Top > 【日替わり討伐クエスト】


【日替わり討伐クエスト】

Last-modified: 2019-08-06 (火) 16:41:09

概要 Edit

「レベル上げのために特定のモンスターだけを倒すのがつまらない」という意見から生まれた更なる討伐システム。
Ver.1.3から実装された。
本来の目的は増えすぎて困るモンスターを定期的に狩る為に討伐隊が冒険者達に依頼を出しているという設定だが、どう見ても生息数の少ないモンスターとかも依頼に出されている。あくまで世界観的な設定である。

【小国】【大国】の入口に配置された討伐隊員から討伐クエストを受け、依頼内容にしたがって指定の場所で指定のモンスターを指定数倒すとクリアと言うシンプルなクエスト。
達成報告でポイントと同じだけの経験値とGに加え、一定基準の名声値が取得できる。【特訓モード】の時は討伐ポイントの0.2%の【特訓スタンプ】が取得出来る。
【達人のオーブ】にも経験値は入るが、仲間モンスターには入らない。

日替わりの名の通り、1日一回受ける事ができ、他の日替わりシステム同様AM6:00に入れ替わる。
達成期限は特に設けられていないので、違う日に達成しても可。
違う日の依頼を達成した後にその日の依頼を受ける事も可能。
時間に余裕がなさそうならとりあえず受けておいて、余裕のある日に2日分同時に受けるのも有効。まとめて討伐してしまえば酒場のレンタル代節約にもなる。
アップデート前日に受けて翌日に回し、新職、レベル開放の分の経験値に当てるという手もある。
ただし、普通のクエストはクリア報告した日から1日経たないとリプレイができない仕様なので、【フォレスドン】討伐時など、同時にこなしたいクエスト(【人の域を超えた強者】)がある場合は1日分しか同時達成できないので注意。

依頼内容は【小国】【大国】で異なる。大国の方が指定される敵が強い分、報酬も高い。
だがそれほど強い敵は指定されないので、場所が面倒だったり沸きが少ないモンスターでなければ大国で受けたほうがお得。
【依頼書クエスト】と違い、モンスターの出現場所も指定されていることには注意。
(設定上、依頼書の方が場所を指定されてしかるべきな様な気もするが…)
たとえば、【リュウイーソー】は乱獲するならメギストリス領やシエラ巡礼地が定番だが、日替わり討伐では夢幻の森を指定される事が多い。
こうなると、宿が遠い奥の方で、少ないシンボルを探さないといけない。
またダークナイトのように、賢者の隠れ家なら終日出会えるが、日替わり討伐での場所は夜しか出現しないエピステーサ丘陵、という事もありえる。
前述どおり、日替わり討伐に有効期限があるわけではないが、(極端な話、受注だけして、実際に対象モンスターを倒したり討伐隊員に報告するのが1か月後とかでも問題はない)これはお世辞にも効率がいいとは言えない。
このように、報酬の大きさだけに釣られずに案件をしっかりと確認して受注するのが大事となってくる。
 
かつては自分が死亡したままサポート仲間が倒したりして戦闘終了した場合、その戦闘全体の討伐数がカウントされないという仕様があった。
この事に関してカウントするようにして欲しいという要望に対し、Ver.3.0あたりから死亡していてもカウントされるようになったのが不具合として修正されてしまうなど固守されていたルールだったが、3.5後期で正式にカウントされるようになった。
また、魅了や混乱によるモンスターの同士討ちで倒されたモンスターが討伐数にカウントされないという仕様もあったが、これもVer.3.5後期、2017年9月の大型アップデートでカウントされるよう変更された。
 
当初は依頼リストに表示される数と名声が連動していた*1が、Ver.3.0後期からこの仕様は撤廃され常に8件表示されるようになった。
下記の討伐コピーで高額依頼を売りに出す人数の少なさや、それを買う為に長い行列ができる事からもわかるとおり、名声レベルが上がるほど劇的に高額依頼が出やすくなるわけでもない。どうしても高額依頼が欲しければ売ってもらおう。
逆に人気の依頼が当たれば100万単位で稼ぐ事も可能であるが、本当に売れる依頼が来る事は極々稀で、宝くじが当たるぐらいの確率だと思っておいた方がいい。Ver.3.1後期の変更で強ボスを含む高額依頼が頻出するようになり、一攫千金を狙うのは難しい状況となった。
 
達成時に最新の【錬金石】が1個もらえ、達成数5回ごとに【ふくびき券】が5枚もらえる。人によってはどちらかといえば、経験値よりこっちのほうが本命になるかもしれない。
達成数50回に達すると隊員が敬意を払ってくれるようになり、対応が丁寧になる。
200回に達すると更に畏敬の念を払ってくれるようになる。

