【ミニモン】

Last-modified: 2020-10-30 (金) 12:15:11

DQ5

DQ5における仲間になった【ミニデーモン】
SFC版の歩行グラフィックは何故か水色のボディに肌色の顔(DQ10の【つかいま】のカラーリング)である。

仲間になる確率

1匹目2匹目3匹目
1/321/641/128

仲間になったときの名前

1匹目2匹目3匹目4匹目
SFC版ミニモンルシファりかちこのみ
PS2版にゃおみりかち
DS版ふじのりケイシン

覚える呪文・特技

ステータス

Lv素早さ身の守り賢さ運のよさ最大HP最大MP経験値
初期455556657889122287
最大30851257750150230150509115

耐性

強度属性
無効休み
強耐性ヒャド・吹雪、バギ、ザキ・麻痺、メダパニ、マヌーサ、マホトーン、マホトラ、毒
弱耐性メラ、ギラ・炎、イオ、デイン、ラリホー、ルカニ
耐性無しメガンテ・体当たり

解説

【グランバニアへの洞窟】で仲間にできる。
 
力と身の守りが弱い典型的な魔法使いタイプ。
しかし、DQ5のミニデーモンは他作品の【ベビーサタン】に近い特徴を持っているため、初期はMPが少なく賢さも低い。
しばらくは馬車の中で育てる必要があるだろう。
すべての属性攻撃に耐性を持っており、HPこそ低いが結構タフ。【みずのはごろも】【ほのおのたて】とお金をかければ、更にバランスの良い耐性を追加できる。ただし打撃攻撃には弱い。
成長は早く、最終的にはメラゾーマ・イオナズン・パルプンテといった強力な特技を習得するが、メラゾーマ習得はラスボスに間に合うかどうかという所。
クリア後は流石に厳しい上、グランバニア到着後まもなく万能な魔法使いの娘が加入することもあり、立ち位置は結構厳しい。
全く使えないという事はないのでマスコットが欲しいならどうぞ。
【最大レベル】でのステータスも、同時期に仲間になる【ドラゴンマッド】【メッサーラ】【オークキング】あたりには見劣りする。
まぁ魔法使い系である以上はHP・ちから・みのまもりが低いのは半ば宿命であり、他に気にするべきステータスはMPとすばやさくらいなので、他の連中(特に戦士系)と比較する必要もあまりないのだが。
 
修得する呪文に関しては本職であるはずの連中よりもズバ抜けて優秀であり、MPもやや低めとはいえ最大レベル時に約150とに比べれば充分すぎる余裕があるので、本作の魔法使い系モンスターの中では最も優秀ではあると言える。
【やまびこのぼうし】が装備できないという弱点もリメイク版では(帽子そのものと共に)無くなっているので、仲間モンスター全体から見ればそれなりに優遇されている方だったりする。
冷遇されまくってる魔法使い系の中ではマシなだけとか言わない。
PS2版なら【アイテム無限増殖】でいくらでもドーピングできるので、HPやMPを伸ばしてやれば強力な呪文アタッカーになれる。
 
『ドラゴンクエスト天空物語』では何故か女の子になっており、一行のニギヤカシ担当である。
作中では主にソラと行動を共にしており、彼女を「ソラちゃま」と呼んでいる。
原作で作戦替えを使用するためか人語を話すことができ、時に仲間モンスター達の通訳を担当。人語を話すモンスター自体は他にもいるが、人間と同じセリフ枠で喋るのは彼女だけである(他は二重線)。
しかし面倒事になるとすぐに身を隠すため戦闘にも基本不参加、その実力は不明である。
年齢は72歳(種族の中では若い方らしい)。
グランバニアへの洞窟で仲間にいじめられていた所をビアンカに助けられ、
(ビアンカに手当てしてもらった事もあってか)ビアンカの事は「ビアンカ姐さん」と呼んで心を開く。ちなみにビアンカが妊娠していると最初に勘付いたキャラでもある。
その後主人公と偶然遭遇し、一目惚れする形で同行する事になる。
美男子好きであり、グランバニアを訪れたカデシュに一目惚れするも相手にされていない。
【ドリス】とは喧嘩友達のような関係である。

DQ10

メギストリスの都のモンスター酒場に、ミニモンと言う名前の【ベビーサタン】のNPCがいる。主人がミニデーモンと間違えてこの名前にしてしまったらしい。
DQ5でのミニデーモンのカラーは他作品のベビーサタンと同じであるため、それを踏まえたファンサービスだろう。

DQMSL

特別クエスト「魔法のダンジョン」に出現する【悪魔系】Aランクの討伐モンスター。
特性は偶数ターンにMPを自動で大回復する「小悪魔のたくらみ」と、
確率で【こうどう おそい】が発動するデメリット特性「ちこくま」。
特技は【イオナズン】【ぎゃくふう】
 
ステータスは低く、特にMPが☆4で100に届かない程低いが、素早さだけはSランク並に非常に高い数値を誇る。
ほぼ対戦特化の性能であり、悪魔パで高い素早さを活かした先制イオナズンやぎゃくふうでパーティのサポートをするのが主な役割。
だが、万一ちこくまが発動した時の事を考え、先手で発動できる【タップダンス】や「マインドバリア」等も覚えさせておきたい。
 
ちなみに豆知識は、上記のDQ10の事を意識した内容となっている。