【ジャガーメイジ】

Last-modified: 2021-02-09 (火) 11:10:34

概要

DQ7以降に登場するネコ科の魔道士。
青味がかった毛で赤い衣を着ている。やはり猫背。
同種色違いモンスターに【ねこまどう】【ベンガルクーン】がいる。
DQ10で【ダークペルシャ】、リメイク版7で【にくきゅうまどう】が新しく追加された。
ジャガーという名前がついているが、ジャガー特有の斑点模様はなく、見た目はどう見てもただのネコ。

DQ7

【湖の洞窟】、過去ダーマ地方、【西の洞窟】に出現する。
初登場時はまだ転職前ということもありプレイヤー側の攻撃手段が通常攻撃メインなのだが、そんな時期に【マヌーサ】を使う嫌な敵。攻撃呪文は【メラ】だけだが、幻惑されて倒すのに手こずると何発も食らってしまう。
湖の洞窟ではさほど脅威ではないが、キーファの抜けるダーマ以降ではやけに苦戦する。組む敵によってはかなり危険。
この時点で呪文軽減防具は、過去ダーマの旅の宿のカジノ景品の【まほうのほうい】くらいしかない。
逆に魔法の法衣さえ着ていればメラは無効化できるため、それを装備可能なマリベルとガボを尻目に主人公一人だけがメラを食らいまくるという状況になることも。
 
凶悪な面をしているが、マヌーサを唱える際のアクションはかわいい。
ドロップアイテムは【まほうのせいすい】

DQ9

カラコタ地方やビタリ平原という微妙なエリアに生息している。
他の2種類と違い顔は洗わないが、MPが足りないのに【イオナズン】を唱えようとする。【ベビーサタン】【プチマージ】の遺伝子が混ざってしまったようだ。
DQ7の時と比べるとマヌケな奴になったが、【イオ】とマヌーサを普通に使えるので実は結構厄介な敵。
氷属性がやや効きやすいので【ヒャダルコ】があれば投入しよう。2ページ目にはDHAをたっぷり摂取したねこまどうの進化形とある。
 
落とすアイテムは【ネコずな】【さばきの杖】【砂塵のヤリ】を早期で作りたい人はお世話になるかもしれない。

DQ10

ウェナ諸島に生息。基本的な行動はDQ9と変わらない。
詳しくはこちらを参照。

DQR

スタンダードパックにて初期から実装。共通のレア。

3/3/3
召喚時:敵ユニットが3体以上いる場合、全ての敵ユニットに1ダメージ

相手が3体以上いればイオが発動する。
そう書くと一見地味に見えるが、効果が上手く決まればそれだけで戦況は一気に傾く。
ユニットを3体以上出さないようにする「ジャガメケア」や、敵ユニット全てのHPを1にする【愚者のタロット】と組み合わせることで相手の強固な盤面をも更地にする「愚ジャガメ」など、多くの言葉やコンボを生み出した。
同パックのレジェンドレア【ドルマゲス】がいまいち活躍できなかった元凶。
それ故長く広く愛用されたが、現在はグランプリルールでは使用不可になっている。似た効果は上位種の【ダークペルシャ】が受け継いだがこちらは少々癖がある。

DQウォーク

メインストーリー4章2話~4章7話などで出現する。イオラ、マヌーサ、イオナズンを唱えるがイオナズンはMPが足りないと出て失敗する。
こころの色は緑でコストは51。グレードSでマヌーサを覚える。

DQT

魔獣系のCランク。まほうタイプ。レギュラーSPスカウトのCランクモンスターの為、ガチャを回していればそのうち手に入る。
ランクが低い為か【ギラ】【メラミ】しか覚えていない。
HPがかなり低いので敵からの攻撃を1発でも貰えばおしまいだが、1凸以上で覚えられる特性「メラ属性呪文威力+5%」や、完凸で覚えられるメラミ威力+5%などのおかげで全モンスター中最強のメラミを放てるという個性がある。
ただし賢さはランク5最大レベルでもキャップに届かない為、ランク6に上げるか杖装備などで補強するなどが必要。