Top > メルトリリス


メルトリリス

Last-modified: 2019-07-10 (水) 00:27:41

キャラシート Edit

新ルール見本

【クラス】アルターエゴ
【真名】メルトリリス
【容姿】鋭い針のような、鋼の具足を身に付けた黒衣の少女。
【英雄点】35点(ステ20点・スキル15点):令呪1画消費
【HP】15 / 15
【筋力】E :1
【耐久】C :3
【敏捷】A+ :6(7)
【魔力】A :5
【幸運】B :4

【スキル1】メルトウイルス EX
5点:相手にダメージを与えた場合、「レベルドレイン」状態異常を1個付与する。
「レベルドレイン」:
相手の任意のステータスを1減らし、このサーヴァントの同じステータスを1増やす。
耐久値を奪った場合、相手の最大HPを5減らし、このサーヴァントの最大HPと現在HPを5増やす。
ステータス上限・下限に到達した場合でも付与でき、同じ相手には3回までしか付与できない。
付与相手が脱落してもステータスは据え置くが、状態異常はアルターエゴ脱落時に全て解除される。
【スキル2】騎乗 B
5点:移動フェイズに2回移動できる。
   また、自分に遭遇フェイズが発生しない場合は遠距離攻撃フェイズを行える。
【スキル3】女神の神核 B
5点:相手によるデバフ効果を受けない。

【宝具】『弁財天五弦琵琶』(サラスヴァティー・メルトアウト) 1/1
【ランク・種別】EX:対人・対界宝具 レンジ:2~500 最大補足:1人
【効果】任意の陣営の前衛全てに魔術攻撃を行い、補正値5を得る。
    宝具でダメージを与えた場合、相手の得ている陣地効果、
    および付与されている有利な「~を得る」状態の中から1つを交戦フェイズ中の間、自分にも得る。

【その他】秩序・善 地属性 神性 魔性

 

 *快楽のアルターエゴ。
  「騎乗」スキルにより遠距離攻撃を繰り返し、一人でも多くの相手に
  「レベルドレイン」状態異常を感染させることがメルトリリスの主戦術となる。
  2回移動を駆使し、戦場を駆け回って敵を翻弄しよう。
  素のステータスは低めなので不意の戦闘には十分に注意しておきたい。

 

  スキル3は以下に入れ替えることで、対応可能な相手や状況が増える。
  ただしデバフ系スキルや状態異常に弱くなるのでケースバイケース。
  なお、交戦フェイズ中に使用可能なスキルは遠距離攻撃でも問題なく使用できる。

【スキル3】クライム・バレエ A
5点:交戦フェイズ中に相手前衛に対し、奇襲攻撃を行える。

  攻撃手段を増やす。幸運が高めなので、味方の援護があれば大体の相手には通るだろう。
  ただし宝具は魔術攻撃なので注意。予め宝具を奇襲攻撃タイプに書き換えても良い。

【スキル3】加虐体質 A
5点:相手に対して先手を取っている場合、物理攻撃と魔術攻撃時、補正値5を得る。

  物理との両刀に。こちらは魔術攻撃も強化されるのが利点。
  ただしメルトリリスの筋力はEなので、「メルトウイルス」での補強は必須。
  また遠距離攻撃時は常時発動なので問題ないが、直接対決に備えて敏捷も手を加えたい。

【スキル3】単独行動 A
5点:遠距離攻撃フェイズ時、全ての判定に補正値5を得る。
   相手の遠距離攻撃に対して反撃を行える。

  遠距離攻撃の強化。上記の「加虐体質」と運用はほぼ同じ。
  こちらは直接対決時に効果が出ない代わりに、相手からの遠距離攻撃に対する対策となる。

【スキル3】オールドレイン EX
5点:魔術攻撃時、補正値5を得る。相手の対魔力を無効にする。

  魔術強化に加えて、魔術攻撃タイプのメタとなる「対魔力」対策。
  「メルトウイルス」はダメージが入らないと発動しないため、対策としてはこれが手っ取り早い。

【スキル3】霊基拡張 B
5点:交戦フェイズ開始時、交戦フェイズ終了時まで自分のステータスの英雄点を振り直せる。

  20点ある英雄点を振り分けることで相手への対応を柔軟にするのが目的。*1
  ただし、「メルトウイルス」で増やした分はステータス指定なので変更出来ないことに注意。

 

参加歴 Edit

なし






*1 耐久値を変更する場合、現在HPは変化せず最大HPのみ変化する。また、ステータスEXのダイス振り直しは変更後のステータスを参照する。