モンスター/【ソルジャー】

Last-modified: 2020-08-06 (木) 15:47:09

「兵士」を意味する英語。
大概は名前そのものでの出演が多いが、中には人ではなかったり、重要な設定としても登場する場合も。


関連項目:設定/【ソルジャー】ジョブ/【ソルジャー】


FF1

後の作品では人なのだが、こちらは機械型モンスター。
浮遊城を徘徊し、下位種のガーディアンに比べると攻撃力と防御力がなかなかに高く手強い。

  • HPはガーディアンの2倍になっているが、防御力はガーディアンと大差ない。
    また、ガーディアンより攻撃力が大幅に高くなった代わりに、ガーディアンにあった麻痺の追加効果はなくなっている。
  • ただし、手強くなっている代わりに、獲得経験値・ギルも大幅に上がっている(ガーディアン:Exp1224・ギル:400→ソルジャー:Exp4000・ギル:2000)。

ガーディアンは攻撃力25だが、こいつの攻撃力は102と4倍以上もある。
防具を固めたナイトでも一撃で結構なHPを削られるので、下位のガーディアンの攻撃がショボかったからと油断しないようにしよう。


GBA版以前のFF1において、こいつより攻撃力の高いモンスターはデスマシーン(攻撃力128)・デスビホルダー(攻撃力120)・チラノザウルス(攻撃力115)の僅か3体のみ。
デスマシーンとチラノザウルスは出会うのが非常に難しいレアモンスター、デスビホルダー(デスアイ)は特定の場所のみでしかエンカウントできない中ボス扱いの固定モンスターであることを考えると、普通にエンカウント可能な雑魚敵の中ではトップの攻撃力を誇ると言っても過言ではない。

FF1(GBA版以降)

鳥系モンスターでもないし即死攻撃も一切使わないのだが、なぜかフェニックスの尾を落とすようになった。


GBA版以降ではラスボスの攻撃力が100→170に大幅強化された他、より攻撃力の高い追加ボス達も何体か登場したものの、追加雑魚モンスターの中でこいつより攻撃力が高いものはセクレト(攻撃力110)ただ1体のみのため、普通にエンカウント可能な雑魚敵のなかでは第2位の攻撃力を持っていると言える。

FF2

黄色の甲冑に身を包んだ帝国兵系モンスター最下位種。
序盤のポフトバフスクサラマンド周辺の広範囲や、セミテの滝の洞窟に出現する。
最序盤では防御力が少々高く感じられ、には少々注意が必要かもしれないが、
何故か1体での遭遇が多いし、すぐに脅威ではなくなる。
ゴブリンガードを引き連れてくる事もあるが、それでも何故か1体。
フィン北部ではマジシャンとセットで出現する。


なぜか、にんにくを持っている。他のアイテムはポーション毒消し
帝国兵関係はキャプテンをはじめゲーム全体でのカモなのだが、こいつは群を抜いてショボい。

  • にんにくはこいつだけしか落とさないために、秘紋の迷宮のないPSP版以前でにんにくを99個集めたいという場合にはこいつを狩り続けるしかない他、地味にこいつが登場しないSoRではにんにくを絶対に入手できなかったりするので意外と馬鹿にできない。
    …わざわざ実用性の乏しいアイテムであるにんにくを99個も集めるアイテムコレクターがいるかどうかはともかくとして。

PSP阪だと甲冑を身に包んだ太ったオッサンになっている。

  • 一番原画に近い。PSP版のこいつを知った後に原画を知った時は驚いたな…。
  • FF2のモンスターグラは大きく分けてFC版、WSC・PS・GBA版、PSP・ios?版と変化を続けているのだが、
    この系統の敵はまさに三者三様に変化している。原画に近い姿を得れたのもPSP版以降の話だったのだ。

弓が魔法扱いなので、魔法防御レベルを上げるのに最適な序盤のカモ。特に全体魔法が魔法防御レベル上昇にかかわらないFC版では重要。

FF2(PSP版以降)

PSP版以降の秘紋の迷宮では「のばら」のフロアで固定敵として出現する。
反乱軍が苦戦しているから倒すというもの。
こんなヤツに苦戦してる反乱軍って…

FF5

この名のモンスター自体は登場しないが、アイスソルジャーバイオソルジャーといった名を冠したモンスターは登場する。

FF6

帝国軍陣地に配属されたガストラ帝国の帝国兵。
一般の帝国兵と形も色も名前の意味も一緒。
違う以上能力は異なるが、正直ほとんど差を感じられない。
スタッフは何故わざわざ違うモンスターとして設定したのか理解に苦しむ。
ただ、帝国兵と違って獣ヶ原には出現しない。


設定的には帝国兵が勲章をもらったもの。*1
その中でも「実力的には帝国兵と大差ない。」と書かれている。
しかも、帝国兵はカウンターを使うのに対してこいつは使わない。
さらに、持っているアイテムも帝国兵の方が僅かに上である。
ほんとに何のためにいるのかサッパリ分からないモンスター。

  • なんと状態変化に対する耐性を全く持っていない情けないモンスターの一体。
    ステータスも総合的に実は帝国兵より劣っている。本当に何のためにいるのかよくわからない。
  • でもカイエンは「手強いでござるぞ」と叫んでたりして。
  • 帝国兵よりも格下の兵なんじゃない?ガストラ帝国の直属の兵が帝国兵だとして、ソルジャーの方はガストラ帝国の傘下の何とか大隊とか中隊とかからの兵で、帝国兵よりもちょっと序列が下とか…勲章は精勤賞(一年間休まなければもらえる)とかだったら笑える(笑)
  • 帝国兵は一般募集、ソルジャーは自衛隊で言うところの一般曹候補生とかなのかも知れない。
    もらった勲章というのもその「候補生」であるのを示すもので実力とは関係ない、とか。

もらった勲章が実は"極楽トンボ章"だったのかもしれない・・・


海外SNES版では、「Grunt」という名前になっており、帝国兵が「Soldier」だった。
GBA版にて「Soldier」表記に戻り、帝国兵は「Imperial Soldier」に変更された。ああ、ややこしい。


種族は勿論人間だが、地味に毒属性が弱点になっていない。

FF7

設定/【ソルジャー】


神羅カンパニーのエリート兵だが、単にそれだけではなく、
主人公のクラウド(こちらは自称だが)や、宿敵セフィロスの職業であったりと、
重要な設定を持っており、その意味は単なる兵士に留まらない。
モンスターとしてはソルジャー:1STソルジャー:2NDソルジャー:3RDの3階位に分けられたソルジャーが登場する。


*1 NTT出版 基本知識辺 105頁