驚かせた。守備面での優秀さを引きのばしつつ弱かった打撃も補強されいい感じに育った。
力一ジョー・力一ジョー・力一3年生ステータスは優秀なのに何かと良いところがない監督の相棒。というか練習より勉強がしたいです監督 内気なので魔物ガチャが出来る上に威圧感持ちでステも高い。しかし育成時の打率はソシャゲガチャで最高レアが当たる確率と変わらない(と視聴者に言われまくった。実際最後も打率1割で終わったような…)。
本番はなかなか打てなかったが相手を威圧して着実にスタミナを削った。最終試合では二番だったためよりその役割ができたと言える。打てに打てない場面が多かったが最終戦、舞元の「相棒!」の叫びに…。そして最後はならず者に。舞元は相棒がまともな職につかなかったので少し悲しそうだったが、結構笑っていたのでまあいっか!
ベルモンドベルモンド・バンデラスベルモンド・バンデラス2年生外野・一塁楽天ファンの舞元に舞い降りた元楽天山崎の転生。ベルモンド・ヨバンデス。圧倒的パワーでにじ農の4番を務めるのだが……赤特二つ持ちの影響もあり意外と当たらない。力一とセットで打てない強打者として育成時にネタにされていた。「今日いじり倒すかも」と舞元が頼んだら即刻で収録してくれた専用ボイスがある。「よばんです」なお喋らせない方が打ててしまう。悲しい。
本番では6回フライを出すものの、大事な場面で打つことができたので結果オーライ。最後の試合では伏見に4番を譲り、5番デスになる。そして本番が終わり、三年になって突如覚醒。三振と併殺を消し、得能を8つにまで増やし最強の4番になり彼女まで出来る。舞元「なんで本番前にこうならなかった…!」これはしゃあない。
三枝三枝明那三枝明那1年生二塁赤メッシュを再現しようとして最終的にスカウターを装着させられる。一応ベンチにはいたが出番なし。2年になってからは伝令担当に。
愛園愛園愛美愛園愛美1年生青特がローボールヒッターでちょっといやらしい(?)センシティブガール。育成時、特に見せ場はなく、本番も使われないと思われる。部室で本を読んでいただけで弾道が上がり、監督に「それはがんばれがんばれ的な本なのでは」と困惑されつつも笑われた。にじ農ファンからの評判が高いシーンであり、試合に出ずとも愛されていた。そして2年になってもう一回本を読んだ。再放送に舞元も視聴者も困惑した。そしてライバー愛園がその時のスクショを貼ったツイートをRTした。そしてローボールヒッターを失いハイボールヒッターに。センシティブだなぁ…。(因みに2年になって代打として活躍しました)
鈴原鈴原るる鈴原るる2年生一塁/二塁/外野こんるる~(守備職人)。なんやかんやでいてくれて安心する安定したセンターラインの守りの要。彼女も舞元のコンバートを受けている(元々は一塁を守っていたが当時2年の伏見が一年の時点で既に一塁手にコンバートされていたため)葛葉と同じ固め打ちで、ステは低めだが一発打てばパワーをあげることができる。
本番でも守備職人を発揮。残念ながら打線は三振があり振るわなかったがそれでも相当な活躍をした。なおホロ女のスバルは彼女と視聴者のせいでこんるる恐怖症を発症し、そのままこんばんはじゃ恐怖症も発症してしまった模様。そして三年になり三振が消え、尊様を超えるリードオフマンへ…。
社長加賀美ハヤト加賀美ハヤト1年生捕手・一塁非常に高スペックな為できればあと一年早く来てほしかった存在。お前…野球もできるのか…?一年で最もステが高い。育成時も本番の選手紹介時もコメ欄で「あと一年早く来い」と言われまくっていた。2年になってからは一塁へコンバート。守備能力が高いため外野でもよかったが如何せん他の面子との組み合わせが上手くいかなかったので仕方ない。お母さんが二回学校へ訪問してきた。真面目な方らしい。
ユードリックユードリック3年生投手・外野星48に加えて寸前、シュート回転持ちというこれでもかという低能力で、弄らないために封印するつもりが、頼みの剣持も酷い有様だった為封印仕切れず結局覚醒して大活躍。合宿で一気に青特を取ったり、クイックをBにしたりと監督は望んでいないのに有能になっていき、剣持がインフルで投げられなかった2年次の試合で登用され、勝利を収められる程に強くなっていた。最後には146キロで投げれる優秀な中継ぎへと成長。偏差値29から75への大躍進、監督に進路相談をする、にじ農で唯一彼女がいるなど何かとネタにしやすい
一試合目は剣持のスタミナが限界に達し、寸前があるのにまさかの9回を投げることに。しかしそんなの彼には関係なかったのか着実にストライクを取り試合を決めた。二試合目以降はスロスタのある剣持の代わりに先発を務めた。そして低ステなのに二塁打を打ち、かつての怖ろしさを少しだけ匂わせた。最終戦も先発、手に汗握る激闘を低ステであるのに五回の途中までしっかり抑えてバトンタッチ。しかしバントがヘッタクソ。最後にはミゾット社員になるが、同時に出てきた恐ろしい防御率を舞元に指摘された。
COO岩永太貴1年生外野いわいわいわ。みんな大好きCOO。今回は出場しなかった。2年になって、特訓の度に出てくるが舞元は目もくれなかった。可哀想に。
  • にじさんじメンバーの所属する農業高校。おなじくにじさんじメンバーを育成する唯華とはドラフトでメンバーを採用しあったため、被りはない。(大会終了後には被りを気にせずメンバーを入れまくった)
  • 監督の同期であるseeds2期生を中心に構成されている。そこからのシナジーで元二期生も半数を採用。追加メンバーは統合後が多い。
  • 農業高校でありながら異常に学力が高い。三年は全員偏差値75。
  • にじ農メンバーの内、剣持刀也、竜胆尊、葛葉(非ライバーでは相馬と深町も)が舞元のマイライフに参戦。Vtuber甲子園から更にパワーアップした三人と、屈指のパワーヒッター舞元の対決が見られるかも。因みに剣持と相馬は投手なので舞元との勝負シーンがある可能性が高い。全員#8から登場。

