【メラゾ熱】

Last-modified: 2020-03-11 (水) 10:31:52

概要

大昔に流行った疫病。高熱にうなされ、薬やワクチンを接種しない限り死に至る。
この病にかかった【リリオル】の為に【メラゾ熱のクスリ】を錬金術で作るのが、かつて存在していたオフラインモードにおける【主人公の兄弟姉妹】の最初の仕事になる。
オフラインモードにおいては【セルゲイナス】がこの疫病を振りまいていたという設定が存在していたが、本編であるオンラインでのセルゲイナスにはそのような設定は見られない。
 
ストーリーを開始した地点で【イッショウ】の友人フラスコの助力でレシピは判明している。レシピは【めざめの花】【レッドベリー】と思いの外単純。リリオルはクスリを飲むやあっという間に回復するので、どうやら即効薬のようだ。
その後【グランゼドーラ王国】を中心に60年前の世界で大流行したようだが、【魔導鬼ベゼブー】からの逃亡中にリリオルと主人公の兄弟姉妹がワクチンを量産し根絶された。
 
クエスト【そうびぶくろ超整理術】でも主人公がこのウィルスを浴び、発症する前にワクチンを探す為に奔走することになる。
しかし詳細は省くが、ワクチンを使うのは「身体を病気にかかった時と同じ状態にして、感染・発症した際に重症化するのを事前に防ぐ為」なので感染してから接種しても遅いのだが…まあゲームなので気にしないでおこう。
名前の由来は「【メラゾーマ】のように高い熱」だと思われる。