Top > セルウィウス・トゥリウス


セルウィウス・トゥリウス

Last-modified: 2019-05-26 (日) 04:51:44

キャラシート Edit

シールダー
ライダー

Edit

真名:セルウィウス・トゥリウス
身長:cm / 体重:kg
出典:史実
地域:ローマ
属性:混沌・善 /星属性・神性・支配者階級・非処女
性別:女性
イメージカラー:コーラルピンク
特技:
好きなもの: / 苦手なもの:
天敵:

人物 Edit

【史上の実像・人物像】
王政ローマ6代目の王。
その出自はエトルリアの王族であった、
奴隷が生んだ子であった、
火の神ウルカヌスの子である等、
複数の説があり謎に包まれている。

その最期は娘と娘婿による暗殺であったが、
剣で刺されても死ぬことがなく、
馬車の車輪で轢かれとどめを刺されたという。


【聖杯戦争TRPGにおける設定】
先代ローマ王、タルクィニウス・プリスクスによって、
計画的に創り出された神の子(の一人)。
ローマをより盤石のものとする為、
儀式によって奴隷女を神と交配させることで生み出された神の子は
セルウィウスの他にも多数居たが、彼女のみがローマ王にまで登り詰めることが出来た。

史実では男性として伝えられているがこの世界に置いては女性。
その理由はーーー
ーーーセルウィウスとは女奴隷を意味するセルウァが変化した名前である。


即位年齢よりも若い姿で召喚されるが、その理由について彼女曰く、
「全盛期っていうのは、その人が人生で一番輝いた時間だよね?
だったらこの時が、間違いなく余の全盛期だよ」
とのこと。


【性格】
[一人称]余 [二人称]君 [三人称]
追記予定。

能力 Edit

【パラメーター】

筋力耐久
敏捷魔力
幸運宝具

【クラススキル】
自陣防御:A
シールダーで召喚された際のクラススキル。

騎乗:EX
ライダーで召喚された際のクラススキル。
セルウィウスの乗騎は馬車であり本来C~Bランクで十分なのだが、
規格外のランクで騎乗スキルを保有している。

対魔力:B
【保有スキル】
神性:A
その体に神霊適性を持つかどうか、神性属性があるかないかの判定。
セルウィウスは血縁的に火の神ウルカヌスの子に当たり、
その中でも更に飛び抜けた神霊適性を有している。

軍略:C+
多人数を動員した戦場における戦術的直感能力。
特に防衛戦に特に秀でている。
その手腕はたった一度の鮮やかな勝利により、
在位中二度目の侵攻を引き起こさせないほどであった。

魔力放出(炎):A
武器・自身の肉体に魔力を帯びさせ、瞬間的に放出する事によって能力を向上させるスキル。
ウルカヌスの血縁としての能力。炎を自在に操ることが出来る。
攻撃に使用できるのはもちろんの事、炎を身に纏ってお洒落にも使える。

女神の寵愛:EX


【宝具1】
■■■■■■■■■■■■■■■■■■(■■■■■■・■■・■■■■■■・■■■■・■■■■・■■■)
[ランク]EX [種別]対神宝具 [レンジ]? [最大捕捉]?
 ???


【宝具2】
全て我が勅で護る(ムールス・セルウィー・トゥーリィー)
[ランク]B [種別]対城宝具 [レンジ]0~200 [最大捕捉]1000
 ローマを覆う堅牢なセルウィウス城壁を召喚する。
 厳密にはセルウィウス自身が建築したものではないが、彼女の名が与えられたことで彼女の宝具になっている。
 セルウィウスの治世において一度も破られることが無かったその城壁は、
 不壊の概念を付与されておりこれを破壊するためにはローマ=国を滅ぼすほどの攻撃が必要となる。