【ガネーシャエビル】

Last-modified: 2020-05-19 (火) 21:32:00

概要

本作が初登場。6本腕に多種多様な武器を持った攻撃的な見た目の【けもの系】モンスター。【ナウマンボーグ】系最上位。【魔瘴】を沢山浴びた神様がモンスターになってしまったらしい。真の【アラハギーロ地方】南部の鏡面湖に出現する。6種の武器スキルラインを極めているらしいが戦闘では使わない。パッシブは沢山取ってそうだが。
通常ドロップは【ぎんのこうせき】、レアドロップは【幻獣の皮】

ガネーシャとはインド神話の象の神様。慈悲深い善神とされているが、今回登場するのは名前に「エビル」がついているのでご本尊さまではないことがわかる。また、ドラクエⅤにも【ガネーシャ】というモンスターがいる。

【はげしく斬り裂く】【はげしいおたけび】【めいそう】を使う。通常攻撃は二回攻撃になっているほか、武器ガードされることも。
怒ると必ずはげしいおたけびを1度使う上に、最大HPの高いサポート仲間は避けようとしない場合があるため要注意。

Ver.2.1

初登場。クエスト【わかめ国王のなげき】で戦うことになる。

Ver.2.3

【転生モンスター】【キングエレファント】が追加された。

Ver.2.4

【悠久の回廊】【デスケルト】2体を従え出現。真偽セレドのボスの色違いが同時出現した形である。

Ver.3.0

超はやぶさ斬りの宝珠を落とすようになったので、片手剣使いのプレイヤーに狙われるようになり、更にキングエレファントは蒼天魔斬の極意を落とす為、オノ使い達からも標的になる。かくして真アラハギーロ南部は多くの冒険者で溢れるように。
【ダラリア砂岩遺跡】にも出現するようになったが、2匹同時出現もありえるため危険、よってアラハギーロ以外の選択肢は無いとみて良い。
ちなみに他には気まぐれな追撃とめいそうの奇跡を落とすがいずれも属性が違うため、落とした時点で判別が可能。
 
【ゴールドマンMAX】の件の際、目撃談の日誌の投稿がこいつのお供として現れると解釈され討伐祭りが発生したが、後に投稿者が「転生乱獲中に別にシンボルを見つけた」と説明を改めたため収束した。