ウィリアム・シェイクスピア

Last-modified: 2020-05-07 (木) 00:28:47

キャラシート

【クラス】キャスター
【名前】ウィリアム・シェイクスピア
【容姿】胡散臭い劇作家。自身の演劇の台詞をよく引用する。
【英雄点】30点(ステ10点・スキル20点):コストなし
【HP】 5 / 5
【筋力】E:1
【耐久】E:1
【敏捷】E:1
【魔力】D:2
【幸運】A:5

【スキル1】陣地作成 C
10点:移動フェイズに陣地を作成出来る。
    陣地内では魔術攻撃と物理防御と魔術防御と奇襲防御時、補正値5を得る。
    また、遠距離攻撃フェイズで受けるダメージを無効にする。
【スキル2】エンチャント A
5点:交戦フェイズ開始時に使用できる。自分の陣地の効果を自分の代わりに味方陣営1体に適用する。
【スキル3】自己保存 B
5点:可能な限り前衛に出ない。マスターの最大HPを15増やす。

【宝具】『開演の刻は来たれり、此処に万雷の喝采を』(ファースト・フォリオ) 1/1
【ランク・種別】B:対人宝具 レンジ:1~30 最大補足:1人
【効果】自陣営の手番に相手前衛1体を対象として発動する。その相手前衛は後衛に移動する。
    また、その対象はキャスターと幸運判定を行い(令呪は使用できる)、
    キャスターが勝利した場合は1巡の間「放心」状態異常を付与する。
「放心」:攻撃不能状態になる。逃走判定時、判定値を1として扱う。
     防御時はクラススキル以外の自分のスキルを使用できない。
     ダメージを受けた場合、この状態異常は解除される。

【その他】中立・中庸 人属性

 

 *『―――馬だ!馬を引け(A_horse!_A_horse!)! 馬を引いてきたら王国をくれてやるぞ!(My_kingdom_for_a_horse!)
  作者公認のセリフがめんどくさい人。マスター支援型のサーヴァント。
  陣地共有スキルでマスターに戦闘力を与えることができるのがセールス。
  また、宝具はデバフを付与させるだけでなく、
  相手前衛が2体以上いる場合は一時どかせるのでそういった使い方は頭に入れておきたい。
  しかし、マスターがサーヴァントを殴る時はダメージ半減が入ってしまうので、
  「サーヴァントに対して通常のダメージを与える」マスタースキルは忘れずに取るようにしよう。

 

日帰り聖杯戦争

【クラス】キャスター
【名前】ウィリアム・シェイクスピア
【容姿】胡散臭い劇作家。自身の演劇の台詞をよく引用する。
【英雄点】30点(ステ10点・スキル20点):コストなし
【HP】 5 / 5
【筋力】E:1
【耐久】E:1
【敏捷】E:1
【魔力】D:2
【幸運】A:5

【スキル1】陣地作成 C
10点:移動フェイズに陣地を作成出来る。
    陣地内では魔術攻撃と物理防御と魔術防御と奇襲防御時、補正値5を得る。
    また、遠距離攻撃フェイズで受けるダメージを無効にする。
【スキル2】エンチャント A
5点:交戦フェイズ開始時に使用できる。自分の陣地の効果を自分の代わりに味方陣営1体に適用する。
【スキル3】自己保存 B
5点:前衛に出ない。
   マスターは令呪を自分にも使用できる。

【宝具】『開演の刻は来たれり、此処に万雷の喝采を』(ファースト・フォリオ) 1/1
【ランク・種別】B:対人宝具 レンジ:1~30 最大補足:1人
【効果】自陣営の手番に相手前衛1体を対象として発動する。その相手前衛は後衛に移動する。
    また、その対象はキャスターと幸運判定を行い(令呪は使用できる)、
    キャスターが勝利した場合は交戦フェイズ終了、もしくは次の先手判定終了時まで「放心」状態異常を付与する。
「放心」:一切の行動を行えない。防御時は自分のクラススキル以外のスキル・宝具を使用できない。

【その他】中立・中庸 人属性

旧ルール

【クラス】キャスター
【名前】ウィリアム・シェイクスピア
【容姿】胡散臭い劇作家。自身の演劇の台詞をよく引用する。
【英雄点】30点:コストなし
【HP】 5 / 5
【筋力】E:1
【耐久】E:1
【敏捷】E:1
【魔力】C:3
【幸運】B:4
【スキル1】陣地作成 C
10点:移動フェイズで現在地のエリアで陣地を作成出来る。
    陣地内では魔術攻撃と魔術防御と物理防御とマスター含む奇襲防御時、補正値5を得る。
【スキル2】エンチャント A
5点:交戦フェイズ開始時に使用できる。自分の陣地の効果を味方陣営1体に適用する。
【スキル3】自己保存 B
5点:前衛に出ない。
【宝具】『開演の刻は来たれり、此処に万雷の喝采を』(ファースト・フォリオ) 1/1
【ランク・種別】B:対人宝具 レンジ:1~30 最大補足:1人
【効果】自陣営の手番に相手前衛1体を対象として発動する。その相手前衛は後衛に移動する。
    また、その対象はキャスターと幸運判定を行い(令呪は使用できる)、
    キャスターが勝利した場合は交戦フェイズ終了時まで「放心」状態異常を付与する。
    「放心」状態異常を受けている場合、前衛に出ることはできない。
【その他】

第二次聖杯コロシアム

【名前】ウィリアム・シェイクスピア
【クラス】キャスター
【HP】 5 / 5
【宝具】 1 / 1
【筋力】E:1
【耐久】E:1
【敏捷】E:1
【魔力】C:3
【幸運】B:4
【スキル1】陣地作成:移動フェイズで現在地のエリアで陣地を作成出来る。
      陣地内では魔術攻撃と魔術防御と物理防御とマスター含む奇襲防御時、補正値5を得る。
【スキル2】エンチャント:陣地の効果を味方陣営全員に適用する。
【スキル3】自己保存:前衛に出ない。
【宝具】開演の刻は来たれり、此処に万雷の喝采を(ファースト・フォリオ)
【ランク・種別】B:対人宝具
【効果】自陣営の手番に相手前衛1体を対象として発動する。その相手前衛は後衛に移動する。
【容姿】胡散臭い劇作家。自身の演劇の台詞をよく引用する。
【その他】

参加歴

第二次聖杯コロシアム(ガチャサーヴァント)