Top > 【グランゼドーラ王国】


【グランゼドーラ王国】

Last-modified: 2018-06-23 (土) 14:29:30

概要 Edit

【レンダーシア】の中心的な王国。
大陸北端に位置し、【港町レンドア】との定期船【グランドタイタス号】が目指す場所。
レンダーシアには【大陸間鉄道】がないため、町の門に止まっている馬車が主な移動手段となる。

建物が全体的に大きいのだが、建物内に入ると意外と部屋が狭かったりする。
特に外から見るとかなり大きな窓も建物内から見るとかなり小さく見えたり、あるはずのところになかったりすることもある。

創世記によると現存する世界最古の王国らしい。

偽りのレンダーシア Edit

王はなく代わりに「勇者姫」と呼ばれる【アンルシア姫】がこの地を治めているらしい。
勇者姫は住民からも慕われているらしく勇者姫の話題で持ち切りである。

ストーリー Edit

主人公は覚醒した勇者を訪ねてこの地にやってくることになるが、かつてアストルティア全域を照らした勇者覚醒の光のことは住民は誰も見ていないという。

主人公と何かに誘われるようにやってきた【ミシュア】は城の勇者像の前でアンルシアと出会う。しかし、その姿はなんとアンルシアとミシュアは瓜二つ、というより全く同じであった。
アンルシアは記憶をなくしたミシュアの為に城に滞在する許可を与え、記憶を取り戻すきっかけになるだろうと勇者としての公務についてくるよう指示するが・・・。
ストーリー後、住民たちが自分達が勇者姫を崇めるために作られた存在であるという事と、アンルシア姫の死を悟り活気を失っていくが、クエスト【真実に気づいた男】クリア後は活気を取り戻す。

主要人物 Edit

【アンルシア姫】
【ダイム老】
【魔道士キルギル】

真のレンダーシア Edit

【ブレイブストーン】の修理も終わり、アンルシアと共に真のレンダーシアへと帰還を果たす。
ほぼ同時期にグランドタイタス号も【魔法の羅針盤】の改修で真のレンダーシアへの航路を見つけたらしい。

大魔王軍の侵攻で破壊された町もすっかり復興が進んでいて、アンルシアの帰還もあり明るい雰囲気である。
【シュリナ】が憧れている劇場もあるが、真の世界でも当分何もやらない(=解禁予定は無い)とのこと。
 
Ver.3.4からは船舶管理局の地下にある学園直通ホームから鉄道で【アスフェルド学園】へ行けるようになった。
また、城下町と王城を結ぶ橋はかつて「グラン大橋」と呼ばれていたが、魔物の軍勢を1人で撃退した【勇者アルヴァン】の功績を称え(実際は【盟友カミル】と2人で撃退したのだが)、「勇者の橋」と呼ばれている。
Ver.4.1ではここで【魔獣ネロスゴーグ】【無限獣ネロスゴーグ】と戦うことになる。

ストーリー Edit

ブレイブストーンにより真のレンダーシアへと帰還を果たした勇者姫アンルシアと主人公。
その知らせはすぐに【アリオス王】へと伝わり、姫の帰還を祝う宴が開催された。

宴の後、偽りのレンダーシアの事を王へ報告した主人公は【賢者ルシェンダ】から【大魔王マデサゴーラ】の手を探るため
【運命の振り子】を渡され、レンダーシア各地を旅し運命のチカラを振り子に宿すよう告げられる。

主要人物 Edit

【勇者姫アンルシア】
【アリオス王】
【ユリア妃】
【賢者ルシェンダ】
【トーマ】

隣接地域 Edit

【グランゼドーラ城】
【グランゼドーラ領】