リヴァイアサン

Last-modified: 2020-04-18 (土) 04:07:07

キャラシート

日帰り聖杯戦争

【クラス】アルターエゴ
【真名】リヴァイアサン
【容姿】布面積の少ない服を身に着けた青髪の少女。
【英雄点】40点(ステ25点・スキル15点):令呪2画消費
【HP】25 / 25
【筋力】A+ :6(7)
【耐久】A :5
【敏捷】C :3
【魔力】B+ :5
【幸運】A :5

【スキル1】ダイブ&スプラッシュ/ボトムレス EX
5点:交戦フェイズに1度だけ、任意の判定に補正値5を得る。

【スキル2】死滅願望 B
5点:交戦フェイズ中、全ての判定に現在の巡の数と同じ補正値を得る。
   ただし4巡目終了時にアルターエゴは消滅する。

【スキル3】単独行動 A
5点:交戦フェイズ中に後衛にいる場合、物理攻撃、魔術攻撃、奇襲攻撃、援護を行える。

【宝具】『泡沫の夢、水底に沈みて』(デン・リッレ・ハウフリュ) 1/1
【ランク・種別】A+:対軍宝具 レンジ:0 最大補足:1人
【効果】HPが0になった時に発動できる。HPを(5D6)回復して復活する。
    その後、この交戦フェイズ中、HPを0にした攻撃と同じ種類
    (物理・魔術・奇襲)の攻撃に対する防御時、補正値5を得る。

【その他】中立・悪 地属性 魔性

 

女神天征悪窟シェオール(ボス専用)

【クラス】アルターエゴ
【真名】リヴァイアサン
【容姿】布面積の少ない服を身に着けた青髪の少女。
【英雄点】ボス専用
【HP】100 / 100
【筋力】A+:6
【耐久】A:5
【敏捷】C:3
【魔力】B+:5
【幸運】EX:8

【イデス】ダイブ&スプラッシュ/ボトムレス EX
0点:1巡に1度だけ、任意の判定に補正値5を得る。
   また、最大HPを75増やし、4巡目終了まで全てのダメージを1/2にする。端数は切り捨てる。

【スキル1】死滅願望 B
0点:交戦フェイズ中、全ての判定に現在の巡の数と同じ補正値を得る。
   ただし5巡目終了時に補正値10を得て物理攻撃を行った後、アルターエゴは消滅する。

【スキル2】大海嘯 D
0点:物理攻撃時、ダイスの面数を1増やし任意の陣営の前衛全てに攻撃できる。
   また、相手の遠距離攻撃に対して反撃を行える。この反撃はHPを0にできる。

【スキル3】不死の贖罪者 B+
0点:4巡目終了までHPが0になった時、HP1で耐える。
   このスキルは無効にならない。

【宝具】『泡沫の夢、水底に沈みて』(デン・リッレ・ハウフリュ) 1/1
【ランク・種別】A+:対軍宝具 レンジ:0 最大補足:1人
【効果】交戦フェイズ開始時にHP25と宝具回数を1回復する。
    ダメージを受けた場合に発動する。ダメージを受けた巡の最後に行動を行える。

【その他】中立・悪 地属性 魔性
     逃走した場合、ターンカウントは持ち越す。カウントは1巡終了した時点で1進む。

 

(ちなみに、スキル2「死滅願望」ですが本来はスキル3「大海嘯」が全体攻撃だったため、実質的な死刑宣告でした。
 大海嘯が弱体化したため少々チグハグとなっています、次回ボスとして出る時はこの点修正します。)

●アルターエゴ 真名:リヴァイアサン
筋力:A+ 耐久:A 敏捷:C 魔力:B+ 幸運:EX→A 宝具:?

 

【クラス別スキル】
ハイ・サーヴァント:D
 厳密には「神霊」には当たらない。
 数々の海魔伝承の複合体である。
対魔力:A
騎乗:B
単独行動:A

 

【保有スキル】
怪力:B+
大海嘯:D
死滅願望:B
ダイブ&スプラッシュ/ボトムレス:EX

 id-es。スキル「変化」の変貌したチートスキル。
 リヴァイアサンは完全流体であり、水は全てリヴァイアサンの力。
不死の贖罪者:B+ → -
 自己同一性(ボンド)によって得たスキル。
 八百比丘尼と同質の不死性を持つが、ランクは劣る。
 外道悪徒のサーヴァントとなった現在は自己同一性の消滅により保有せず、幸運ランクも低下した。

 

【宝具】
泡沫の夢、水底に沈みて(デン・リッレ・ハウフリュ)
ランク:E~A+ 種別:対軍宝具 レンジ:0 最大補足:1人
 人魚姫の最期をベースとした宝具。輪廻宝具。
 自らの身体を組み替えることで、最適化・強化させる変化の極地。

 

【キャラクター詳細】
八百比丘尼のアルターエゴ。
大瀑布にも見紛う莫大な水をコントロールし、
戦場を文字通り支配する、強大なサーヴァントである。

 