非メンバーのエピソード Edit

  • 足柄農業
    • ライバル高校。最初は格下で経験値狩りに練習試合をしていたがある時覚醒する。その後も何度となく戦いそして3年目の1回戦で互いのすべてをぶつけ合う。実質決勝とすら呼ばれた。大会終了後の追加の一年で強豪「足柄工業」の存在が発覚する…。
  • 相馬
    • 2年目の要となったモブ選手。選手としてもだが先輩としても優秀。ユードリックを始め三年の学力を底上げした。振り返り放送で彼のにじ農への貢献度の強さが露呈。どうかホロ女も救ってあげてください。そして最後にはベルさんと鈴原を救った。

にじさんじ高校 Edit

監督…椎名唯華椎名唯華:パワクズから続投。豪運の持ち主ではあるが知識が少ない上に時々育成が適当。でも可愛いので万事OKです。

登録名元メンバー学年ポジション特記事項
月ノ月ノ美兎月ノ美兎3年生投手にじさんじのエースでキャプテンと言えばわたくし!と思ってたんですけどどっちもネットワークの方に奪われました……。
とはいえ本番の天開があまりにも打たれるのでガスマスクをつけて火消しエースになった。椎名の采配が雑な為疲れても投げさせられるシーンが...
でろーん樋口楓樋口楓2年生投手本来なら日の目を見ることはなかったが、月ノ、天開、ほんひま、ロアが打たれてスタミナを削られた結果、エクスとの二択になってしまいまさかの登板。意外と強く三振で抑えるシーンも。
しずりん静凛静凛2年生二塁守りが薄いにじ高の唯一かもしれない守りの要。本番で大活躍。
叶1年生外野パワクズ時代は投手として唯華を支えたが今回の活躍は厳しいか…?と思いきや代打の存在に気づいた椎名に出場させられる。一回はアウトに取られるも、一巡して来た出番でヒットを打ち相手に追い討ちをかけた。キャラクリが「全く似ていない」という評価を大量獲得した。そして大会終了後の椎名の配信ではにじ高の叶そっくりの打者が敵に現れ物議を醸した。
赤羽赤羽葉子赤羽葉子1年生三塁
ひまわり本間ひまわり本間ひまわり1年生投手にじ高に現れた転生投手。天開、月ノが倒れた試合で登板するも、1年ではキツかったのか相手打線に打たれるシーンが目立った。全体的に優秀だが負け運が少し辛い。
笹木笹木咲笹木咲3年生外野・二塁内気のため唯華お得意の魔物ガチャが使える。結構優秀なのだが監督からの扱いは割と雑。笹木は不憫。育成時にデッドボールを受けたが、本番ではまさかのにじ農エースの剣持に1球でデッドボールを食らう。(因みに剣持は前の打席をフォアボールにしてしまい投げやりになっていた)
ドーラドーラドーラ1年生外野・三塁
チャイカ花畑チャイカ花畑チャイカ1年生外野結局今年もまともな練習はできなかった。英雄と一緒に二軍入り。
