ロバート・フィッツロイ

Last-modified: 2018-06-07 (木) 13:17:30

キャラシート

新基準

【クラス】ライダー
【真名】ロバート・フィッツロイ
【容姿】鬱気味の男性。
【英雄点】40点(ステ20点・スキル20点):対魔力+令呪1画消費
【HP】35/35 
【筋力】C++:5
【耐久】B+++:7(消費8点)
【敏捷】E:1
【魔力】E+:2
【幸運】B:4
【スキル1】対魔力 C
5点:キャラシート作成時、英雄点5を得る。魔術防御時、補正値5を得る。
【スキル2】騎乗 C
10点:任意のタイミングで乗騎を召喚出来る。
【スキル3】嵐の航海者 A+
5点:1巡に1度、自陣営の対軍宝具と乗騎の攻撃時、補正値5を与える。
   相手の攻撃時、攻撃対象を自分に変更できる。
【宝具】起源探りし偉大な猟犬(ボヤージュ・オブ・ビーグル) 1/1
【ランク・種別】B・対民宝具
【効果】乗騎「ビーグル」の物理攻撃時に補正値5を与え、相手前衛全てに攻撃できる。陣地破壊が発生する。
    この宝具でダメージを受けたサーヴァントはこの交戦フェイズの間、クラススキル以外の全てのスキルを使用できなくなる。
【その他】秩序・善 男性 人属性

 

乗騎
【クラス】乗騎
【真名】ビーグル
【容姿】巨大な調査船。
【HP】25/25
【筋力】A:5
【耐久】A:5
【敏捷】EX:8(消費10点)
【魔力】C+:4
【幸運】E:1
【その他】

日帰り聖杯戦争

【クラス】ライダー
【真名】ロバート・フィッツロイ
【容姿】鬱気味の男性。
【英雄点】40点(ステ20点・スキル20点):対魔力+星の開拓者
【HP】35/35 
【筋力】C++:5
【耐久】B+++:7(消費8点)
【敏捷】E:1
【魔力】E+:2
【幸運】B:4
【スキル1】対魔力 C
5点:キャラシート作成時、英雄点5を得る。魔術防御時、補正値5を得る。
【スキル2】嵐の航海者 A+
10点:任意のタイミングで乗騎を召喚出来る。
【スキル3】星の開拓者 E
5点:キャラシート作成時、英雄点5を得る。
   神性を保有するサーヴァントに対して物理攻撃と魔術攻撃時、補正値5を得る。
【宝具】起源探りし偉大な猟犬(ボヤージュ・オブ・ビーグル) 1/1
【ランク・種別】B・対民宝具
【効果】物理攻撃時に相手前衛全てに攻撃でき、補正値5を得る。陣地破壊が発生する。
    この宝具でダメージを受けたサーヴァントは次の先手判定までの間、全てのスキルと宝具を使用できなくなる。
【その他】

 

【クラス】乗騎
【真名】ビーグル
【容姿】巨大な調査船。
【HP】25/25
【筋力】A:5
【耐久】A:5
【敏捷】EX:8(消費10点)
【魔力】C+:4
【幸運】E:1
【その他】

クラス:ライダー
真名:ロバート・フィッツロイ
筋力:C 耐久:B 敏捷:E 魔力:E 幸運:B 宝具:B

 

スキル
・対魔力:C
 第二節以下の詠唱による魔術を無効化する。
 大魔術、儀礼呪法など大掛かりな魔術は防げない。
・騎乗:C
 乗り物を乗りこなす能力。「乗り物」という概念に対して発揮されるスキルであるため、生物・非生物を問わない。
 正しい調教、調整がなされたものであれば万全に乗りこなせる。
・嵐の航海者:A+
 「船」と認識されるものを駆る才能を示すスキル。
 船員・船団を対象とする集団のリーダーも表すため、「軍略」、「カリスマ」も兼ね備える特殊スキル。
 英国気象庁の創設者であり、「天気予報」という概念を作り上げたロバートは高ランクで保有し、
 文字通り嵐をも乗りこなす。
・星の開拓者:E
 人類史のターニングポイントになった英雄に与えられる特殊スキル。あらゆる難航・難行が、「不可能なまま」「実現可能な出来事」になる。
 ダーウィンを乗せた彼の航海は『種の起源』発展の重大な役割を担い、気象学を大いに進めたロバートはこのスキルを有する資格を持つ。
 しかし、生前の思想、逸話からランクがダウンしてしまっている。
 本人は「このスキルは友人のお零れに過ぎないんだよ」と自認しているが……。
・信仰の加護:─
 一つの宗教に殉じた者のみが持つスキル。加護とはいっても最高存在からの恩恵ではなく、自己の信心から生まれる精神・肉体の絶対性。
 ダーウィンの功績を座の記録で確認したことで、彼はこのスキルを正常に機能させることが出来なくなった。
 信仰は捨てられないが、信じ切ることも出来ない。

