☆1/ロヴィーサ・キエシ

Last-modified: 2019-03-31 (日) 12:59:57

ロヴィーサ・キエシ

 
ロヴィーサ1.jpg

◆社員勧誘実績

社員No.氏名クラス
013ロヴィーサ・キエシjob7.png ローグ ★1 
HP物攻魔攻物防魔防
1515131
STRINTVITPIEAGILUKDEX
91311387
作戦
回復役をつぶせ! / HPの高い所を狙え!
自己紹介
盗みなら一流の自信があります! けど戦いはまだ三流…
戦いも一流になってみせます!

目録内データ+α (+をクリックでオープン)

目録内データ+α

自己紹介
盗みなら一流の自信があります! けど戦いはまだ三流…
戦いも一流になってみせます!
目録
手先が器用なドジっ子暗殺者。
経験が少なく、戦闘はあまり得意ではない。盗賊をしていた為、盗みの技術は天下一品。神速の指先を持つ。
真面目で一生懸命だがどこか抜けていて、業務に支障をきたす事も珍しくない。
性格的に暗殺者には向いていないが、努力でそれを克服しようとしている。
Illust
イチノセ奏
CV
齋藤綾
引継時の台詞
また一つ、強くなりました…! とっても嬉しいです!
昇進
私も一人前って事ですね!これからも頑張っていきますよ~!
※ネタバレ防止のため反転させてあります。

ボイス一覧 (+をクリックでオープン)

ボイス一覧

秘書時
入室社長
帰社お疲れ様ですぅ
放置実は、戦闘は苦手なんです。でも、盗みに関しては、自信ありますよ!
社長室クリック1ぅん…ぅん…(寝息) …ぅぅ、社長!? ぅ、すみませぇん、寝ちゃってましたぁ
社長室クリック2ぅひゃぁっ!? ぅ、びっくりしちゃったぁ…
社長室クリック3
(要ボイスストーン)
結構、手先は器用なんですよ
※ネタバレ防止のため反転させてあります。
装備製作時
(+3製作成功)
わぁ~!使いこなせるかなぁ
クエスト時
クエスト出撃
(リーダー時)
行ってきますっ
攻撃やぁっ
クリティカルいっけええ!
回避よっ
瀕死うぅっ…
戦闘不能あぁ~っ…ごめんなさい…
戦闘勝利はぁ~、こわかった~
その他
入社時
(履歴書選択)
ロヴィーサ・キエシです、頑張ります
自己紹介
(ドロップ/目録)
(※上記別欄『自己紹介』と内容は同じ)
レベルアップあっ、私…、成長しました…!
クラスアップこの衣装軽い! ありがとうございます!
編成/施設配置精一杯頑張ります!
解雇あぁ~っ…ごめんなさい…
用途不明(目録)
  • 【専用武器】:ロバーフセット
    (2015/1/9アップデート:キャラクターストーリー・Episode 1「頼れる仲間」初回クリア報酬)
  • 【専用武器】:ロヴィセット
    (2018/8/10アップデート:キャラクターストーリー・Episode 3「ディテクティブ・ロヴィ」初回クリア報酬)
  • 【専用防具】:スウィフトベスト
    (2015/12/4アップデート:キャラクターストーリー・Episode 2「第三のローグ」初回クリア報酬)
  • キャラ備考
    • 第一章の最初(旧チュートリアル、現メインクエスト1-1)で社長が助け、その縁でモニクと共に最初の社員になるキャラクター。
      以後メインストーリーの中心的キャラクターの一人として物語に関わっていく。(序盤は主に観戦勢であるが)
    • 職業は暗殺者・盗賊。手先が器用なので窃盗が得意だが、物語上でその技術が生かされることは殆ど無い。
      • むしろ知識(山林の裏道やけもの道などの地理、各地の盗賊団の情報など)が生かされる事のほうが多いかもしれない。
      • 戦闘能力は低いが盗賊としての素質は高く、ストーリーが進むにつれて成長。戦場から遺跡の探索まで多くの場面で先行しての情報収集や斥候役として活躍する。
    • 公国最大のスラム「幽霊街オキュルト」出身。両親は幼くして亡くし、叔父のロバーフに育てられた。
    • 一応『暗殺者』を名乗っているが、実際に人を殺した経験は無い
      • 目録には暗殺者になる努力(どんなだ…)をしているとあるが、
        1-5-6赤ルートで元仲間の暗殺者から帰ってくるよう言われた際は、自分に暗殺はできないと返している。
      • 「暗殺者なのに誰も殺せない半端者」「優しすぎて虫も殺せない」と揶揄されており、
        昔は単純に暗殺者=何となく強いくらいの認識だったのかもしれない。
      • 尚、同郷のローグ仲間(リッリプルム)から抜けたのは傭兵会社に入る前である。
        (社長が最初に出会ったときは既に「駆け出しの傭兵」として仕事を請けようとしていた)
    • 性格は、真面目で一生懸命だがどこか抜けていて、業務に支障をきたす事も珍しくない、という目録の説明の通り。
      • 心優しく他人を傷つけるのが苦手である。加えて泣き虫。
      • アンの趣味全開の発言を受けて男性同士・女性同士の危ない関係に興味があるような感想を述べたりと結構キャラが濃い。
      • ついでに言うと純真な笑顔で「私は盗みが得意です!」とか言う。やっぱり濃い。
    • 盗賊としての基本的な知識と技術は叔父に教わった。何やら『霧隠』と呼ばれる古い一族と関わりがあるようだが…?
    • 1-5-3に登場するアンナリーナの恋占いによると「長いお付き合いになる友達と出会いそう」だそうだ。
    • 酔っ払うと泣き上戸になる。
    • 戦力的に言えば、主要人物の中では能力的にもランク的に不遇。メインで使っていくのに愛が必要なのは否めない。
      • ローグなので後方からの毒撒き要員であれば能力にほとんど依存しなくて済むのが救いか。
    • 小説版では2巻から「新入社員」として登場する。実力的に頼りない彼女だが、シャルーナの依頼に応じた社長たちと共に教国ユグドラシルに向かうことになる。
    • メルヴィのキャラストーリーにて、希代の大怪盗ロバーフの姪であることが判明。しかしロヴィーサ自身はそのあたりの事情をまるで知らなかった。

      その理由とは…)

      • 仮面の怪盗コロネが使う『霧隠・奇影姿(キエシ)一族』に伝わる極意「流歩」「傀糸」はロバーフから伝授された技。
        ロバーフは義賊である彼女の生き方や目的を信じて教えた。
      • 姪のロヴィーサに教えなかったのは、心優しい姪が自分の欲求の為だけに殺し・盗み・陥れをしない「第三のローグ」になれると信じたため。
      • 奇影姿一族の技を伝承させれば否応なく裏社会の深みに堕ちる。そうした業を子供の内から背負わせたくなかったようだ。
      • 尚、「霧隠一族」とは異世界『神威』に伝わる特殊な技術を持ったローグの一派で、忍者とも呼ばれていた。
        ゆえにキエシ家の先祖は『神威』からの転移者だったと思われる。