卯月卯月コウ卯月コウ3年生外野・捕手ムード×すぐ空気を悪くするため戦力外通告を受けかけていたが(一人でライバー卯月がプニキで打撃練習をした成果か)後に覚醒。デッドボール王優勝です! 内気なので魔物ガチャにも貢献できる。実況に「空気悪くね?」と弄られまくっていた。
神田叶神田笑一1年生外野・捕手アバターの作りやすさがピカイチだった。椎名の振り返り配信で叶との区別がつかず困惑する視聴者が現れた。
ロア夢月ロア夢月ロア2年生投手本番で月ノ美兎と天開か崩れた結果登板することになる。それなりに相手を抑えていた。
先生郡道美玲郡道美玲2年生圧倒的打撃センスを持ち、ユードリック(パワクズ)の生まれ変わりと称されている。四十肩なので型が弱い。
本番のリーグ戦、大空スバルのホロ女相手に逆転満塁ホームランを叩き込んだ。そしてにじさんじ対決でもホームランを放ち、相手エースを早めに崩す大活躍をした。
ギバラ御伽原江良御伽原江良2年生捕手
戎亥戌亥とこ戌亥とこ2年生一塁「戌」の字が見つからなかったので「戎」で誤魔化した。オッドアイは色付き片眼鏡で再現。
アンジュアンジュ・カトリーナアンジュ・カトリーナ3年生捕手コウのムード×を帳消しにするためムード〇を覚えた。モノクルをかけているという唯華のアバター作成センスが光る選手。なお本名は…
リゼリゼ・ヘルエスタリゼ・ヘルエスタ3年生外野インナーカラーを再現するためにひげをはやされた。結果レイヤーがおかしい感じになった。選手としては非常に優秀で、今大会でも相当強いリードオフマンになれそうだったが椎名は一番に置かなかった。
エクスエクス・アルビオエクス・アルビオ1年生投手見た目の再現度が高い。がステータスがゴミすぎてボロクソに言われる可哀想なエビ。本番もしでろーんが打たれていれば出番はあっただろうが流石にステがゴミすぎて使われなかった。使われていれば打たれまくっただろうからある意味救われていたのかもしれない…
葉山葉山舞鈴葉山舞鈴1年生捕手
天開天開司3年生投手ネットワークなのににじさんじのエースでキャプテン。先発なのにスタミナを大量消費するナックルを覚えさせられた点以外は非常に優秀で、本番は三振を奪いまくる。ちなみに採用理由は作りやすいから
育成時の覚醒は何処へやら、本番ホロ女相手に打たれまくり、司本人から「なにやってるんだよ天開!」とキレられた。スタミナBがあっという間になくなっていく様は圧巻。本番終了後の振り返り配信でにじ高を出たいと苦言を呈し(鯨原因は椎名に本番で下手と言われたかららしい)、ホロ女のあん肝とトレードされそうになったり、投手が異常に薄いにじ農から先発オファーを貰った。
  • にじさんじ最強のJK組をそろえた最強の高校……かもしれない。
  • 選手の能力もさながら監督の強運が非常に強力である。
  • 本番リーグ戦ホロ女相手にもその運を発揮。最終回0ー8という絶望的な状況から、逆転し勝利を収めた。これが運ゲーマーズです。ホロ女の投手あんきもは死亡した。