Ver.1.4~ Edit

報酬が経験値表記から討伐ポイント表記に変更され、受け取り時に経験値かGか選べるようになった。
10000を超えるような討伐ポイントの依頼も多く出るので、新たな金策としてGで受け取る人が圧倒的に多い。また名声値も得られるようになった。
算出方法は、討伐ポイントの0.5%、ただし自分の名声レベルより大きかった場合は名声レベルと同じである。
たとえば討伐ポイントが10000pならもらえる名声値は50、ただし自分の名声レベルが15の場合は名声値は15しかもらえない。
報酬の高い黄色の依頼も若干出やすくなり、報酬そのものも引き上げられた。

さらに、複数のプレイヤーが一緒に討伐依頼をこなせるようにするため、パーティーを組んで同じエリアにいるプレイヤー達はその中で名声レベルが最も高い者の依頼リストを共有するようになった。
しかし名声レベルの高い人の方が依頼内容も良いとは限らないため、名声レベルが高いほど選択の自由が狭まってしまうという問題も出てしまっている。

Ver.1.5 Edit

  • 名声レベルに関係なく、PTリーダーの依頼リストが共有されるように修正。
  • 討伐対象追加。
  • コピーされた側は他の人にコピー(孫コピー)が不可能に。
  • 20回クリア毎の報酬がフィギュアチケットだけだったのがふくびき券ももらえるように。

Ver.2.0 Edit

【フォレスドン】【ヒポせんし】等30000を超える依頼も来るようになった。
毎日討伐コピーで購入すれば金策としても勿論、プレイ時間を余り取れないプレイヤーでも元気玉を使って日替わり討伐をこなすだけでも結構レベルを上げられる。
なお、ガートラント領の【サウルスロード】等、うまい依頼と言われている討伐依頼の中には【まもの使い】【エモノ呼び】を使うのが前提の依頼もあるので、情報だけに惑わされないよう注意。
【レンダーシア】は解放されたばかりで討伐隊員も進出できていないのか、隊員は配置されていない。

Ver.2.1後期 Edit

これまでは名声レベル1だと2つしか依頼リストに表示されなかったが、ここから名声レベル1でも5つ表示されるようになった。
討伐対象も変更され、ガートラント領の【ぐんたいガニ】の依頼が無くなった。
ちなみに名声レベル1だと1000代や3桁が並ぶ中、ガートラント領のサウルスロード10匹が3000と群を抜いて高い。

Ver.2.3 前期~ Edit

レンダーシアに【週替わり討伐クエスト】が追加された。
週一回しか受けられないもののその分討伐ポイントも10万超えと破格のものになっている。
ただしインフレを防ぐ目的か、経験値と特訓ポイントのみの受け取りとなっている点は注意。
討伐ポイント以外では、討伐達成報告でふくびき券が5枚、5回ごとにスペシャルふくびき券がもらえる。

Ver.2.3後期~ Edit

新規討伐対象が追加。また、強敵の討伐数がおよそ半分程度に調整された。
討伐数が減った分討伐ポイントも減って…はおらず、ほぼ半分になる前の据え置きどころが半分になる前より増えているものもある。
アップデート当日、何も知らずにいつものように1,2鯖のメギストリスに依頼を買いに行ったプレイヤーは、飛び交う白チャの内容に一様に目を疑い、詐欺を疑った者までいたそうな。

金策としては時間短縮になったが、戦闘で得られる経験値や特訓ポイントの稼ぎも当然半分なので、討伐そのものによる稼ぎは減ってしまった。その分別の事で稼げという事か。

この変更が適用された明確な目的は述べられていないが、これまでの仕様変更の経歴を踏まえると、膨大になってきた一つ一つのコンテンツに対する負担を軽減するための配慮だと考えられる。
また、副産物として討伐時間の短縮によって狩場混雑の緩和にも一役買い、沸きが少ない場でも乱獲で狩れるようになっている。
このほか、名声レベル1だと依頼リストに表示される数が3つから5つまでのランダムになった。
受注後討伐せずに何日も放置していると更に数が減る傾向がある模様。

Ver.2.4前期~ Edit

討伐対象がひっそりと変更。【バザックス】など一部のモンスターが外されている模様。
 
また2015年1月24日より、スマホ版の超便利ツール
その日の討伐対象が確認できるようになった。
これにより、プレイする前にスマホで討伐内容を確認し、どちら側で何を討伐する依頼を受けるか、といったその日の行動の計画を立てやすくなる。
ちなみに討伐隊員に一度も話しかけていない状態では確認できない。
なお、3DS版の超便利ツールでは3月2日(Ver.2.4後期)に確認できるようになった。

