【シャインスコール】

Last-modified: 2020-01-25 (土) 00:29:22

概要

8以降に登場する、【ブーメラン(スキル)】で修得する特技。
ブーメランを天に向かって投げつけ、光の雨を降らせて攻撃する。

DQ8

【主人公】がブーメランスキル82ptで習得可能。消費MPは8。
公式ガイドブックでは【シャイニングボウ】と同じくシャイン系となっているが、実は【イオ系】とほぼ同じ。
光の雨を降らせて、敵全体に76~84のダメージを与える。
 
この特技を覚える頃には、主人公は【ベギラゴン】などの強力な呪文・特技を覚えていることが多く、使い勝手は微妙。
【超パワフルスロー】のほうが使い勝手がいいのであまり使う必要は無いだろう。

DQ9

ブーメランスキル42ptで習得可能。
敵全体に95~115の大ダメージを与えるうえに、消費MPは6と少なくなった。
 
【光属性】なので弱点とする敵が多く、通常戦闘はもちろんのことボス戦でも十分役立つ。
習得も42ptと早いので、スキルポイントを使っていなければ早い時期に習得することが可能。
クリア後ややり込みを続けていくと威力不足になるものの、クリア前に覚えてしまえばかなりの威力を発揮するだろう。
もっとも、クリア前にこれを有効活用できるとしたら【レンジャー】しかいないため、実用性はあるもののブーメランの使い手が少ないこと自体が難点となっている。

DQ10

ブーメランスキル58ptで習得可能。消費MPは6。
守備力無視の光属性ダメージ45~55を範囲内の敵に与える。
こうげき魔力50から威力が上がり始め、500で頭打ち(ダメージは100~110)になる。
詳しくはこちらを参照。

DQ11

【カミュ】【ブーメラン(スキル)】で習得可能(ひみつパネル)。
消費MP10。敵全体に80前後、最大で130前後の光属性ダメージ。
ダメージ量は攻撃魔力に依存する。
 
最低威力は【イオラ】と同じくらいでSPをブーメランに極振りにすれば最短だとレベル22、【デュアルカッター】を経由してもレベル24で習得できるため、【主人公(DQ11)】【ベロニカ】のイオラより先に習得することも可能。
カミュのMPが最短習得時でギリギリ60越え、Lv30を超えてようやくMPが80になるためコスパ面が気になるものの、こちらを最短習得してからベロニカがイオラを覚えるには【はぐれメタル】を乱獲しない限り結構な期間が空くため、パーティ全体がLv30前後になるまでの間であればそこまで使い勝手は悪くない。
雑魚戦でも集団で手痛い攻撃を連発してくるゲームバランスの中、この頃の全体攻撃技は50前後のダメージが限界なベロニカのイオしかなく、他の仲間に至ってはまともな全体攻撃手段もない時期に80~100ダメージを安定して叩き出せるのは侮れない。
最終的な威力ではイオラに抜かれてしまうものの、シャインスコールの威力がちょっと物足りなくなる頃に【始祖の森】に到着あるいは攻略できるので、世界に異変が起きるまでの間であれば現役で使い続けられる。
 
欠点はやはり、序盤にブーメランスキルに極振りしたために、シャインスコール以外にできることが限られてしまう点か。
そもそも前半のブーメランスキルは攻撃力不足であまり推奨されず、ブーメランが実用的になる後半ではダメージ上限が災いして威力不足になるので、総じて扱いには恵まれていないのは事実である。
ただこれでもカミュのレベルが50を過ぎるまでは、敵の守備力を無視できる点に加え属性に恵まれているため、カミュのブーメランの中では最高火力を出し得る技でもある。
 
敵ではPS4版の【マスク・ザ・ハンサム】【グランシーザー】が使用。

DQ11S

異変前から【スキルリセット】が可能になったため、あたりパネルを開けてからスキルリセットすれば最短でレベル19で習得可能になった。
ちょうど【ロウ】【マルティナ】が仲間になる辺りで習得できるため、序盤は他スキルを中心に育成していても、途中からブーメランスキルに降り直すことでカミュを雑魚戦要員として活用でき、中盤を快適に進行できる。
 
追加シナリオ【気高き戦姫マルティナ】NPCとして戦闘に参加するマスク・ザ・ハンサムも使用する。

DQMSL

確率で【幻惑】効果を付与する、無属性の全体体技。
主な習得者は【カカロン】【ゴールデンパペット】【グランシーザー】等。