【アサシンクロー】

Last-modified: 2021-01-19 (火) 17:31:06

概要

DQ7で初登場した【水系】モンスター。オレンジ色の体で黄色い爪。
半魚人なのにも関わらず7では砂漠を中心とした様々な地域に生息していたが、今作では熱帯雨林などに生息している。個体数もかなり少なめ。
下位種の【ネイルビースト】もウェナ諸島の他には生息していない。【スクラッチャー】はオーグリード大陸にもいるが…。
さらなる上位種として【バジリスケイル】がいる他、同形ボス【呪縛の魔獣】がツスクル外伝に登場する。また同色のイベントモンスターに【水邪カトヴァ】がいる。
 
【ブーナー熱帯雨林】でメタルハンターや竜騎兵等のモンスターの中に、不自然にこいつが配置されているが、中盤にいくエリアにしては比較的高いステータスを持つ上、【ダブルクロー】【アサシンアタック】【こごえるふぶき】を使うため生半可なレベルで挑むと痛い目にあう。
「アサシン」とは名ばかりの通常攻撃一辺倒だったDQ7の頃とはまるで勝手が違うため、決して油断してはならない。
討伐するときはアサシンアタックでの事故が怖いのでザオ要員は2人以上か、ザオ要員に即死耐性が欲しい。
通常ドロップは【小さなうろこ】、レアドロップは【ほのおのツメの作り方】

Ver.1.2

Ver.1.1までは出現する3つのシンボルのうち2つのシンボルが【即沸き】だったものの、即沸きが潰されてしまったため100匹討伐はそれなりに難しくなった。本来の沸き場所も3つと少なくリポップにもかなりの時間を要するので、やるなら2~3日はあっちに滞在することを覚悟したほうがいいだろう。

Ver.1.3

【日替わり討伐クエスト】で選ばれることになるが、アサシンクローを20匹狩ると5000ポイント以上の破格のポイントを貰うことができる。
しかしこれは巧妙な罠。アサシンクローは沸き数が少ないので20匹の討伐となると、リアルで2時間以上かかる。そこらへんにいるメタルハンターやらりゅうきへいを狩ってたほうが絶対に効率がいい。
ブーナー熱帯雨林自体格好のレベル上げスポットなのもあり、誰か知らない人にシンボルを奪われるということももちろんある。
この依頼を見つけても、ポイントに惑わされず他の依頼を受けるべし。

Ver.1.4

狩り易いようにシンボルが1つ増やされたようである。
しかし討伐クエストに新しく「アサシンクロー50匹」の討伐という鬼畜依頼が回ることもあるようだ。
運営はどこをどうみてアサシンクローが増えすぎていると判断したのだろうか。

Ver.1.5

討伐で数をかせぎにくかったのか1~2匹出現になった。
反面ストーリー攻略中などの低レベルの間は脅威度が増しているため、初心者は要注意。

Ver.2.0

偽りの【海風の洞くつ】に出現。ブーナー熱帯雨林よりも個体数が多いため、討伐数を稼ぎたい時にはこちらを利用すると良い。