Top > British Bulldog Churchill VII


British Bulldog Churchill VII

Last-modified: 2019-08-07 (水) 03:22:35

IMG_1292.PNG

Tier 6 イギリス 重戦車(課金戦車) Edit

公式紹介ページ

スペック Edit

HP960
車体装甲厚(mm)152/95/51
最高速度(km/h)20
重量/最大積載量(t)40.55/43
実用出力重量比(hp/t)8.64
本体価格(ゴールド)6,360

戦車パッケージ Edit

British Bulldog
(6,360G)

詳細 Edit

パッケージ名エンジン武装履帯砲塔
出力弾種貫通力ダメージ総弾数弾代発射速度
照準時間
精度
旋回速度砲塔装甲旋回速度視認範囲HP通信範囲
British Bulldog Churchill VIIBedford Twin-Six75 mm Gun Mk. VChurchill VIIChurchill VII960WS No. 19 Mk. III
650AP
APCR
HE
145
202
38
135
135
175
84100
7G
56
15
1.90
0.40
20152/95/9530370550

解説 Edit

  • 概要
    Tier6イギリスプレミアム重戦車
    コミックコラボ第五弾。
    戦闘中は「British Bulldog」と表示される。
    いくつかの点で本家Churchill VIIと性能が異なる。
    マッチング優遇を持ち、Tier7までとしかマッチングしない。
     
  • 火力
    • 75 mm Gun Mk. V
      史実砲。
      Knightによく似た性能を持つ。
      照準速度は優秀だが、精度が悪く遠距離からの狙撃には向いていない。
      最も本車はHTであり戦闘は専ら近距離での撃ち合いなのであまり問題にはならない。
      また最大俯角は-12.50度だが、これは側面を向いた時の数値で正面を向いているときは-4度程度である。
       
  • 装甲
    基本性能は本家と同様。
    マッチング優遇がある関係上本家よりも装甲を頼りにできる場面は多くなる。
    • 車体
      履帯内のダメージ判定のある車体部分も同じで、明確な弱点となっている点に注意。
      この事から弱点である履帯を撃たせない立ち回りが求められる。
      側面は95mmとTier6重戦車としては厚い部類に入る。
      豚飯・昼飯がそれなりに有効だが、どう角度を取っても履帯内の車体が弱点になってしまう欠点がある。
    • 砲塔
      正面/側面装甲厚は車体と同じスペックとなり、起伏を利用して頭だけ出した場合かなりの硬さを発揮できる。更によそ見も活用することで同格以上の砲撃をはじくポテンシャルを秘めている。
      前述の正面30度程度までは俯角が4度しか取れないので、車体を隠しやすい場所は限られる。
      20mmしかない天板の装甲が水平からでも少し見えており、口径60mmを超えるAPやAPCRは3倍ルールにより、ほぼ確実に貫通してしまう。上下範囲は狭いが、少しでも撃ち下ろされると危ない。
      主砲の両脇の膨らんだ部分は203mmあるが、面積は狭いので頼りにできない。
      なお砲塔に貼り付けられた予備履帯は追加装甲扱いされており、その部分の側面は表記より20mm堅い。
       
  • 機動性
    本家と同様、最低レベルの機動性。
     
  • 総論
     

史実 Edit

A22の改修型で装甲が強化されている。
連合軍がノルマンディーに上陸する直前に第 1 輌目が製造された。
この型は後にChurchill Crocodile 火炎放射戦車の開発のベースとなった。

コメント Edit

最新の5件を表示しています。 コメントページを参照

  • パッケはチャーチルIVと同じかな -- 2017-02-09 (木) 20:16:20
    • Churchill Mk VIパッケージが最も近いけど、実際には主砲だけCromwell Knightから持ってきたChurchill VIIって感じかな -- 2017-02-09 (木) 20:50:11
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White