Ver.2.4後期~ Edit

経験値or特訓ポイントかGかの選択が無くなり、両方得られるようになった。
討伐依頼の報酬をGで受け取る人がほとんどだったため、レベル上げを緩和する狙いも込めて両方取得できるようにしたとのこと。
アップデート直後、報告の際に「◯◯の経験値とゴールドになります」「はい」
「念のためもう一度確認します。◯◯の経験値とゴールドになります」「はい」と
大切なことなので2度確認するようになったが、しばらくして不具合として1度の確認だけに修正された。
 
討伐数が半分になった関係で狩り自体の経験値が減っていたが、経験値もGも得られるようになったのでむしろ獲得経験値は増えた。
最上位クラスの依頼は変わらないが、フォレスドンやサウルスロードといった3万クラスの他に、バングルなどの2万クラスも出やすくなった。
出やすくなった分、売り手も増えて安くなったりさほど並ばなくても買えるようになったので、並ばずに自分の依頼をやる選択肢も出てきた。
運が悪ければ1万未満しかリストに出ないのは相変わらずではあるが。

Ver.3.0前期 Edit

【達人のオーブ】導入に伴い、クリアすると経験値(特訓スタンプ)、ゴールドに加え達人経験値も貰える。
更に一部の報酬が増加。名声レベルがあれば、小国でも1万ポイントを超える依頼が比較的見られるようになった。
20~25匹の依頼も出やすくなってる模様。その影響で価値が下がった為か、討伐売りの相場も下がっている。
買い側は有難いが、売り側は根気強く売らないと実入りが少なくなった。
また、超便利ツールで済ませていたプレイヤー達も宝珠ドロップを狙って直接狩りに行く事も増えた模様。

Ver.3.0後期 Edit

討伐依頼のリストが画面中央に表示されるように変更された。
名声レベルに関係なく8件の依頼内容が表示されるように変更された。

Ver.3.1後期以降 Edit

強戦士の書における強ボスの討伐依頼が来るようになった。
1体倒すだけで済む上、フォレスドン討伐(俗に言う丼)と同等程度のポイントとなったため、倒す力量がある場合は大きな時間短縮が可能となった。加えてオーブが手に入る可能性もあり、一石二鳥である。
オーブな香水を使用すると一定時間オーブのドロップが確定するため多くのプレイヤーが使用を開始した。
結果として各種オーブが軒並み急激に値下がることとなった。
ついでに狩場への移動や索敵にドルボードを使う事もなくなる為、燃料代もうく。
 
他の依頼も同じ依頼でもプレイヤーによって幅が出るようになり、丼と同等、あるいはそれ以上の報酬になる。
更に名声レベル1でも20~25匹の依頼、1万ポイントを超える依頼が見られるようになった。
Ver.2.0から続いたフォレスドン一択時代はついに終焉を迎える事になった。
 
この修正については毎日行列に並ぶつらさと同じモンスターを狩り続けるマンネリと狩場の集中の緩和の為との事。
実際、このアップデート後は高ポイントの依頼でも団子で売られていたり、行列だったとしても人数が少なかったりといったことが多く、混雑解消の意味では大いに成功したといえる。
とはいえオーブを主として金策に励むプレイヤーにとってみれば、この各種オーブの急激な値下がりに辟易することとなった。そのため経済施策としては不満を抱えるプレイヤーもいるようである。
また、「同じモンスターを狩り続けるマンネリ」という点は効率を求める人にとっては野良モンスターから強ボスに移っただけで結局何一つ解決してはいない。
その関係で「毎日行列に並ぶつらさ」も多少少なくはなったが、アラグネやジウギス等の人気の依頼はそれなりに列をなすので、これまでよりはマシといった程度。
強ボス以外をやる人もいない事はないが、討伐売りの大多数が強ボスになっている為、結局目当ての対象が見つからずにあきらめて強ボスをやるという負のループに陥っている。
 
売り手側の観点からみると、40000ポイント台の討伐の依頼がくる確率が非常に高く設定されているのか、非常に安く売買されており、一獲千金を狙うのはもはや不可能といってもいい相場に落ち着いている。無料で配布するプレイヤーも散見され、討伐売り金策に一石を投じる変更であったのは間違いないだろう。

Ver.3.2前期 Edit

小国のポイントが増やされた。
ドラキーマやスマイルロックなどの、小国と大国の双方で討伐依頼があるモンスターを比べるとよく分かるが、小国の方がポイントの基準が高い。
これ以降は名声レベルが低くて大国で強敵が指定されない頃は、小国の方がポイントが高いことも珍しくなくなった。

Ver.3.3前期 Edit

達成時に【緑の錬金石】が1個もらえるようになった。超便利ツールで達成した場合はポストに郵送される。
代わりに20回達成ごとに配布されていたフィギュアチケットがもらえなくなった。