【パラメーター】

筋力A+耐久
敏捷魔力B+
幸運宝具
 

絆レベル

【絆Lv1】
身長/体重:156cm・45kg
出典:聖杯戦争TRPG
地域:女神天征悪窟シェオール
スリーサイズ:B72/W58/H84(Aカップ)
属性:中立・悪 性別:女性
なお、身長と体重は自由自在に変更可能であり、
プロフィール上の数値は普段の姿としてのものである。

 

【絆Lv2】
八百比丘尼がハンス・クリスチャン・アンデルセンの「人魚姫」の幻霊をベースに、
外道悪徒の保有していたフォトニック結晶の魔力を使用して作成したアルターエゴ。
アイヌソッキ、ローレライ、メロウ、セイレーン、ハルフゥ、スキュラ、ケートスなど様々な海魔伝承が含められており、
キリスト教圏では七つの大罪「嫉妬」にも当て嵌められるその魔性に極めて近い存在に成り果てた。
故に、八百比丘尼はこう名付けた――――『リヴァイアサン』と。

 

【絆Lv3】
生まれたばかりの存在であるが故に、その自我は同種であるサクラファイブと比較しても希薄。
そもそも八百比丘尼の求めていたのはリヴァイアサンの変身能力と戦闘能力の2点に置いてのみであり、
無限闇魔神塔・地下層「シェオールの祭壇」を“外道悪徒”から奪うための布石である。
その歪んだ生い立ちをリヴァイアサン本人も理解していた故に、自らの意思を表に出すことはない。

 

が、彼女も一つの命。その根底には欲望を宿す。
自律行動するための自意識を宿すために八百比丘尼からは幾つかの欲望という「感情」を与えられており、
特に彼女に馴染んだのが「支配欲」であった。
獲得した己のパーソナリティ、そして進化するためのシンギュラリティ。
しかし必要以上に機能を得たことを知られては全てが文字通り泡沫に帰しかねない。
故に、彼女はこの心を隠した。偽りのペルソナを被り、表向きは八百比丘尼に従属して。

 

余談ではあるが。
リヴァイアサンが八百比丘尼を吸収するルート構想もあったのだが、
長くなりすぎる上に完全にどこかで見た展開そのままになってしまうので泣く泣く没った。
進化形態のネタも切れてたしネ!

 

【絆Lv4】
○ダイブ&スプラッシュ/ボトムレス:EX
id-es。スキル「変化」の変貌したチートスキル。
リヴァイアサンの肉体はその99%がH2O、水であるが故に万能の変化能力を得ている。
光学屈折率を操作することにより色調も万能自在であり、
女神天征悪窟シェオールにおいてはこのスキルを用いて外道悪徒に変装していた。

 

スキル名は八百比丘尼による命名だが、「ボトムレス」はリヴァイアサン自身の意志によるもの。
ボトムレスは「底がない」という意味の言葉であり、
彼女自身が八百比丘尼の予想を超越し、
「底のしれぬ」「果てしない」存在に超越するという意思の表れでもある。
ノーパンでもある。

 

戦闘においてはこのスキルを使用し、リヴァイアサンは万能の戦術を繰り広げる。
要するにバイオライダー。
不死の贖罪者スキルと併せ、リヴァイアサンは無敵にも近い戦闘能力を誇る。

 

【絆Lv5】
「泡沫の夢、水底に沈みて」
ランク:E~A+ 種別:対軍宝具
レンジ:0 最大補足:1人
デン・リッレ・ハウフリュ。
人魚姫の伝承再現。泡となり、消滅する―――それを繰り返す、無限転生(リインカーネイション)
通称・転輪宝具。対軍宝具であるのは、
上記のスキル「ダイブ&スプラッシュ/ボトムレス」と組み合わせることで、
適用範囲を対軍にまで広げることができるため。
仕切り直しのウルトラ上位版のようなものであり、
更にリヴァイアサンの不死性を際立たせるものとなっている。
どうやって倒せば良いのさこれ。

 

攻撃面に使える宝具ではないが、スキル「怪力」と「大海嘯」によってそれを補う。
正に「防御は最大の攻撃」を体現するものであり、
絶大な防御力に裏打ちされた攻撃力で蹂躙するのがリヴァイアサンの基本戦術。
……だが、時間経過で弱体化を強いるデメリットスキル「死滅願望」がそれを邪魔する。

 

このあたりのちぐはぐさが、
リヴァイアサンが欲望(エゴ)によって産み落とされた存在であるということを体現していると言える。
人に創り出された人魚姫の弱点が人間である故の弱さ、というのはまた皮肉だろう。

関連人物

ベヒモス
同じ起源を持ち、対になる相手。仲はあまり良くない。
八百比丘尼〔外道人理〕
生みの親。ぶっちゃけ嫌い。

 

外道悪徒
飼い主。痛い目見ればいいと思う。
ひとり天探女
飼い主。報われればいいと思う。

 

ベルゼブブ
わりと似た立ち位置なので心底同情するよ。
レヴィアタン
伝承における「リヴァイアサン」のオリジナルに当たる存在。
ショタを支配してるのはちょっとうらやましい。

参加歴

女神天征悪窟シェオール(ラスボス・八百比丘尼〔外道人理〕