非メンバーのエピソード Edit

  • 石田
    二年目のキャプテン。あまりの優秀さにリスナーから絶大な支持を誇った。

動画一覧 Edit

本番前(共通) Edit

[2019/7/10]【#Vtuber甲子園】にじさんじ選手ドラフト会議!~舞元には絶対に負けない~【椎名唯華/にじさんじ】
舞元と唯華による選出ライバーの取り合い。ここでだれを育成するかが決まる。

本番前(舞元啓介舞元啓介) Edit

[2019/7/17]【栄冠ナイン】パワプロの夏、にじさんじライバーで迎える夏 #1【#Vtuber甲子園】
一年目のキャラメイクのみ。本企画の参加者でホロライブの大空スバルと二人での配信。
[2019/7/20]【栄冠ナイン】パワプロの夏、にじさんじライバーで迎える夏 #2【#Vtuber甲子園】
二年目のキャラメイクまで。化け物ことでびちゃんが爆誕する。
[2019/7/28]【栄冠ナイン】パワプロの夏、にじさんじライバーで迎える夏 #3【#Vtuber甲子園】
二年目の夏。――にじ農覚醒
[2019/8/3]【栄冠ナイン】パワプロの夏、にじさんじライバーで迎える夏 #4【#Vtuber甲子園】
三年目のキャラメイクまで。
[2019/8/4]【栄冠ナイン】パワプロの夏、にじさんじライバーで迎える夏 #Final
――夏の終わりがまだここにある。

本番前(椎名唯華椎名唯華) Edit

[2019/7/27]【#Vtuber甲子園】1年目☆にじさんじ高校甲子園への道再び!勝ちます。【にじさんじ椎名唯華】
一年目から二年目のキャラメイクまで一気に駆け抜けます。
[2019/7/28]【#Vtuber甲子園】2年目☆にじさんじ高校甲子園への道再び!勝ちます。【にじさんじ椎名唯華】
二年目の夏まで。必見の名試合。
[2019/7/29]【#Vtuber甲子園】3年目☆にじさんじ高校甲子園への道再び!勝ちます。【にじさんじ椎名唯華】
三年目のキャラメイクまで。
[2019/7/30]【#Vtuber甲子園】3年目甲子園☆にじさんじ高校甲子園への道再び!勝ちます。【にじさんじ椎名唯華】
最終回。全力の夏が幕を上げる。

本番 Edit

[2019/8/17]【#Vtuber甲子園】リーグ戦
決勝以外はこちらでみれる。コメント付き。
[2019/8/17]「VTuber甲子園 -優勝決勝戦-」
決勝。長い夏の一つの区切り。

本番終了後の関連配信 Edit

[2019/8/19]【緊急集合】Vtuber甲子園振り返り放送【夏の思い出】
椎名以外全員参加の振り返り。
[2019/8/20]【#Vtuber甲子園】3年目☆にじさんじ高校甲子園への道 ~卒業~【にじさんじ椎名唯華】
上述の振り返りに参加できなかった椎名の振り返り配信。3年の卒業まで進めている。
[2019/8/31]【栄冠ナイン】にじさんじ農業高校野球部【#Vtuber甲子園】
舞元のにじ農最終回。ベルさん覚醒回。3年卒業までのつもりだったがその後の夏まで延長した。






*1 ドラフト時に語られた印象では剣持は3番打者だったので投手になる可能性は0のはずだったが、舞元が剣持の配信開始の遅延を把握していた為採用される。
*2 九回でスタミナが切れてしまったのがエラーの原因ではと予測されているが、でびが不調かつユードリックは寸前持ちだった為あの場で投げられるのは剣持だけであった
*3 マイライフではランダムで球団が割り当てられるのだが、舞元はそんなことを知らず刀也とバッテリーを組む気だったのでショックを受けることになった。仕様を知らなかった一部視聴者も驚くことに。
*4 実は2年次に一試合だけ咎人バッテリーが実現するも、守備が弱かった事もあり敗北している
*5 あまりに驚いてSFFの正式名称を数十秒ど忘れしてしまうほど
*6 一人称がオレで敬語。舞元のマイライフに登場しているキャラで例えると剣持と葛葉を足して二で割ったような口調。