Ver.3.5前期 Edit

達成報酬が【黄の錬金石】1個に変更された。

Ver.3.5後期 Edit

討伐目標達成時に、ドラキーのおしらせナビで通知されるようになった。
自分が死んだまま戦闘に勝っても、討伐数がカウントされるようになった。
2017年9月6日の大型アップデートで、混乱や魅了などによるモンスターの同士討ちでも討伐数がカウントされるようになった。

Ver.4.0 Edit

達成報酬が【青の錬金石】1個に変更された。

Ver.4.2 Edit

達成報酬が【赤の錬金石】1個に変更された。

Ver.4.4 Edit

達成報酬が【紫の錬金石】1個に変更された。

Ver.4.5前期 Edit

討伐リストの表記が討伐ポイントの高い順に並ぶように変更された。

Ver.4.5後期 Edit

名声レベルが45以上の場合、強戦士の書における強ボスの討伐依頼が毎日1つは並ぶようになった。
ただし、これらの討伐ポイントは20000~28000程度とやや低めで、従来の30000~40000の強ボス討伐依頼はこれとは別枠で並ぶので、40000を貰うor買う光景はそのまま残っており、結局のところ大きくは変わっていない。
ただ、中には他の人から貰ったり買ったりするのが面倒or苦手という人もいるため、そう言った人にとってはありがたい修正となっている。
事実、この修正が行なわれて以降はオーブの流通量が増え、バザー価格は軒並み大幅な値下げ傾向になっている。

討伐コピー Edit

前述の通り、Ver.1.4以降はクエスト内容を共有できるようになったため、自分の討伐報酬が高ポイントだった者が、他プレイヤーから【とりひき】でゴールド等を受け取ることでそのプレイヤーを仲間に招待、日替わり討伐を受注させる、ということを行うようになった。
特に、サーバー1メギストリスの都の酒場/宿屋付近でコピー募集の白チャが連日休むことなく飛んでいる。
高額依頼を買う為に列を作らせる人も多く、DQ7の世界樹の雫屋を思わせる列がズラリと並んでいる光景もよく見られる。→【行列】

詳細は【討伐売り】も参考。

【ドラゴンクエストX 冒険者のおでかけ超便利ツール】 Edit

2015年3月25日以後は依頼を【モンスター牧場】の仲間モンスターに依頼できるようになった。
モンスターの強さや数は一切関係なく、例えLv1のモンスターが1匹だろうと必ず達成してきてくれる。…どうやってそんなモンスターが1匹で大国周辺のモンスターを10匹も20匹も倒してこれるのかは気にしないでおこう。
これを利用すると、討伐数は増えない(=チームクエストにも反映されない)し名声値も得られないが、報酬量に応じたジェムを消費するものの、レベルに関係なく瞬時に達成する。
ジェムの消費量は討伐ポイントの1/200(1の位以下切り捨て。ただし、ポイントが3999以下の場合は一律10で固定)
長い事プレイできない日が続く時や、依頼をこなす手間が面倒だったり、依頼を手っ取り早く達成したい場合や、週課の更新日で他にやる事の多い日曜日などには便利。
とはいえジェムの大量確保にはリアルマネーがかかるし、戦闘を省略するということは仲間モンスターに経験値が入らないということなので、頼りすぎるのも禁物。
 
以前から大国に到着していなくても大国の依頼を確認できていたが、今回から大国の依頼を達成できてしまう。
上述の通り名声レベル1からガートラント領のサウルスロードの依頼が来る可能性があるので、仲間モンスターさえいればレベルが低い序盤から大量の討伐ポイントを得られる。
その後は小国でも1万ポイントを超える依頼が来る可能性があるので、その点でのメリットは小さくなった。
達成した分の報酬は、討伐隊に報告する事で全て受け取れる。5回毎のふくびき券や錬金石は郵便ポストに送られていたが、現在は受け取る場所を指定可能。
最大500000Pまで貯めておく事も可能。これを利用するとアプデで新職やレベル上限解放に合わせて一気に10日弱分をまとめて受け取るという事も可能。全職レベル、特訓ポイント共にカンストしたならアップデートに備えてためておくのも大いに有効。ただ、日を跨ぐ場合はゲーム内で受けようとすると必ず前日分の報酬を受け取ってから次の依頼を受ける事になるので、必然的に上記の討伐コピーはできなくなる。
また、新職の場合はLv10上がる分以上の経験値は切り捨てられるのを忘れずに。やるならメタル系コイン等である程度Lvを上げてから受け取ろう
以前は一度に上がるLvに制限があったが、現在は撤廃されているのでLv1の職業でも安心して受け取れる。
この件はVer.3.3後期の2年ほど前に撤廃されていたが、告知漏れで周知されていなかった為に提案広場で回答されている。







*1 名声Lv1で2件、名声Lvが10.20.30…と10の倍数を越える度に1件ずつ増えていき、名声Lv60以上で最大の8件まで増える。