Top > 【写真】


【写真】

Last-modified: 2017-12-22 (金) 09:42:15

概要 Edit

DQ10で初めて搭載され、3DS版DQ8にも逆輸入されたシステムで、ゲーム中のスクリーンショットを保存する機能。
なお、撮影した画像には "(C)SQUARE ENIX" のクレジットが自動的に追加される。
システムとしては登場しないが、リメイク版の4では【サントハイム】【教会】【本棚】にとある写真が…。

DQ8(3DS版) Edit

ゲーム中STARTかSELECTを押すと、戦闘中やデモシーン中などを除き、カメラモードに切り替わる。
この状態でAボタンを押すとパシャリというシャッターを切る音と共に、その画面を写真として切り取って「思い出アルバム」に保存することができる。
カメラモード中は時が止まり、【NPC】や敵シンボルが動かなくなる上、昼夜の移り変わりもなくなる。
そして自由に視点変更したり、先頭のキャラに好きなポーズを取らせたり、パーティメンバーと2ショットを撮る事が出来る。Bボタンで主人公たちの姿を消すことも可能。
特定のキャラの組み合わせによる「スペシャルポーズ」も存在する。
保存できるのは100枚までで、それ以上撮影するとロックされていない古いものから順に削除されていく。
ただし、ゲーム内で削除しても3DS本体のSDカードには残されている。
SDカードからも消したい場合は3DSのカメラアプリを使おう。
写真クエスト用に予め別データで写真を撮っていても、対象になる写真は【冒険の書】別に管理されているため無駄足になる。
 
この機能では、PS2版の頃から評価の高かった絶景ポイントを撮影できるだけにとどまらず、装飾を付けて加工したり、【写真クエスト】をこなしたり、ネタ写真を作ったりすることもできる。
また、自前の写真は【ポストカード】として【すれちがい通信】で交換し、互いに評価を下すことができる。
本作をエンジョイする上で欠くことの出来ない新システムといえるだろう。
 
ちなみにネタ写真に関して、公式もある程度予想していたようで、ボス戦の直前など一部のシーンではポーズの変更や2ショットが出来ないほか、【フォート】に「やりすぎ写真はとらないように」と釘を刺される。おふざけもほどほどにしておこう。
 
ところで、フォートから何の説明も無くいきなり「写真」という単語が出てくるのだが、DQ8の世界では写真はメジャーなものなのだろうか?
そもそもどうやって撮影しているのか自体謎なのだが。

DQ10 Edit

上記の元となったシステム。
DQ8と違い戦闘中の撮影も可能。
詳しくは【思い出アルバム】を参照