【輝晶効果】

Last-modified: 2021-03-19 (金) 13:48:42

概要

【Ver.5.1】にて実装された、武器の新たな強化要素。
【輝晶核】などの素材を集めて【輝晶術士レビィ】の元に行くと、武器に「輝晶効果」を付与することができる。
強化対象となるのは、装備可能レベル100以上、装備済みかつ錬金効果が3つ付加されている武器のみ。
 
輝晶効果はこうげき力とこうげき魔力の2つが存在し、どちらか片方を選んで付与できる。
輝晶効果を付与すると武器名の横の数字が+3から+4に変わる。
輝晶効果には輝晶レベルが設定されており、輝晶レベルが上がるにつれて効果も強化されていく。
レベル2以降は強化に失敗する可能性があり、その場合は素材が失われてしまう。
武器から輝晶核を取り出すこともできる。輝晶核を取り出すと輝晶核がいくつか戻ってくる代わりに輝晶効果が失われ、武器が+3の状態に戻る。

輝晶効果と必要素材一覧

輝晶レベル必要素材成功確率こうげき力こうげき魔力取り出せる輝晶核数
1輝晶核×3、【ときのすいしょう】×99100%+6+92
2輝晶核×4、【きんかい】×9980%+9+133
3輝晶核×5、【とこしえの虹】×9970%+12+185
4輝晶核×6、【烈風石】×9960%+16+247
5輝晶核×7、【暗夜の魔石】×9950%+20+3010

レベル5まで強化するには、輝晶核が最低でも25個、期待値通りの場合およそ40個必要となる。
レベル1は100%成功する上に攻撃力+6または攻撃魔力+9と効果が大きい。輝晶核を取り出しても失うのは輝晶核1つと【ちいさなメダル】でも交換できるときのすいしょう99個だけなのでリスクは低め。
一方、レベル2以降は輝晶核以外にも高価な素材を大量に要求される上に失敗する可能性があり、取り出せる輝晶核数も少ない。ステータスの増加は魅力的だがリスクも大きいので、レベル2以上の効果をつける武器は慎重に選びたい。【業炎の大剣】のような長期的な使用が見込めるような武器が候補となる。
Ver.5.2現在輝晶核や【魔因細胞】はコンテンツの内容もあって非常に高値なのでなおさらである。
 
なお、輝晶効果による攻撃力補正分は錬金効果などと同様に【攻撃力上昇】の効果を受けない。
また、元々の攻撃力が高い武器種(オノ両手剣など)よりも、攻撃力が低い武器種(ツメブーメランなど)の方が相対的な恩恵は大きい。
 
効果が確実に付かずギャンブル性があり、始めに必ず時の水晶を消費する、という点で前作の【錬金大成功】システムに似ている。