Top > 【キャンプ】


【キャンプ】

Last-modified: 2018-08-16 (木) 15:58:49




概要 Edit

野営。
野原などで火を炊くなどして休息を取ること。
 
システムとして登場したのはDQ11だが、それ以前の作品でもキャンプに類する場面や施設は登場している。
なお、システムとしてはドラクエ以前にもブレスオブファイアなどのRPGで同じ役割を持つものは存在しており、それらを輸入したともいえる。

DQ6 Edit

【ムドーの城】に侵入する前に主人公一行がたき火の前でキャンプをしている。
そこでは「たき火の跡」に接触する事でたき火を消す事が出来るが、火を消しても消さなくてもストーリーにはなんの影響もない。

DQ7 Edit

【ユバール族の休息地】がキャンプに該当し、過去のシナリオでは【神の祭壇の湖】に向かう途中の【山脈の洞窟】の出口や湖の畔でも一時的なキャンプが張られる。

DQ10 Edit

フィールド上にある中継地で、敷地内に入るとBGMが村のものに変わる。
教会、宿屋、店など最低限のものがテント内に設置されている。
詳しくはこちらを参照。

DQ11 Edit

本作でシステムとして初めて取り入れられた。
【フィールド】や特定の【町】【ダンジョン】の中にある「たき火の跡」に接触する事でキャンプを張ることができる。
大荒れの吹雪の中であろうが、魔物が町を襲ってこようが、キャンプを張ることができる。
キャンプ中に魔物に襲われないのは、女神像の聖なる加護によって魔物を寄せ付けないかららしい。
ダンジョンの最奥部などの明らかに人跡未踏の場所でも、なぜかたき火の跡から煙が立っているが気にしてはいけない。
 
キャンプ内ではキャンプメニューによって、以下のことができる。
女神像・ふしぎな鍛冶・旅の商人は直接話しかけたり調べたりすることでも利用可能。

  • 【休む】 - 【タダ宿】【HP】【MP】を完全回復出来るほか、朝と夜の切り替えも可能。PS4版では「昼まで」「夕方まで」も選べる。
  • 【女神像】にいのる - 【教会】の役割を担う女神像でセーブなどができる。
  • 【ふしぎな鍛冶】をする。
  • 【旅の商人】と話す。(3DS版のみ) - 【アイテム】の売買ができる。場所によっては無い場合もある。売っている商品もキャンプ地毎に異なる。PS4版ではメニュー表示されないので、直に話す必要がある。
  • 【おいのりして休む】(3DS版のみ) - 回復が済んだ状態でセーブする。セーブ後は朝になる。
  • キャンプをやめる - 回復をせずキャンプを終える。3DS版ではこの際に朝と夜の切り替えが可能。

以上の機能が揃っているため、本作における町の【宿屋】や教会の存在意義が、かなり危ういものとなってしまっている。
なお、休まずにキャンプから歩いて出た場合は夜になっている。
 
キャンプ中は仲間がくつろいでいる姿が見られ、【会話システム】同様に仲間の話を聞くこともできる。
仲間たちのくつろぐ様子は3パターンほどのバリエーションがあるが、PS4と3DSで微妙に差異がある。
PS4版では丸木や小さな椅子やタルや敷物や木箱など、座るものはパターンごとにそれぞれ異なる。
3DS版では焚き火の周りで魚を焼いており、椅子代わりの丸太や木箱が常にある。
なお、記憶喪失中の【カミュ】や同行中の【NPC】は棒立ちである。また、【死亡】しているキャラは表示されない。
 
PS4版では【ルーラ】の移動先として登録される。また、一部を除いてすぐそばに馬呼びの鐘も配置されている。
3DS版では【クレイモラン城下町】【始祖の森】の頂上付近にあるキャンプ地を除いて自力で訪れる以外の手段が無い。このため、商人が売っている素材の購入にひと手間掛かる。
ただし最後にセーブした場所がキャンプの場合は、【キメラのつばさ】【風のぼうし】でそのキャンプへ来ることができる。
ウマ(【モンスター乗り物】含む)に乗ったままキャンプをすると敷地内に繋がれており、冒険再開時も乗った状態である。

ダンジョン一覧 Edit

フィールド一覧 Edit

DQMCH Edit

クリア後の世界に旅人たちのキャンプがランダムで配置される。
中にいる旅人の一人に話すとカラーオーブを無料か有料(大体1000G程度)で譲ってくれる。