【ポグフィッシュ】

Last-modified: 2019-11-29 (金) 17:49:40

概要 Edit

DQ8などに登場するモンスター。
海に出現するブタの顔をしたフグ(河)の魔物。海のみに出現する。
トラフグならぬブタフグといったところだろうか。
【ピッグマリオン】の下位種。

なお、モチーフと思われる「ホグフィッシュ(HogFish)」はアフリカ(主にコンゴ辺り)の漁師に伝わる伝説上の巨大魚。本作におけるポグフィッシュ同様ブタ顔の魚で、最上級の豚肉の味がするらしい。だがとてつもなく重く、捕獲は至難の技だという。

DQ8 Edit

海域A・B(中央内海部)に分布。両者とも昼間の出現率は4割ちょいと高いが、夜間はやや出現率が下がり海域B(【リブルアーチ】近海)の方が少し低め。
 
毒を持っており、噛み付いてくるようだが、鼻を押し付けているようにしか見えない。
また毒攻撃の成功率は低く、同じ海域に出る【おおうつぼ】がやはり毒攻撃を頻繁にやってくるので、印象が薄い。
HPも低く、ザキ系以外の呪文耐性に対してもてんで弱いので、他の敵と現れたら後回しでいいだろう。
 
落とすアイテムは通常枠が【どくけし草】(1/16)、レア枠が【うろこの盾】(1/32)。まぁ妥当な内訳である。

DQMJ Edit

自然系のFランク。野生では生息していないが、位階配合で簡単に誕生する。
みかわしアップの特性を持ち、水属性で回復、マホトラを無効化する。能力はランク相応。
所持スキルはハンター。

ライブラリには「空中も泳げてしまうブタっぽいお魚」と書かれている。
そんなことをいったら【とつげきうお】だってそうである。
もっとも、あっちはブタ顔ではないしそもそもJ1にはいなかったのだが……。

DQMJ2 Edit

自然系のEランクに昇格した。
雨下の平原のいざないの扉付近で出会えるほか、位階配合でも誕生する。
特性はビリビリボディとマインドブレイクに変更された。耐性は【ボミエ】に弱く、【マホトラ】を無効化する。
所持スキルはハンターと変わらず。

DQMJ2P Edit

自然系のDランクに昇格。出世魚である。
謎のレア化を遂げ、野生でも出現せず配合でも作れなくなった。
一応大会の参加賞や、前作からの引継ぎで手に入るが、裏を返せば通信環境が無いと手に入らない。
あまりにもマイナーすぎて開発スタッフにも忘れられてしまったのか?
特性は前作と同じだが、強、最強化するとどく攻撃とマヒブレイクを習得する。
特性は有用だが、HPが低めでマインドに弱いのが難点。
こいつと悪魔系でエビルアングラーが誕生するが、ちょっともったいない。

テリワン3D Edit

系統そのままにEランクに降格した。何があったんだろう。
相変わらず野生でも出ず配合でも作れないが、白か銀の卵から生まれたり、他国マスターが連れていることもある。
特性はマインドブレイクがヒャド系のコツに差し替えられたほかは前作と同じ。
特徴も前作と同じ。究極化すると攻撃力と守備力と素早さが4桁になるので壮観かもしれない。
だが成長率が低く、カンストさせるのは大変。

イルルカ Edit

引き続き自然系Eランク。
【雪と氷の世界】の海に野生個体が生息している。たまに高く飛び跳ねる。
豆知識によると、食べるとおいしいらしいが危険な毒を持っているという。現実のフグと同じである。
 
【新生配合】でどくブレイク、メガ・ギガボディ化でAI1~3回行動、ギガボディ化でしっぺがえしを得る。
スキルは同じく「ハンター」。

DQMJ3 Edit

自然系Eランクで、ライドタイプは水中・浮遊。
初期スキルは【どくの力】
【イルカちょうちん】系、【エビルアングラー】系、【とつげきうお】系、【フィッシュライダー】系、【ようかい魚】系とはモーションが同じ。