 

宝具
【起源探りし偉大な猟犬】
ランク:B 種別:対人宝具 レンジ20~50 最大補足:300人
ボヤージュ・オブ・ビーグル。
かつてロバートが駆り、友であるダーウィンを運んだ調査船ビーグル号。
この船での航海こそ、ロバートの全盛期であり、宝具。
ガラパゴス諸島へと辿り着いた猟犬の名を冠した船の砲撃は、神秘を否定する「星の開拓者」の効果を増幅させたものとなる。

 

外見として神秘を否定するという点を強調する為か、創作上の存在である同名の船「宇宙船ビーグル号」として現界する。
球体状の巨大なビーグル号は砲門としてビームも発射できる。
もちろん帆船である元々のビーグル号も内部に収納されている。

 

絆レベル

【絆Lv1】
身長/体重:178cm・76kg
出典:史実
地域:イギリス
属性:秩序・善 性別:男性
偉大な友を裏切ったという自責の念に囚われた男。

 

【絆Lv2】
英国海軍の軍人であり、調査船ビーグル号の船長として有名。

 

ビーグル号の調査航海から帰還した後も
ニュージーランド総督やロンドン王立協会員、商務省気象局長を歴任した。
特に気象局では多くの器具を設計・手配し、かなり先進的なシステムを構築。
これをロバートは「天気予報」と呼び、今日の基礎を作り上げた。

 

彼はビーグル号の艦長としての長期の調査航海から来るストレスを減らす為に紳士を話し相手(友人)として乗船させることにした。
その紳士は科学の知識が求められ、調査に協力的でなくてはならず、ロバートと友情を育めるような男でなければならなかった。
結果的にその紳士はロバートの後の親友──チャールズ・ダーウィンが選ばれることとなる。

 

【絆Lv3】
──ロバートは非常に信心深いイングランド国教会の信徒だった。
それは、彼の周囲の環境が大きな要因だったのかもしれない。

 

同じく敬虔な信徒であった妻。
自身の調査から導き出される、「聖書の大洪水」の否定。
それを自らは認めつつも、部下や大衆へは伝えることが出来ず
逆に聖書の記述こそが真実であると話す行い。
そして。
親友ダーウィンが発表した『種の起源』。

 

【絆Lv4】
ロバートは親友に裏切られたと感じてしまった。
その理論は、自分と彼の友情の航海がそれこそ起源であると、理解してしまった。
彼には、耐えられなかった。

 

ロバートは聖書を掲げ、主を信じろと叫び、友を責めた。
罪の意識から鬱に苦しみ……自殺する。

 

そして、知ってしまった。
友の正しさを。彼が真に星の開拓者に相応しい男であると。
本当に友を裏切ったのは……自分の方であると。

 

【絆Lv5】
「起源探りし偉大な猟犬」
ランク:B 種別:対人宝具 
レンジ20~50 最大補足:300人
ボヤージュ・オブ・ビーグル。
かつてロバートが駆り、友であるダーウィンを運んだ調査船ビーグル号。
この船での航海こそ、ロバートの全盛期であり、宝具。
ガラパゴス諸島へと辿り着いた猟犬の名を冠した船の砲撃は、神秘を否定する「星の開拓者」の効果を増幅させたものとなる。

 

外見として神秘を否定するという点を強調する為か、創作上の存在である同名の船「宇宙船ビーグル号」として現界する。
球体状の巨大なビーグル号は砲門としてビームも発射できる。
もちろん帆船である元々のビーグル号も内部に収納されている。

 

【「友との航海、友への後悔」をクリアすると開放】